深夜2時にカン、カンと外階段を上がる音。「誰?」と思うと同時に金縛り、香水の匂いもしてきた。次の瞬間→

恐怖 0件
no image

夜書くとこえーから今書く。
10年以上前の話だが未だに忘れられん。


学生で金の無かった俺は居酒屋の2階を格安で借りて住んでいた。ほぼ新築に近い感じで当時流行りのロフトもついてて結構気に入っていたんだが…


11月半ば深夜2時頃、ロフトで布団に寝っころがって漫画読んでたら、外の鉄の階段でカン…カン…って誰かがゆっくり上がってくる音がする。
もちろん2階には俺一人。下の居酒屋は23時には閉まってるし、そんな時間に来るような友人もいない。


誰だ?っと思った瞬間金縛り。
寝てもいないのに金縛りにあったのはこれが最初で最後だったな。しかも目開いてる。


ロフトの電気は点いてるし、そういうのは結構慣れてるから、来るなら来いやー!ぐれーに思ってたら、なんか急に香水の甘ったるい匂いがしてきた。

んでいつの間にか俺の頭の右横にスリムジーンズに赤い七分丈のニット着た女が正座してる…. なぜか顔だけがぼやけていて見えない。
髪は肩ぐらいで真っ黒だったな。


さすがにヤベーと思い必死で体動かして金縛り解こうとしたら、なんとパフ?(女の子が化粧に使うあのスポンジみてーの)で俺の顔とか首とか
すげー勢いで撫で始めたんだよ…

もう怖くて絶叫したら金縛り解けて女も消えた。
冬なのに汗ぐっしょり。


ロフトから降りたら部屋全体が香水臭くてマジに背筋が凍った。速攻アパート出てその日はファミレスで一晩過ごしました。
結局あの女は何をしたかったのか未だ分からん。
スゲー長文 スマソ。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事