【山形県】田舎での不気味体験「木こり」「四つん這いの人影」

不気味 0件
no image

391 :木こり:2016/04/21
半年前から仕事で山形県のど田舎に出張中なんだけど、気味が悪いことが度々起きてる。
とりあえずひとつ今年の1月のあほみたいな話。


ど田舎だから、町と町をつなぐ道路は基本山を越える一本道。冬の間道路上は除雪されてるけど、路肩にはたんまり雪山って感じ。
レンタカーで営業廻ってる途中、会社から電話入ったから路肩に止めて電話に出た。トランクに積んである荷物の話で、極寒の中車外に。


で電話しながら無意識に左側の森?林?を見ると、立ってる木の手前10本くらいに、それぞれ一本ずつ木こりがよじ登って枝落としをしてる。
「もっと暖かくなってからやればいいのに。そもそもこんな密集してやるもんなのか?」
ってポカーンと見てたら段々おかしいだろって気になって来た。

まず、全員が全く同じリズムで腕を動かしてる。しかも中にはナタ?持ってなくて腕だけ振ってる人もいる。裸足の人がいる。
車のトランク閉めた音で全員がこっちをばっと向いたんだけどみんな無表情、無言。


めちゃくちゃ怖くなってとりあえず車出そうと思って電話相手に「失礼します」って言ったら、そいつらが真似して「失礼します!」ってめちゃ高くてでかい声でリピート。
そこでもう怖すぎて速攻車出して逃げて、後日この話を地元の得意先のおじさんにしてみたのね。
そしたら笑いながら「猿だろ」って一言。いやいや喋ったし服着てたしって感じで食い下がったら今度は怒りながら「猿と見間違ったんだろ!」って。
話切り上げられておしまい。


で、今書きながら気づいたけど路肩に車止まってなかったわ。
町まちの間だし、雪ガッツリ積もってるからさすがに木こり道具持って現場まで町から歩くってのは現実的じゃないと思う。



393 :四つん這いの人影:2016/04/21
山形の田舎なら俺もある


去年家族旅行で銀山温泉を見に行った帰り、登録しておいた山形駅のビジネスホテルへナビをセット
銀山に行く時もホテルから直行したから、その道を戻るハズなんだけど、夜の山道、どうにも来た道と違うルートを誘導してる
一度車を止めてナビ設定を見直しても、幹線道路優先になってる

近道かもしれん、と一先ずナビに従って山道を進むと、早々に街灯が無くなって、道が細くなって、ガードレールが無くなって、ついには舗装が無くなった
Uターンするスペースも無いから進むしかなくて、低速で1kmくらい進むと、空き地に出た
たぶん林業の作業場か何かなんだと思う
簡素な小屋と入り口の高い倉庫っぽいのが見えた


さすがにコレはナビの故障だろう、と思い再検索する為、車と止めようとした時「ドォーーーーン」と大きな音と車を揺らす振動がした
なんだ、なんだと俺と親父が車の外に出て辺りを見回すけど、車に何かが当たったワケでもなく、落石や倒木があるようでもない
百歩譲って聞き間違いはあっても、振動まで勘違いはありえない


暗くて分からないけど、山の奥で何らかの崩落でもあったんだろうと車に戻ろうとしたとき、車中にいた母と姉が絶叫を上げた
ヘッドライトの逆光で見難かったけど車の周りに誰かがいる
最初は「熊か?」と思ったけど、背格好から人だと分かった

親父が落ちてた枝木を持って「なんだお前ら」と近付いていくと、それに気付いた人影が、散り散りに山の中へ消えて行った
俺と親父は「ヒィッ」っと悲鳴を上げて、大急ぎで車に乗って一目散に来た道を戻った



394 :
ルート履歴を辿ってどうにか幹線道路のファミレスに寄ることができた
そのままホテルに行くこともできたけど、うまく表現できないが、落ち着くまで明るくて人の多いところに居たかった
ホテルには親父が適当な理由をつけて今夜は行けない事を連絡
連泊だったせいか、この日のキャンセル料は無かったらしい


母と姉は何も話そうとしないから、何で絶叫を上げたのか今でも分からない
俺と親父は、あの人影が四つん這いでカサカサと山の中に逃げて行ったのを見た
幽霊を見た怖さというより、生理的に気持ち悪い昆虫を見たときの怖さに近い感じ

 

引用元: http://hayabusa6.5ch.net/test/read.cgi/occult/1452547037/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事

最新記事