「お母さん!熱いよ!…」誰かの悲鳴が混線する無線

不気味 0件
no image
投稿者の無線に入り込んだ、誰かの悲鳴。それは火事の現場にいるであろう子供の声だった。
その数日後、ゾっとする事実が判明する。



外回りで無線を使う仕事をしてる。
無線で仲間とやり取りをしていたら、自分のだけ何故か混線する。余りにも酷いので、チャンネルを変えたがザーザーと音が入る。
その場所から移動出来なかったので、長く混線が続く事に苛々しはじめた。


ふと、ノイズが切れ、次の瞬間に無線から悲鳴と子供が叫ぶ声が入ってきた。

「お母さーん!お母さん!熱いよ、苦しいよ!火事だよっ、気づいてよ!」


最初は近所のテレビが聞こえてきたかと思った。昼間から目茶苦茶ハードなドラマやってるなぁと。
でも10分くらい続いてる。
無線からか、と音量を絞ったが変化なし。近所の子供の悪戯にしても、いい加減飽きるだろう。しかも平日昼間。無線で遊ぶ小学生はかなりの確率でいないはず。


少し離れた所にいた仲間に、子供の叫び声がするか?と聞いたら、聞こえないと言われた。
じゃあこれはなんだろう……と幻聴かと焦ったが、近付いてきた仲間にも子供の悲鳴が自分の無線から響いているのが聞こえたらしい。仲間の無線は反応なし。

スイッチを切ったが何故か無線から15分近く子供の泣きわめく……段々と力無く掠れた声にぞっとしながら過ごす事になった。
気になって近所で火事など無かったのも調べた。


その七日後、その混線があった近くのアパートで子供が火事で……。
本当に怖かった。



あれから、事故の時の誰かを呼ぶような声が四回、火事らしき悲鳴が一回、混線して聞こえたりする。
未来ではなく、一回目以降は過去のばかりだが、どうも自分の無線にだけ、誰か割り込んでくるらしく、怖い。
幻聴ならいいが、第三者も側にいれば無線からの声に気づく。


霊の声とは違うかも知れないが、今日は

「誰か警察を呼んでください!刺された人が」

と言うのを仲間と聞いてしまい、怯えている。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事