【背筋が凍る事実】畑と自宅の間の道路を横断するお婆さん。しかし誰も「畑作業中の姿」を見たことがない。1ヶ月半後・・・→

恐怖 0件
no image
2018/08/27
3年くらい前の体験なんだけど、山奥のゴミ処理施設でバイトしていた時に、自分も含めて施設内で働くほとんどの人が目撃した奇妙な出来事。


その施設は人里離れた山奥にあるんだけど、施設から近くの町まで5km少しあって、家や店は勿論街灯すらあまり無い場所。
ただ、施設から100mくらい離れた所に平屋が一軒だけあって、そこに80歳台?くらいのおばあさんが 住んでいて、一人暮らしをしていたらしい。

そこは施設に行くために必ず通る道だったから、施設内で働く人なら一度はおばあさんを見たことがある。おばあさんの家の前には道路を挟んで畑があったので度々作業をしている姿を俺も含め目撃している。

腰が曲がっていて歩くのが遅いので、道路をゆっくり横断して家と畑を行き来している事があり、施設から車の運転は注意するようにとも言われていた。



ある日を境におばあさんを頻繁に目撃するようになったんだけど、なぜか俺が遭遇するときは道路をゆっくりと歩き畑から家に向かう姿ばかりだった。
勿論危ないので徐行したり一時停止をして見守っていた。

毎日ではないけど、頻繁に渡っている最中のおばあさんを見るようになって、同僚や施設内で危ないと話していると、なぜか皆同じような状況でおばあさんを見ていて畑で作業する様子は誰も見ていなかった。
なかには全くおばあさんをみなくなったと言う人も何人かいたので、まあたまたまだろうとその時は思っていた。


そんな感じで1ヶ月くらいたったんだけど、相変わらず渡る姿が度々目撃されていた。畑が道路を挟んであったので、横断するしかないから誰も注意する事もできず、話した人は当然いなかった。



道路を渡る姿を頻繁に見るようになって1ヶ月半くらいたった頃だったかな?出勤する時におばあさんの家の前を通ったらパトカーや救急車が数台止まっていて驚いた。
うちの職場の人が跳ねたんじゃないかと不安になりながら施設に行った。

施設内がザワザワしていたけど誰も詳しいことは知らなかった。警察も施設には来る事がなく情報がないままま数日が過ぎて、おばあさんをあの日から見た人は居なかった。


しかし、突然職場が凍りつく情報が麓の町から通うパートのおばさんから入った。
あの家から白骨化したおばあさんの遺体が発見されて、死後2ヶ月近かったと言う衝撃の事実。
俺も含めて施設内の多数の人が見かけた道路を横断していたばあさんはもう既に、、、、、、、、、


よく死者が何か伝えたくて出て来るとか聞くけど、幽霊もそう言った類も一切信じていなかった俺も流石にあれはビビった。
今でも思い出すと怖いけど、孤独死だったらしいからなんか複雑。




コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事

最新記事