【不思議体験】人ではないモノの「祭り」を見てしまった・・・のか?

不思議 0件
no image

84 :2005/09/25
小3か小4の頃だったと思うのだが

その頃住んでた地域のお祭りは、六月第一の土日にやっている(今もそう)
で、たしか秋頃の日曜日の午前中、国道をはさんでお祭りがやっているのが見えた

この時期に変だなと思ったけど、一緒に遊んでいた友達と「昼飯食ったら行こう」と言って、一旦飯喰いに戻って、再び外に出たら、お祭りはもう終わっていた
終わっていたと言うより、お祭りをやっていたって痕跡が全く無かった



87 :
>>84
それに近い思い出がある。

小学生のとき、夕方に犬の散歩で神社まえを通ると太鼓や笛やがやがや人の話し声が聞こえてきた。
祭りだと思い、家にもどってねいちゃんといってみた。

神社は真っ暗闇でひとっこひとりいなかった。



88 :
>>84
>>87
似たような経験を1つ。

子供の頃じゃないが、以前、大きな川の近くに住んでいた。
そこには大きな橋が掛かっていて、その橋のこっち側と向こう側は、それなりに街の灯があるようなところ。
だけど、広大な河川敷だけは真っ暗で、ある意味、幻想的な風景を作っている場所だった。


ある12月の真冬の夜更け、チャリで橋を渡っていたら、眼下の河川敷の中に光が見えた。
チャリをこいで行くと、それははっきりと見えてきた。
盆踊りの舞台のような四角い櫓舞台だった。8畳ぐらいのスペースだったかな。
その周りには提灯が沢山ぶら下がっていて、灯りが灯ってた。
近付くにつれて、もっとはっきりと見えてきた。今にもその舞台の上で人が踊りだしそうな雰囲気だった。
提灯は風に揺らいでいた。

でも人影は全く無かった。


何かのロケ?盆踊りの練習?でも何故こんな季節に?何故こんな夜更けに?

しかも芝生などで整備されている土手の近くならまだ分かるが、広大な河川敷の真中あたり、川の流れている横の砂利の上で。
電源は何処から引いてきたんだろ?

真っ暗な河川敷の中で、そこだけぽっかりと明るい舞台が浮いているようだった。

提灯の灯りで下の砂利も照らされていた。


とりあえず用事の帰りにもう一度確認してやろう、と考えつつ橋を渡りきったが、
どうしても気になったので、また橋に戻ったのだが、もう舞台は無くて真っ暗な河川敷が広がっているだけだった。
最後に確認してから5分も経っていなかった。
もし撤収作業をしているのだったら、懐中電灯の明かりの1つでも見えて良さそうだが、人の気配は全く無かった。
あれはなんだったんだろう?

 

引用元: https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1127206258/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事