【閲覧注意】海外で実際に起きたこの事件、謎が多すぎる…

no image
世界では「謎」を残す事件がしばしば起こる。この猟奇サツ人事件もその一つ。
犯人とされたサイモンの目的とは。彼の「望み」は達成されたのだろうか───



これは謎の多い事件である。

サイモンは異常出産の為、左半身が麻痺していた。
髪は洗わず伸ばしっぱなしで、いつも口をあけていた。首の筋肉が萎えているせいで頭蓋を支えていることができず、いつも頭が左にかしいでいた。

彼が18になったとき、両親が離婚した。サイモンはこれを機にひとり暮らしを始めたいと主張した。
周囲は反対したが、やがて負けて、これを許している。サイモンが怒りっぽく偏屈で、

「他人の干渉を受けず、隔絶した人生が送りたい」

と常日頃から口に出していたせいもある。


サイモンが20歳になったとき、福祉局が彼の両親に手紙を出し、

「彼の生活ぶりを把握しているかどうかを確認したいのですが」

と言った。

まず母親が様子を見に彼を訪ねた。
彼女はそのまま行方不明となった。


彼女の姿が見えないことに気づいた隣人がサイモンを訪ね、

「お母さんはどこに行ったの」

と訊いたが、息子は

「ガスがどうのこうの」

と意味不明のことをぶつくさ言っただけで、ドアをばたんと閉めてしまった。
次に父親が訪れた。彼もまた、それきり姿が見えなくなった。



隣人の通報を受けて警察が彼の家を捜索すると、山ほど溜め込んだゴミとがらくた、腐った食べ物、それとたくさんの猫の屍骸の皮が見つかった。
庭の隅のタンクには得体の知れないどろどろした液体が入っていたが、そのタンクの底から発見されたものが2つ。
ひとつは短剣で、もうひとつは、彼の父親の大腿骨にはまっていた人工関節だった。

警察はこの液体は溶剤であり、彼が両親のシ体をこれで溶かしたと考えた。しかし警察の研究所では、この液体でなにも溶かすことができなかった。
サイモンは最初に刑事に向かって、

「あんたを告訴してやる」

と言ったきり、2度と口を開かなかった。


下水溝からは血液が採取され、鋸の刃からは骨髄らしきものも見つかった。
だがありとあらゆる検査を行なったにも関わらず、結果はシロだった。両親の有機的痕跡は一切なく、この家からはふたりの指紋はひとつも見つからなかった。

「うす気味わるいったらない――人工関節の一部はあっても、指紋がないなんて」

と、捜査員たちは溜息をついた。


サイモンは警官や鑑識が家の中を入れかわり立ちかわり捜査している間、ただ何事もないように座って新聞を読むか、宙を見つめていた。
彼はまさに彼自身の望んだ『隔絶された人生』を生きているように見えた。


シ体はとうとう発見されなかったが、警察はサイモンの逮捕を決定した。
しかしそれは結局かなわなかった。警察が家に着いてみると、サイモンは砒素を飲み、自サツしていたからである。一言の自供もないまま、彼はこの世を去った。



サイモンのシ後、庭の木の根元から猫の死体と共に、防油紙で丁寧に包まれた眼鏡が見つかった。間違いなく彼の父親のもので、いたるところに脳組織がこびりついていた。
サイモンの両親のシ体は今も発見されていない。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事