廃墟の一軒家内に置手紙と録音テープが…そのゾッとする内容を見てしまった

恐怖 0件
no image
廃墟の一軒家に忍び込んだ中学生たちは、その中で不気味なものを発見してしまう。
それは、置手紙と録音テープで───



中学生の時。家から少し離れたところに、明らかに誰も住んでいない廃墟がありました。壁一面に蔦が生い茂ったいかにもって出で立ちの一軒家。


ある日の部活明けに、同級生8人で忍び込むことに。
時間は8時頃ドアを開かなかったため裏へ回り、窓から侵入。真っ暗な中。懐中電灯の照らした先には何故か無数の人形と、ボーリングのピンが壁に沿って並べてあった。

お祭り気分で乗り込んだものの、この時点でかなりテンションはダウナー。
8人もいるのに口数はかなり減った。


皆、帰りたかったがせっかく入ったんだからともう少し捜索してみる事に。
奥に進むと、そこは畳の部屋。かなり痛んでいたらしく歩く度に足が畳を貫き、そのたびにギャーギャーわめいた。


次にリビングのような部屋に進んだ。
真ん中にはテーブル。見ると何か置いてあった。近づいてみるとそれは1枚の置手紙と何かを録音したらしいテープ。
置手紙にはこう書いてあった。

『お父さんありがとう』

特に怖いことが書いてあったわけじゃないのに、何か寒気を感じて俺らは撤退することにした。


外に出るとほっとしたのか皆、堰を切ったように話はじめた。
そして手紙の横のテープの話題に。

「あれは何が入ってたんだろう?」

とか話してると友人の一人がぼそっと呟いた。

「…俺持ってきちゃった…」と。

その場には再生するものがなかったため、責任持ってその友人が持って帰って聞くことになった。



ここからは友人の話
持って帰った彼は、少しびびりながらも、とりあえずラジカセで再生してみた。

…無音。

10分以上聞いたが無音だった。古いテープだったし、消えちゃったのかな、と思い再生したまま彼は漫画を読み始めた。
しばらく漫画を読みテープのことを忘れかけた時。ラジカセから女の声が聞こえた。

「…お父さん、コロしてくれてありがとう…」

終わり



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事