【電兄③】バイト先輩「この駅ビル出るんだよ」私「どうせ見えないし」→勘弁して!と思うほどの恐怖体験をしてしまった・・・

恐怖 0件
no image
 本記事は、投稿者が電車内で出会った霊感のある男性「電兄」シリーズの3記事目です。
宜しければ下記より1つめ、2つめの記事もご覧下さい。
【電兄①】電車内でぼーっとしていると、隣の男性「見えてたっしょ?子供の幽霊と目があってたよ」私「は?」


今回、電兄は461レス目の後日談に登場します。

 

443 :2008/09/01
つい先日の体験を書く。

私は地元の県庁所在地にある駅ビルでバイトをしている。女の子にはそこそこ有名なブランドの服屋の店員です。
でかくて綺麗なビルなんだけど、それはお客さんが見るフロアだけ。
かなーり昔からあるビルだから、裏とか事務所の方は結構汚い。


冗談なんだろうけど、入った当初は先輩たちから「このビルね、…出るんだよ」と言われた。
今まで客として表の綺麗なとこしか見てなかったから、正直洒落になんないと思った。

『ど…どーせ私は見えないから関係無いっしょ(´∪`;)』

といって、少しくらい変なことがあっても知らないふりして毎日過ごしてたんですが、8月のお盆シーズンに、ちょっと無視できないレベルの事を体験してしまった。



444 :
最初の恐怖は、ある日の閉店後のこと。閉店作業でゴミを捨てに行った。
ビルのゴミ捨て場は地下にあります。フロア→事務所→通路→従業員用エレベーター→ゴミ捨て場という道で行く。もちろん事務所からは関係者以外立ち入り禁止なので、一般のお客さんは入れない。

こう前置きしたらもうお約束って感じですが、まぁ…何か出たわけですよ。


ゴミを捨て終えてエレベーターに向かっていると、後ろから

「待ってー!」

という子供(男の子)の声と、ぱたぱた走る足音が。
なんだろうと思って振り返ると、だれもいない。
なんとなく変だな、と思いつつも、普通に質量のある、生々しい声と足音だったのでその時はなんとも思わなかった。
エレベーターのある所は曲がり角の奥で、私はすでに角を曲がっていたので通路全体は見えない。



445 :
少し待っても誰も来なかったので、とりあえず仕事もあるし…とエレベーターに乗り込んだ。
乗り込んだと同時にふと気が付く。

閉店後に、しかも従業員しか入れないこんな地下に、子供が居るものだろうか?

そう思った瞬間、鳥肌が立った。
エレベーターの扉が閉まり始める。

その瞬間、

「待ってー!!!!!!!」

驚くほどすぐ近くから子供の声。
閉まりかけるドアで見えないけど、位置的には曲がり角のこちら側。
さっき私が立ち止まった辺り。 同時に、

ばたばたばたばたばたばたばたばた

とこちらに駆け寄る足音。
いきなりの声と足音にビビりすぎて声も出ない。
反射的に目的の階のボタンを押した。

はやく、はやくドアが閉まらないと見えてしまう!

“何が”見えてしまうかは考えたくない。
無意識にエレベーターの隅に寄っていた。



447 :
ドアが閉まると同時に足音がドアの正面で止まる。

この扉一枚向こうに何が居るのか。

何故か息を止めていた。(なんかその時は、息をしたら見付かる(?)ような気がした。)
3秒後くらいにエレベーターが上昇し始める。
僅かに上昇した時、正面ちょっと下くらいから

「待ってー!!!!!!」

そして激しく走り回る足音。

すーっとエレベーターが上昇するにつれて、その声と足音が遠ざかっていくのが怖くてたまらなかったです。
あぁ、これリアルな体験なんだな…と。
足音の主が見えるか見えないか、そんな微妙なタイミングを文章では上手く表現できないです。悔しい。


元の階に着く頃には、緊張しまくってる自分の心臓の音しか聞こえなかった。
しかしまぁ何か見たわけじゃないんだし、この歳で得体の知れないものにビビるのもどうかなぁと思い、気持ちを入れ替えるためにトイレに手を洗いに行った。


誰もいないトイレで手を洗っていると、誰も入っていない(ドアも開いてる)個室のトイレの水が突然ジャー……と。隣の手洗い場ではごぼごぼごぼと意味不明の音が発生。

…(・∪・`)
泣いても いいかい?

本気で勘弁してくれと思った体験でした。

長文失礼。



448 :
ひぃ~



449 :
>>447
俺は見えない人だからそんな目にあったらチビっちゃうかも



452 :
こっわー
相手が子供ってところが更に怖い。子供は分別ないかもしれないし、いきなり「わっ」とか言って脅かすかもしれないし。



451
て言うかエレベーターに乗せてやれば良かったんじゃないの?



453 :
ホテルの火事で焼け死んだ人の話を知ってるか?

あるホテルに泊まった夜、客人はドアを叩く音で目が覚めたんだ。
でも、スコープを覗いても誰も居ない。
けれど、開けてくれーという声だけがする。
客人は怖くなってドアを開けずに、ベッドにもぐりこんだまま朝を迎えた。

翌日友人にこんなことが合ったと電話で話をした。
そしたら友人が、「そのホテルは昔火事があって、部屋に閉じ込められたまま人が死んでたんだ」って。

開けてやればよかったのに。ってね。


つかさ。
ほんとに迷い込んだ子どもだったら、どーすんのさ。



457 :
みなさまレスありがと。
本物の子供じゃないか?と思う人も居るよね。
でも、”迷い込んで”入ってこれるような場所じゃないんだよねぇ。閉店後だったから、特にも。

本当に説明し辛いんだけど、スタッフじゃなきゃまず居ることが不可能な場所なんだ。
その後事務所の人に言ったけど「子供は絶対入れないよ」って半信半疑。
一応探してくれたらしいけど、誰も居なかったそうです。迷子の届け出も無かったし。
ここまで先に書いておけば良かったね。 スマソ

更に後日談があるけど、書いても良い?



459 :
まだあるのかーい!ひぃ~
トラウマにならない程度なら聞きたい…



461 :後日談
では、調子にのってもう少しだけ…


エレベーターでの恐怖体験の後、ガクガクブルブルしながらも店の掃除を続けた。
棚とか、ガラスケースとかをピッカピカにする。ガラスケースは細長いので解体して磨く。そのままだと中の奥に手が入らないから。
大変だけど、店が綺麗になってくのが楽しい。


そして次の日。朝番は私一人だった。
お盆シーズンだし、朝はさすがにお客さんが少ないなー…と思ったら、知り合いが遊びに来てくれた。
以前ひょんなことから知り合った人で、電車で知り合った兄ちゃんだから電兄と呼んでる人。
奴は霊感あります系。本当がどうかは分からないけど。
(→以前このスレにこの人とのことを書きました。)


奴は店の中をふらっと見た後に挨拶して来たので、軽く喋った後に、前日のちょっとした恐怖体験を話した。
すると、電兄は何故か凄い勢いで頷く。
私がわけわかんない顔をしてると、昨日磨いたガラスケースを指差した。



462 :
ぽかーんと奴の顔を見てると、

電兄「手形、子供の。」
私「?????」

電兄は、気付いてなかったの?って言って笑った。笑う意味がまず分かんねェんだけど。


電兄に言われてガラスケースを見に行ってみたら、昨日磨いたばっかりのガラスにべったりと手垢がついてる。
子供が手のひらをべたっと押し付けた感じ。

…(・∪・`)
いたずら ですよね

小さい子ったら、まったくもぅ…と思いながら雑巾を取ってくる。
朝から子供の入店なんか無かった。いたずらな訳無いのは薄々感じてたけど、知らないふり知らないふり。認めたら負けだと思った。


ガラスケースを雑巾で拭いた時、さすがに冷や汗が流れた。

手形が消えない。
正確に言うと、消えないんじゃなくて消せない。

なぜなら、手形はガラスケースの内側についてるから。



464 :
解体しなきゃ大人でも中に手が届かないガラスケースに、子供がどうやって手形をつけるんだろう。

…(・∪・`)
まいったな 完敗だぜ。


電兄曰わく、
「お盆シーズンだから、こういう駅ビルは仕方無い。帰省したり、墓参りを終えて自宅に帰る人達が色々背負ってるから」
とのこと。

うーん、とりあえずそろそろ勘弁してくれ。


電兄の言うとおり、お盆が過ぎたらそういうことはほとんど無くなった。
あくまでも”ほとんど”。一体このビルは何があったんだ…orzといった感じでした。

読んでくれた&レスくれた方々、どうもです~。
またいつか。
ノシ



465 :
>>464
売り場なら防犯カメラも有るだろうが、見ない方がいいよな…


 

引用元:https://hobby11.5ch.net/test/read.cgi/occult/1218873686/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事