【ヒエッ】近所に、不自然な人身事故が多発する踏切があった

不気味 1件
no image
この踏切から強いサツ意を感じるのは管理人だけではないはず。



不思議なのか微妙だけど、自分的には不思議なので。
自分は小学校卒業まで、都内のある住宅街に住んでいた。近所に線路があり、最寄駅から下り方面に2つ目の踏切がそこにはあった。


その踏切が人身事故が多い。開かずの踏み切りとかじゃないのに。物心がついてから、何人がそこで亡くなったかってくらい。
ある時は近所の特に何不自由もないような、そこそこ裕福なおばあさんが、線路に入って行って線路上で正座をしそのまま。
ある時はよく見ていたコジキのおっさん、ある時は若いにいちゃん。


そしてある日、同級生のお兄さんが、中学2年という若さでそこで亡くなった。
一緒にいたお兄さんの友人は、普通にお喋りをしていたら、急にフラフラっと線路に入って行き、呆気に取られてしまってる間に…とのことで、他にも目撃者もいて、特に事件性もないとのことで、自サツということになった。

あまりのことで、同級生は特に仲の良かった、家族ぐるみ付き合いをしていた子以外は葬儀に参列出来なかった。(クラスの保護者達が話し合って決めたみたい)


その後友人家族…と言っても、お父さんが早くに亡くなっていたので、お母さんと同級生の2人は同じ区内だけど、区の真反対に越していった。


それから数ヶ月。自分が自転車でその踏切に通り掛かると、急に自転車が動かなくなった。漕ごうとしてもロックされてる感じで、無理矢理押そうとしたら、今度は線路の隙間にタイヤがピッタリはまってしまったようで、なかなか抜けない。
そうこうしているうちに踏切が鳴り出し、やばい!死んじゃうのかな!!て思ったんだけど、体も全く動かない。動かなきゃ!て思ってるのに。

すると通りすがりの大学生くらいの男の人が、自転車担いでくれて、腕を引っ張りいいから走れ!!と助けてくれた。
その人がいなかったら自分も…だったんだろうなぁ。


それから暫くして自分も引っ越してしまい、その後人身事故が多発してるのかは分からないけど、あそこの踏切だけはまだあるので少し気になる。



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    そのとき助けてくれたお兄さんが今の旦那です

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事

最新記事