有名な怖い話「ヤマニシさん」

no image
Wデートを楽しんでいた男女4人。夜も遅くなってきたとき、1人の女の子Yの要望を聞くかたちで「ヤマニシさん」を見に行くことに。
しかし、ヤマニシさんがいると言われる場所に着いてからYの様子がおかしくなり───



4年前? 先輩と彼女と、彼女の知り合いの男女と4人でデートすることがあった。
で、帰りにメシ食ってたら、知り合いの女の子が「ヤマニシさん見に行きたい」って言い出したんだって。

あ、先輩と、その男女ってのは面識なくて、その日が初対面だった。先輩の彼女が、男女の男の方と同じ中学だったとかの仲で、男の方は大人しい感じだったらしい。


もう夜も遅いし先輩も彼女もヘロヘロだったから帰りたかったし、その女の子が勘違い爆発な奴で、途中から先輩もキレ気味だったんだけど、その女の子がけっこう可愛くて、もう一人の男のほうがヘラヘラ機嫌取ってるような感じだったんで、こいつらつきあってるわけじゃねーのかよ、なんだかなー思ったんだけど、まこの場はこいつの顔立ててやっとこか、みたいなノリで、行くことにしたんだって。


そのゴキゲンくんと勘違い女って(気の毒なのでX男とY子にしとく)、今珍しくないけど、ネットの掲示板か何かで知り合ったらしかったのね。
まぁようするに、ちょっとインドアーな感じのカップルだった、ってことです。



そのころ地元でちょっと有名になった話で、ラブホ山の裏の廃屋に「ヤマニシさん」がいて、こちらから「ヤマニシさんヤマニシさん」て呼ぶと
「もーすもーす」とか何かいう声で応えるらしい。
Y子はその話をどっかから聞いてきたらしくって、車あるんならいきましょーよー、って言ってたそうな。


町中から車でちょっと行ったところに、ラブホがバンバン立ってる山があって、その裏の方にお屋敷通りがあるんだけど、そこは、基本的に表から車でぐるっと上って、降りていかないとそっちに行けないようなふうになってるから、確かに車じゃないと、裏から歩いて上るしかない。
まぁ車があればこれ幸い、というのはわかるんだけど、なんかとことんまで図々しい奴だなぁ、と先輩も思ったらしい



でなんだかんだで行くことにした。
まぁ帰りに適当なこと言ってホテル行くか? とは先輩思ってたんだろうけど。(笑)先輩の彼女は、相当嫌がってたんだけど、なんとか言い含めた。

Y子はそうとうはしゃいでいたらしい。だーれもオマエの話なんて聞きたくないっちゅうのに、自分の知ってる怪談話をペラペラしゃべりだしたりして、まぁ後になって考えるとおかしい状態に入ってたのかもしれんとは、先輩言っていた。



結局夜中だし、車で乗り付けるわけにもいかないので、山頂から少し下った駐車場に車を止めて、Y子が教わったっていう廃屋の場所まで歩いて行った。

その廃屋っていうのが、元華族の家だったのをバブルの時に全部つぶして2件並びに家を建てたんだけど、持ち主が借金か何かでいなくなったんで放置されてる家らしい。1件は貸家にするつもりだったらしいけど、それもそのまま。
屠殺場とか、精肉工場とか、外から見えないようにやたら高い生け垣になってるでしょ。あれに近いような感じの屋敷が、ちゃんと2件並んで建っている。


Y子は誰に聞いてたのか、どんどん歩いていって、一方の屋敷に入っていく。先輩と彼女もだんだん、まずかったかな、という気になってきて、一応年上だし(先輩は高校浪人かつ大学も浪人)止めとこうかな、と思ったんだけど、Y子がどんどん歩いていくので、仕方なかったらしい。
Y子やたら髪が長かったんだけど、もうそれが肩に付かないくらいの早足だったそうです。


表は草ぼうぼうなんだけど、屋敷そのものは案外きれいで、建物は暗かったけど、街灯はけっこう明るかったらしい。
なんだか思ったほど凶悪な雰囲気でもなかったし、門扉も開いていたので、そのまま中に入っていった。

後ろからX男が黙って歩いてきているので、先輩が「君大丈夫?」って聞くと、

「すいません、僕がこの話教えたんですよ…」

って、ものすごくすまなそうにしてる。

「ああ、別に暇だし、気にせんでね。ヤマニシさんの話ならけっこう知ってるし」

って先輩が言うと、X男がブルブル震えだして

「すいません、すいません、すいません」

なんでかやたら謝るんですよ。


で、そっからよくわからないんですけど、
(肝心なところなのにスマンけど先輩はその場面をよく見てなかった。ここは先輩の彼女の記憶)
玄関先にいたY子が、いきなり庭の方にダーって走って回りこんで行って、縁側のサッシを開けると、そっから顔だけ差し入れて

「おおねたたまつり、もーすもーす」(?)

ってでかい声でわめきはじめたらしいんです。


声が聞こえたんで先輩が血相変えて走って行って、Y子に追いついた時、Y子は縁側から靴脱いで上がろうとしてたらしい。
こう、足を4の字にして右足のスニーカーを左手で脱がすためにつかんで、もう上がる寸前だったんです。スニーカーの裏が妙に白かったんで覚えているらしい
(我ながらヘタな表現、どーゆー体勢だったか伝わるかな?)


これはヤバイ、って思って、慌ててX男と二人がかりで引き留めて押さえたんですけど、けっこう強い力だったみたいです(憑き物だったかどうかは不明)。
放っておくと何回も「もーすもーす」って言うので、彼女にハンカチ借りて、自分のとあわせて、Y子の口の中に押し込んで、両脇から抱えて連れて帰ったったらしいです。


その後は、特に事件も起きずに、なんとか車のところまでたどりつけたそうです。Y子はばたばたしっぱなしでしたが、車に入ると落ち着きました。
反対側で抱えてるX男も、ぼろぼろ泣きながら「もうす…」って言ってたのが、なんか気味悪かったそうです。


それからすぐ、散会するのは気味が悪いので、4人で同じラブホに入ったそうですが、もちろんなんにもできなかったそうです(笑)。X男とY子は、朝が来ても放心状態のままだったそうです。



その後、X男とY子は別れたということでした(元からつきあってなかったという話もある)。

やっぱりY子はちょっとおかしくなったみたいで、半年大学を休学したらしい。けっこう地元では通りのいい大学の、理系の学部に入ってたんだけど、そのまま退学して、芸術系の専門学校に入り直したそうな。
先輩の彼女が会ったときには、髪はぐりぐりに短くしてたらしいです。ちょっとお茶飲んだらしいのですが、やたら後ろ髪を気にして、しゃべりながら自分の手で引っ張ってたのが怖かったとか。

その会ったっていうのも、これ見に行った翌年だったらしいから、それからどうなったのかは先輩も知らないそうです。
X男とは全然会ってないそうです。



この話聞いたのは、先輩が部活の合宿に差入れに来た時で、3こ上で直接面識もなかったし、うさんくーさい人だったし、この人担いでるんやろと思ってたけど、免許取った後実際友達と行ったら、それっぽい家はあった。
(「ヤマギシ」っていう表札じゃないからね、念のため。廃墟つっても普通の家だしこの書き込みで荒れるのイヤだから地元の人は行かないように)

確かに気味悪かったですが、友達が馬鹿だから、ダーって走って入って、玄関のベル押して戻ってきた。
俺はビビリなんで入ってないけど。


あ、先輩と彼女の人(もう付き合ってない)はピンピンしてます。
ピンポンダッシュしてきた友達はこの間バイクで事故起こしたけど、とくに怪我はなし。
ま、影響されにくい人とそうじゃない人がいるってことです。
まぁ怪談というか先輩の実体験に近い話なので…



書き忘れてたけど、現地から山の方角には神社が建ってるんですよ。車でくぐれるような石の大きな鳥居があって、夜とかあんまり見たくないんだけど…
Y子落ち着いたって云ってたけど、駐車場が神社の傍にあるので、それでなのかもしれない。


でもなんか、その神社もかなり不気味なんですよ。
(とってつけた説明でスマンけど解釈の足しにしてクレ)
裏から(つまり例の屋敷のある方向から)入っていくと、巫女さん宮司さんとかがいる控えの建物?の傍に、周囲を縄で囲んだような木製の小さい建物があるんですよ。


いっぺん、彼女と別の機会にその神社行ったときに気づいたんですけど、その縄だけ、おみくじが全然結んでないんですよね。
周囲の笹とかにはけっこういっぱいついてるし、その縄も縄っていうか紐みたいな太さで、いかにも「ここに結んで」と言わんばかりなんですけど、ひとつもないんですよ。


周りをうろうろしてると、年寄りの宮司さんが、控えの建物?の窓の向こうからじーっとこっち見てて。思い出したらあっちの方が怖かったです。

先輩がその神社の中を通って車ん所行ったかどうかは聞いてないですけど、道的には中を通るか脇をぐるっと回るかしかないんですよね。



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    文章がめちゃくちゃでさっぱり怖さが伝わってこない

  2. 2
    名無しのオカルター:

    話の組み立てが下手すぎる

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事

最新記事