エルサゲート|残酷な内容と目的、その語源とは?

エルサゲート

上記のような画像(動画)を見かけた経験はあるでしょうか。
一般に「エルサゲート」と呼ばれる動画でYouTube等で複数確認することが出来、注目が集まっているようです。 ミッキーマウスやアンパンマン、アナと雪の女王のような大ヒットしたアニメーションを模したキャラクターが登場していますが、注目すべきはそこではなく、その内容や目的のようです。

エルサゲートとは?

エルサゲート 怖い

一見、子供向けの愛らしい動画のように見える「エルサゲート」。

しかし、動画を再生し眺めていると突如暴力的なシーンやグロテスクなカットのような教育上問題のある映像が流れ、こちらが大きな問題となっています。有名なキャラクター(の偽物)が登場するだけに、多くの子供達だけでなくその親御さんも関心を寄せ、動画を再生してしまいがちです。

YouTube等で軽く調べただけでも数十、数百のエルサゲート動画が確認出来、TVニュースやネットメディアで物議を醸すのも納得出来る状況だと言えるでしょう。

動画の内容とその目的とは?

内容は悪い意味で多彩となっており、上記で挙げた「暴力」「グロ」だけでなく、「汚物・排泄」や「セクシャル」なモノ、「恐怖(ホラー)」系など多岐に渡ります。そしてこれらの動画がアップロードする目的としては「YouTubeの広告収益(=再生数稼ぎ)」だと言われています。つまり、有名アニメ等の登場人物に似せたキャラクターを登場させ、原作とは大きくかけ離れた内容を展開させることで、シュールさを演出、話題を呼び多くの人に再生してもらうことでまとまった収益を狙っていると考えられます。

ちなみに、「エルサゲート」は「ElsaGate」と書き、語源はアナと雪の女王のヒロインである”Elsa”と事件等の不祥事を指す”Gate”をかけ合わせたもの(造語)になります。無理に直訳すると「エルサの不祥事」となり、そのキャラクターが本来しないであろう様子が展開されることを考えると、ネーミングは納得できる気もしますね。

子供を守るための対策法

現実問題として採られている対策としては「子供に端末を与えないこと」になります。 しかしこの時代に「端末を与えない」ことはデメリットも大き過ぎますので、フィルターや自動再生オフ機能も利用されているようです。 YouTube側も対策を行っているようですが、実際問題として多数のエルサゲート動画が閲覧可能な状態で公開され続けていることからもわかる通り、巧妙な構図をもった動画ですから、最終的には保護者自身の目で動画の是非を判断し、都度対応するしかありません。

エルサゲートに対する反応まとめ

4:
アナ雪のエルサなのか

5:
楽しそうなことしてんな

9:
なあにかえって免疫がつく

13:
最初は心臓がドキンとするけど、すぐ慣れちゃって何も感じなくなるよね

14:
ブラクラって事?

18:
ネットは危険な場所だと教えてくれるいい動画だろ
これが金とか個人情報だとか実害あるものだったら大変なことになるんだから

20:
子供にネットを使わせるのが悪い

32:
ブラクラとかびっくりフラッシュ系かな
懐かしい

58:
>>32
昔よくあったね

40:
ネットには危険がいっぱいだ
子供が知らずにボタンを押して高額請求とかいくらでもある
親が監督する以外にどうしようもない

43:
臭いものに蓋をするなよ
グロいグロいと言ってる血や内臓が自分の中にも他の人の中にも動物の中にだって詰まってるんだぞ

56:
こういうのが何が面白いのかわからない

64:
そんなの見た事無いんだけど。子供達はどんだけ危険なネットサーフィンしてんのよ

65:
そういうのを見て騙されて大人になっていくのさ

67:
例えばどんな動画なのよ見せてよ



85:
安心NETだかなんだかでプロバイダ側に規制促すからこうなる。
地下に潜るか拡大するかのどちらかになる。なんて事前に予想されてた訳で・・・



コメントする

スポンサーリンク

人気記事