【恐怖体験】東京の怪談本に「仙台坂」の項目。あの夜の情景が、一気に甦った

恐怖 0件
no image
終電で仙台坂のアパートに帰宅するも、部屋の鍵を忘れてしまった投稿者。仕方なく、部屋の前に駐車してあるバイクのカバーの中へと潜り込み、眠りについた。
しかし途中、彼は目覚める。奇妙な訪問者の気配を感じたからだ───



2009/09/07
昔、麻布の仙台坂というところに住んでいたことがある。大使館や寺があちこちにある、静かな町だ。
俺が住んでいたのは、麻布の谷間に沈むようにある墓場のそばの、じめじめした小さなアパートだった。


ある日、会社に何日か泊まり込んで仕事をしていた俺は、久しぶりに終電でアパートに帰った。
家に入ろうとして、アパートの鍵を会社に忘れたことに気がついた。今から友人のところに行くのも迷惑だし、ホテルに泊まるほどの持ち合わせもない。
なにより俺は疲れていた。


部屋の前に駐めてあるバイクのカバーをはがすと、俺はその中にもぐり込んだ。キャンプ好きな俺は、野宿には慣れていた。
コンクリートは野山の土に比べれば堅かったが、とりあえず体を伸ばすだけのスペースはあった。隣の住人が見たら仰天するかもしれないが、その時はその時だ。



どれだけ眠ったのか。
俺は、人の気配で目が覚めた。

誰かが近くにいて、こちらを伺っている。バイクのカバー越しだが、誰かの存在が感じられた。
警察や近所の住民だったら面倒だ。説明くらいしなければなるまい。
俺は、バイクのカバーから顔を出した。


女がいた。
俺の頭のすぐ上に立ち、体を少し降り曲げて、無表情にこちらを見つめていた。長い髪が、服や顔にからみつくように乱れていた。

血まみれだった。

血で濡れた顔の中に大きく開いた目が光っていた。
白い服が、血や泥で汚れていた。
それ以上、見ている余裕はなかった。


俺はバイクのカバーにもぐり込んだ。
全身が総毛立っていた。ものすごい勢いで心臓が脈打っている。目が一気に醒めていくのがわかる。

気のせいだ。気のせいだよな。疲れてるんだよ。

俺はそう思った。
でも、カバーを再び開けて、外を見る気にはなれなかった。カバーの外には、あいかわらず何かの存在が感じられた。
今、外に出たらあれがいる。

そのまま、まんじりともせずに過ごした。



どれくらい経ったのか。いつしか、鳥の声が聞こえてきた。
それでも俺は、隙間から夜明けの光が射し込んでくくるまで、カバーの中から動けなかった。


しばらくして、俺はそのアパートを引き払った。その夜のことは、疲れて幻を見たんだろう、と思っていた。



数年後。
俺は東京の怪談を扱った本を立ち読みしていた。ふと気が向いて索引を見ると、仙台坂の項目があった。
俺がページを繰ると、

「交通事故に逢った、母子の幽霊が出る」

と、ごく簡略に書かれていた。


俺の体から、冷や汗が吹き出した。
あの夜の情景が、一気に甦った。

そうだった。
あの女の胸元には、体を埋めるように抱かれた、小さな女の子がいた。

…あれは、幻ではなかったのか。




コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事