【脳怖い】ストレスを溜めすぎた人間の末路

恐怖 1件
no image

何年も前の話。

バイト先で灰皿を拭いていて机にちょっと手がすべり大きな音をたてて置いてしまった。その瞬間、店長に「お前、本当にいい加減にしろ!こっちにこい!!!」と怒鳴られた。
そんなに怒るだなんて、機嫌が悪いのかなと思いながら席に着いた。
「お前は何がしたいんだ!もう無理だ!!」とよく理解できない言葉。


結論からいくと、自分自身の3ヶ月位の記憶が全て飛んでいることが判明した。
いわく、普段と全く異なりかなり人格が激情型になっており、酷くまわりにきつくあたり、物も壊しまくり、お客様、同僚、先輩、連れて行ってもらった店等、相当な迷惑をかけていたようだ。
店長はフォローにまわり、大分我慢していたらしいが、とうとう我慢の緒が切れたとの事。


自分はポカーン。
はじめは信用されなかったし、とりあえず、謝罪をしまわったが・・・
何をしたのかどうしても知りたくて尋ねたが、知らないほうがいい事もあると誰も細かいことを教えてくれなかった・。


ストレスがたまっていた記憶はうっすらとあるのだが、次のシーンは冒頭の灰皿のシーン。
空白の期間を、カウンセリングで思い出してみようかなと考えたが、医師に思い出さなくていいこともある、といわれてしまった。
脳みそ怖い。



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    そこまで極端じゃないがストレスが溜まりすぎるとその期間の記憶なくなるよね
    まぁ忘れた方がいいから記憶もどっかいくんだよ

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事