寺生まれの父、バイクの単独事故で亡くなった大学生に一喝してしまう…(他1話)

恐怖 0件
no image
899: 2019/07/17
先週、父から聞いた話。

父は寺生まれのせいか見える人。ただし破ァーッ!としても追い払えるのはハトかスズメぐらい。
そして私たちは交通事故全国トップの愛知県に住んでいる。
私が住んでいる街は愛知県の中でも特に交通死亡事故が多いようで、以前、自宅から半径2km以内の交通死亡事故現場をカウントしてみたらコンビニの数よりも多かったという場所である。


そんな我が家の近所で数年前バイクの単独事故があった。当事者の男性は搬送された病院でお亡くなりになった。まだ大学生だったらしい。
事故現場は父の通勤ルートだった。

時々、事故現場にお亡くなりになった大学生が立っていたらしい。
父は見えるけど聞こえない人。
「見えるだけで干渉してこないのならどうってことない」ということで、立っていようとなんだろうと気にせず通り抜けていた。

しかし先日、大学生が父に話しかけて来た。
「なんで俺は死んでしまったんだ」と。

思わず父は口に出して言ってしまったらしい。

「おめえの運転が下手だからだよ」


父はバイク乗り。しかも大型乗り。750ccとゴールドウィングとハーレー(サイドカー付き)を同時期に所有していたこともあった。
50ccの時代から数えればバイク歴52年。
幽霊の大学生が生まれる前どころか、下手したら彼のご両親がオムツを着けていた頃からバイクを転がしていたベテランライダーなんだな。

父が一喝してから、大学生の幽霊はいなくなったらしい。
ごめんなー大学生。うちのオトン、相手の生死問わずマウンティングするジャイアン気質なんだよね。

ちなみに事故現場は私の通勤ルートでもある。
呪わないでくれー。

 

900:
先週じゃないよ、大分前に聞いた話しだよ・・・。
コピペミスだよ。呪わないでくれー。
お詫びに今度こそ父から先週聞いた話しを書くわ。


父はお寺の次男坊なので進学先も京都の仏教系の大学だった。
下宿先は京都の繁華街のど真ん中にある本山。
芸事に御利益があるとかで当時から参拝客も多い。

下宿先と言っても本山。一般企業で喩えるのなら営業所の新入社員が本社で研修を受けるようなもの。
下宿中は本堂の掃除やら参拝客の接客(?)をさせられていたらしい。


ある日、父がいつもどおり境内の掃除をしていると、見ず知らずの中年女性の参拝客が「あんた、このままだと早死にするよ」と話しかけてきた。
なんでも父は良くないものに憑かれやすい体質で、ヤンチャながらもそれまで無事に生きてこれたのは寺で暮らしていたからとのこと。
その中年女性は小さなお札のようなお守りを父に渡した。
お遍路を何度も完遂した人だけが受け取れる、とてもレアリティの高いお守りらしい。

以来、父は寺を出て、相変わらずのヤンチャな日々を過ごしても、軽傷(花火をしていたら短パンの裾から火の粉が入って金玉火傷など)こそあれど生死に関わる怪我や病気に罹ることなく今に至っている。


以上、いつも災害をニアで回避する父に「阿弥陀さんのご加護でも受けてるの?」と聞いたら話してくれたことでした。

 

910:
>>900
>下宿先は京都の繁華街のど真ん中にある本山。
>芸事に御利益があるとかで当時から参拝客も多い。

下宿先は誓願寺か。
そりゃあ、口達者なのも、御利益じゃねーの?

※浄土宗西山深草派の総本山で、新京極のど真ん中に立ってる。江戸時代の住職が落語の祖である関係で、落語の聖地でもある。 
落語家やタレント、司会者、アナウンサーなど話芸関係の参拝も多い

 

912:
>>910
浄土宗なら、オカルトとか祟りとかは鼻で笑いそうなもんだな

 

974:
>>910
当たり。御利益は判らんw
お向かいにあったパチモンのダイエーみたいなスーパー、何年か前に潰れちゃったんだってね。さみしい。

浄土に限らず、末寺はどこも家業を継いでるだけの坊さんばかりだから、オカルトを鼻で嗤うステージまで到達してない人の方が多いと思う。
坊さんなんてただの自営業者だよ。
中には真面目な坊さんもいるけどさ。


あと父がニアで災害を回避し続けている件だけど、こないだの日曜日に聞き出したら私の知らない回避話が発掘されたよw

・日本坂トンネル火災→事故発生の1時間前に現場を通った。
・中国の新幹線の衝突脱線事故→1週間前にまったく同じ時間の新幹線に乗っていた。
・先週の九州の豪雨→宮崎を発った次の日に豪雨、熊本を発った次の日にやっぱり豪雨。
・熊本地震の余震→父を乗せた飛行機が離陸して数分後に震度5。

オバケよりもオトンの方が怖いよw
ちなみに父は明日から長野出張なので長野県の人は気をつけろ。惨事はウチのオトンの後にやってくる。

 

901:
寺うまれのT(父)さん

 

引用元::http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1559581158/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事