【不思議】占い師「田舎に帰れ。ボタンを拾わなくちゃいけない」祖父「?」→その日のうちに帰省した結果・・・

no image

18 :2009/08/31
戦後すぐに爺ちゃんは東京に出た。
地方以上に混沌とした熱気の中ですごすのは楽しかったけど、やっぱり疲れたらしい。


そんなある日、銀座の道端にいた占い師の前になんとなく座った。
占い師は爺ちゃんの顔を見るなり、「田舎に帰れ。一番にぎやかな街に出て、女物のボタンを拾わなくちゃいけない」と謎のお言葉を吐いた。
なんだそりゃと思ったらしいが、疲れてたのと親譲りの無鉄砲も手伝ってその日のうちに田舎に帰った。


女物のボタンはすぐに見つけたそうだ。
だけどカメオのような細工がしてあったのでボタンだと思わなかったらしい。

腹をすかして入ったお菓子屋で売れ残りの菓子パンをもらったお礼にボタンを渡す→お菓子屋に就職→そこの常連の娘さんに店主が見せる→私のです→なんやかんやでいまのばあちゃん

きれいなボタンのブラウスは、よくよくきけばばあちゃんのお母さんの形見だという。
ながくなったけど、馴れ初めを聞いて感動した。



19 :
占い師、GJ!

で、その占い師が、爺さんが立ち去った後にスゥーッと風の様に姿が消えたりしてたら、もっと素敵なんだがw



20 :
スレ的に、そこは消えてもらわないとなw

でも、素敵な話だなぁ。

 

引用元:https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1251510512/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事