【報告者が】高校生の時、突然知らない老婆に「お前のせいだ・・・」と言われナイフで追いかけられた。その理由はなんと・・・

no image
461: 2020/02/26
私にとって、最大の修羅場は99%被害者なのに、警察連行(正確には任意同行)に説教された揚げ句ビンタされたこと


これは私が高校卒業後のこと
私はその日、友人達と遊びに出歩いていた
私は4月から大学に行くため、引っ越す予定だった
成人式まで友人達と会えなくなると思い、3月いっぱいは思う存分遊ぼうと思っていた

 
友人達と別れ、その帰り道のことだ
突然目の前にナイフを持った老婆が現れた
殺気だった老婆は「お前のせいだ・・・・・ お前のせいで・・・・」と言いながら、近づいてきた

私は普段から持ち歩いていた防犯ブザーを鳴らしながら逃げるが、老婆はそれにも構わず追いかけてくる
しかもその老婆、年寄りとは思えない速さで・・・・
まるでその光景はホラー映画でヒロインが凶器を持った殺人鬼に追いかけられるシーンみたいだったよ

 
そのとき防犯ブザーを聞いて出てきた近所の家の人達がいっせいに老婆を取り押さえ、彼女は誰かが通報した警察によって御用
私も事情を聞くために警察に連行(任意同行)された

ぶっちゃけ取調室を見るのも、その事情聴取されるのも初めてだったから、不謹慎だけどちょっと興奮した
あ、カツ丼は出なかったけどね・・・・

 

463:
私が取調室で待たされてると、複数の刑事が入ってきた
そして一人の刑事、伊丹さんとしよう
伊丹さんが「この男性を知っているか?」と、一枚の写真を見せてきた

写真に写っていたのはバイト先の同僚Kさん
私が知っていると言うと、一番若い刑事(仮名.芹沢さん)が「昨日亡くなったんだよ」と言ってきた

 
それを聞いて私は驚きと同時に焦ったよ 
まさかKさんは他殺で、現場から私の私物が落ちていたとか?普段から推理ものを読むせいか、こんなこと考えてきたよ

 
それを見て一番男前の刑事(仮名.冠城さん)が「あ、心配しなくて良いよ、Kさんは自殺だったから。たぶん名探偵の孫が見ても自殺と推理するから」と安心させるように言ってきた

私がホッとしていると、年配の刑事(仮名.右京さん)が「君、バイト先でKさんにパワハラしてましたね?」と聞いてきた

 

464:
右京さんの言葉に私はビクッとしたわ
それと同時に他の刑事達も驚いてたよ

何せKさんは40過ぎのおっさんで、私は当時高校を卒業したばかりの小娘
その逆なら有り得るが、未成年の小娘が中年のおっさんをパワハラなんて、普通は信じられないからな

 
私の様子を見逃さないかのように右京さんは「君を襲ったのは、Kさんのお母さんです」と言ってきた

それで全てわかったよ
確かに私はKさんをパワハラしていた
それに耐えられなくなったKさんは自殺
彼の母親は息子の自殺の原因を作ったのは私と判断して、襲撃したってことか・・・・

当時の私も若かったからな・・・・
パワハラに耐えられないなら、私のことを上に言うなり、バイトを辞めればいいと、他人事のように言った
すると冠城さんが「未成年の女の子にパワハラされてるなんて、誰にも言えないじゃないか」と叱りつけるように言ってきた
「それにバイトを辞めたいいなんて、簡単に言うけど、辞めた後はどうするんだ?」と伊丹さんも加わってきた
私が「ハローワーク?」と言うと、「ハローワークに行ったって、簡単に仕事は見つからないんだよ」と芹沢さんまで言ってきた


ここで私は両親が迎えに来るまで刑事達にこんこんと説教されたわ
一応私は被害者だよね?

 

466:
両親が迎えに来て、私が帰ろうとしたとき、右京さんが「待ってもらえます? 君は何故Kさんにパワハラを行っていたんですか?」と訊ねてきた

そこで私は2月に起きた出来事を話した
その日は節分
コンビニやスーパーの経験がある人はわかるだろうけど、節分・土用・クリスマスになると、売り上げ貢献のため、スタッフも商品を買わなきゃいかないこと知ってるよね?
当然私のバイト先でもそう
私は節分の恵方巻を3本予約した

 

469:
その日、HRが長引き、学校を出ていったのは4時前だった
その日は5時からバイトが入っているため、私はバイト先で予約した恵方巻を買って、いったん家に帰ってからバイト先に行こうとした

ちなみに我が家とバイト先は自転車で往復30分
私が学校からバイト先に着いたのは4時半前だったので、そこで恵方巻を受け取ってから帰宅して、それからバイト先に行っても充分間に合うだろうと考えた

 
そこで同僚スタッフに控えレシートを見せ、スタッフが商品を取りに行って、レジで会計していると、一本足りない
私は3本注文したのに、2本しかない・・・・

 

470:
ちなみにイベント商品は明け方に来る
それを深夜の人が一人で全部予約した人の店売り用のに分ける
恐らくその日の深夜の人が私の分の予約を間違えたんだろう 
 
そしてその深夜担当がKさん

ちなみに店売り用は廃棄を出さないために、2、3本しか取ってないため、当然店売り用は売れてしまった

 
その時間のスタッフ達は慌てて2号店に電話して予備が余ってないか確認していた
時間がなかった私は取り合えず2本だけ買って、自転車で我が家に行き、急いでバイト先に向かった

その時はもう5時過ぎ・・・・
当然遅刻したことで私は店長に怒られた
私は「HRが長引いた」と言い、他のスタッフも「ちょっとさっきトラブルがあって・・・・」と、私を庇ってきたが、店長は「言い訳にならない!」と論破してきた


しばらくして2号店から電話があり、大量に恵方巻を買った人、Sさんとしよう
Sさんが一本譲っても良いと言ってきた
ただし、2250円で・・・・
その恵方巻、一本450円だよ?
Sさん、一本450円の恵方巻を10倍の値段で売ろうとしていけど、私はまだ高校生だったから、半額で良いと・・・・・
2250円でも高校生からすれば大金だっての!
そんな大金払ったら、私は翌日から購買でパンを買えない

するとSさんは「それじゃあ来年まで我慢することね、恨むならKさんを恨みなさい」と、意地悪そうに言って、電話を切った

 

471:
ちなみにバイトから帰ったら、恵方巻は2本とも食われていた
バイトで遅刻したことで店長に怒られた上に、恵方巻を食えなかったことで、私の怒りの矛先はKさんに向いたよ


これがパワハラの原因と話した直後、いきなり右京さんが私の前に立って、ビンタしてきたよ
うちの両親が右京さんに抗議すると、右京さんは「失礼、これは誰かがお嬢さんにしなければいけないことです」と、謝りながら言ってきた
まあ、確かに本来ならうちの両親がやらなきゃいけないことだけど、私は18歳まで親にも教師にもひっぱたかれたことなかったからね


その後私は右京さんからプルプル説教されたよ
両親は他の刑事達に「見ました? この刑事さん、うちの娘をぶちましたよ?」と、訴えるが
伊丹さん「何も見てませんね」
冠城さん「右京さんのこととやかく言う前に娘さんを叱るべきじゃないんですか?」
芹沢さん「(私に向かって)君、このままだといつか本当に刺されるよ?」


最後に右京さんは「君はこれからKさんのご遺族に恨まれる覚悟をしてくださいね」と、言ってきた


この頃数日後、私は逃げるように地元を離れ、引っ越し先に向かった
そして、ほとぼりが覚めるまで成人式以外は地元に帰れなかった
これが私にとって最大の修羅場だ

長くなってすみません
これで私の話を終わります

 

472:
>>471
お前は市んでいい

 

473:
>>472
じゃあ、元バイト先の店長と当時高校生の私から大金取ろうとしたSさんは?
店長はHRが長引いたことと、バイト先のトラブルが遅刻の言い訳にならないと言ってるけど、当時の私は高校生
高校生は学業優先は当たり前だから、HRも一応授業の一貫ということで、遅刻の言い訳になるよね?
それにたった、450円の恵方巻を10倍の値段で売ろうと件も問題でしょう
仮に少し高めの値段で売るにしても、500円くらいで充分元取れるはずだし
悪いのは私だけじゃない、元バイト先の店長とSさんも同罪だよ

 

497:
>>473
一億歩譲って同罪だとしても、お前の罪が軽くなるわけじゃないわな

 

500:
>>497
罪って、逮捕されなかったんだけど・・・・

 

474:
なんでそこまで必死に恵方巻き欲しかったのかわからん
足りないなら2本で大丈夫ですって普通なると思うけどなあ

 

475:
>>474
我が家は三人家族
それなら3本は必要だと思うけどね
それにその年食べられなかったら、翌年の節分まで食べられないでしょう(涙)

 

536:
>>475
あんな、あとからコンビニかどっかで作られた迷信を信じてるの?
その方が驚くわ。そもそも関西でもそんな習慣はないわ。

 

476:
恵方巻きの慣習のない地域の人には理解し難いかな

 

477:
>>476
食べ物の恨みは恐ろしいのよ

 

478:
時間やばかったなら家に帰らずそのままバイト入れや

 

479:
>>478
それだと私が帰るまで両親の夕食がないことになるので・・・・・

 

480:
勤務先の遅刻は皆に迷惑がかかるのにクズやろ

 

481:
>>480
じゃあ、両親が私が帰るまで夕食なしでも良かったわけですか?

 

482:
当たり前、家族に店まで取りにこさせれば良かっただけのクズバイト

 

483:
>>482
それは考えなかった
そういえばその日、母はたまたまパート休みだったんだから、母に連絡して取りに来させれば良かった・・・・・

 

485:
そんな簡単なことも思いつかず人を自殺に追い込んでるのに私悪くないでしょ?ってヤバい

 

510:
万が一の保険として書かなかったけど、私は節分後、Kさんと入ったとき、そのことを抗議したよ
そしたらKさん、悪びれもせずに「ごめんごめん」と、笑いながら謝ってきたよ
こっちは恵方巻食べられなかったのに・・・・

あの日バイトから帰ってきたら、恵方巻はすでに両親の腹の中
しかも最悪なことに夕食全く用意されず、私はその日、節分用の豆を歳の数だけ食べて、後は水で腹を満たすハメになったのよ
豆と水だけで一晩過ごすなんて、普通は耐えられないでしょう


それ以降、私は恵方巻のことでネチネチとKさんを責めてたのよ
でもKさん、「わざとやったわけじゃないんだから、許してよ」「そんなに食べたかったら、Sさんから譲ってもらえば良かったのに」と、開き直ってきた


私は相手が過失であろうが、故意であろうが徹底的に相手を責める性格なのよ
それに、翌日以降、購買のパンを買えなくなっても譲ってもらうべきだったとでも言うかのような台詞には私もカチンときたからね

 

492:
親子揃ってクズなんやで
 

 

引用元::http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/live/1552184070/



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    当時の視点になったりあの頃は若かったり立ち位置がころころ変わりすぎ

  2. 2
    名無しのオカルター:

    10倍じゃなく5倍だからな。

    • 2.1
      名無しのオカルター:

      登場している刑事が相のキャラだから、報告者は刑事ドラマを見ている
      ということは、取調室でカツ丼が出てくるシーンとか見てると思うし、若い人でも知ってることじゃない

  3. 3
    名無しのオカルター:

    この物語はフィクションです。
    ポイントは2つ。
    「取調室&カツ丼」という発想。
    「食べ物の恨みは恐ろしいのよ」という表現。50代以上の人でなければ使いません。

  4. 4
    名無しのオカルター:

    語り口が未成年の女子じゃねえwww

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事