【神奈川】「この女、生身じゃない」城ヶ島で夜釣り中の恐怖体験

恐怖 0件
no image

城ヶ島の怖い話なら一つ。



私が以前付き合っていた彼氏が体験したことなんだけど、彼は夜釣りが好きでよく出かけていたんですよ。
その晩は友達と二人で釣りにでた。

城ヶ島公園の方にいったん上がり、途中から横にそれると抜け道になっていて、階段があり岩場に降りられるそうなんです。
その晩は全くと言っていい程の無風に近かったらしく、何とも生臭い潮の香りがしていたそうです。


適当な場所をライトで照らして見つけ、二人で腰をおろし釣りに興じていたら、右側の方から女が歩いてきた。はじめは、ああこんな所でデートかいなーと無関心だったけれど、だんだん近付いてくるほどに普通じゃないことに気が付いた。


まずおかしかったのは、

岩場を歩いているのにフラフラガクガク身体が揺れない
月明かりなのにはっきり姿が見える
真っ暗な岩場なのに懐中電灯一つ持ってない
それに無風に近かったのに、長い髪の毛とスカートが、下から風が舞い上がるようにぶゎぁーーーっと上に膨れるようになびいていた。

その姿を見て二人ともこれは生身じゃないとわかったそうです。後は釣り竿も放り投げて這いずる様に逃げた。



その女性は、昔の人気モデルの小林アサミ似の美人だったそうです。
城ヶ島って潮の流れの加減で岩場の一角に死体が流れ着くんですよ。
小林アサミ似の女性の幽霊も、岩場から這い上がり帰えりたかったのかもしれないですね。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事