20代の時、父に無理やり離婚させられた。私はいつか元旦那が迎えに来ると思って待っていた・・・

no image
344: 19/08/15
20代のとき、父親に無理やり離婚させられました


旦那とは高校の頃に知り合って、私が短大を旦那が専門学校を卒業したときに結婚しました
旦那の家は自営業で、私の父親は公務員だから結婚を少し心配されました
でも、旦那はそこそこの会社に就職したサラリーマンだから、父親は渋々だけど認めてくれました


結婚して数年は幸せに暮らしていたけんだけど、旦那の実家で問題が起きました
ある日突然、義父が体調を崩して入院して、自営を廃業してしまいました
入院費や生活費は保険金がでるから心配ないと言われたんで、私は大丈夫だと思っていました


でも、義父は義父親から相続した土地に賃貸マンションを建てて副業にしようとしてました
それがまだ建設途中だったから、私の親がものすごく心配してました
それで、私の父親が旦那を呼んだんだけど、「話にならない」って旦那を無理やり帰しました

私は旦那ともっと相談したかったけど、父親が絶対に会わせてくれませんでした
携帯を取り上げられて、家電にも出させてくれず、最後には会社も辞めさせられました
 

それから数か月後に父親から「旦那から離婚届が届いた」と教えられました
「(旦那)君は借金の保証人になっているから、目途がつくまで他人のほうが良い」とも言われました
私はいつか旦那が迎えに来ると思って、泣く泣く離婚届にサインしました


これが最初にあった私の修羅場です

 

345:
それからの生活は、実家の近くでパートをしながら母の家事を手伝う毎日でした
結婚式に来てくれた友人や会社の同僚には合わせる顔が無いので、それまでの付き合いは一切なくなりました

 
離婚して2年後には父親が連れてきた相手とお見合いさせられて、私の意思とは関係なく再婚させられました
再婚相手は父親の部下で、私より10歳以上も歳上のバツイチ子持ちでした

社会経験の少ない私はパートを辞めて専業主婦になりましたが、実際は再婚相手の家政婦と連れ子の世話係みたいな役割でした
連れ子が数年前に就職して独立した後は、会話の無い同居人との退屈な生活が嫌になり離婚を切り出しました


去年、なんとなく最初に結婚した時の旦那を思い出したので、その時に建設中だったマンションを見に行きました
1階の集合ポストを見てみると、元旦那の名前が書いてあり、その下には妻と子供と思える名前も書いてありました。
その隣のポストには、元義父と元義母の名前もありました

他のポストは名字だけが書いてあるのが多数で、無記名が2件ほどありました
たぶん、マンション経営は何の問題も無かったんだと思います


ここまで書いてて思いましたが、私の修羅場というよりは、私は父親の一方的な思い込みで、自分の人生を棒に振ったんだと思います

 

346:
>>344-345
気の毒だけど、いい年して父親のいいなりになりすぎじゃない?
なんでそんなに父親にされるがままなのか、って思う
事情とか分かんないけどさ

 

347:
>>346
レスありがとうございます
父親の知り合いが借金の保証人になって失敗したので、「借金」という言葉に過敏すぎたのかと
あと、父親が公務員だったので、もしも元旦那が自己破産になったら都合が悪かったのかと思います

私は両親に言われるがまま何不自由なく育ったので、親の言うことに逆らう選択肢はありませんでした


でも、おっしゃる通り「いい年」になった今となっては後悔ばかりです
なぜ元旦那と力を合わせて生きる道を選ばなかったのか、自分の意見を通さなかったのか

元旦那はいつも私のために頑張ってくれたので、いつか迎えに来るものと思ってました
もう今更遅いですけどね

 

349:
>>347
うん、まあ…毒親にそういう風に育てられたらそうなっちゃうこともあるんだろうね
今も父親の影響下かどうか分からんけども、
父親以外の人に迷惑かけない範囲で好きなことやってみたらいいんじゃないかな
なんもこっから先も全部棒に振ることもないよ

 

351:
>>349
これはたぶん叩かれると思いますが、元旦那に連絡を取ったことがあります
再婚相手に離婚を切り出した後、何の返事も無かったので自暴自棄になって

でも、元旦那には相手にもされませんでした
「今さら何の用だ?」と言われました
心のどこかで元旦那が待ってくれていると勝手に思ってましたが、私の一方的な思い込みでした

これも修羅場と思ってましたが、ただの自業自得です

 

358:
>>351
なんか、どっかで聞いた話だなあ

 

引用元::http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1553414878/



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    可哀相だとも同情もしないね
    結局旦那から逃げることを決断したのは自分なんだから

  2. 2
    名無しのオカルター:

    >心のどこかで元旦那が待ってくれていると勝手に思ってましたが、私の一方的な思い込みでした

    ^^;上手いギャグですね

  3. 3
    名無しのオカルター:

    親父を刺せ

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事