【心霊いい話】「みんなで卒業しようね」入院中のNちゃんに手紙を贈った後、不思議な事が起こった

2002/06/30
私が小学生の時の同級生にNちゃんという、体が弱くていつも入退院を繰り返している女の子がいました。
病名は先生も特にみんなに伝えなかったので知りませんでした。

6年生の3学期、入院中のNちゃんに「みんなで卒業しようね」とクラスのみんなで手紙を書きました。


卒業式の日を間近にしたあるひの3時間目のこと、私は窓際の席だったのですが、急に光が刺してきてまぶしくなってカーテンを閉めようとしたらその光が空に向かって伸びて行きました。
友達も目撃していて、「今の見た?変じゃない?」と話していました。


すると校内放送で先生が呼ばれて先生が職員室に行くと、泣きながら教室に戻ってきて、それにおどろいた男子が「先生、どうしたの?」と聞くと

「たった今Nちゃんのお母様から電話で、さっきNちゃんが亡くなったそうです」

みんな呆然としていて、中には泣き出す子もいました。


私と友達は、さっきのあの不思議な光はきっとNちゃんで、みんなに別れを言いにきたのかなぁと思いました。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事