【大阪】「これが〇〇じゃなかったらシんでる」戦争時代の高槻地下倉庫跡「タチソ」で洒落にならん恐怖体験をした

恐怖 0件
小学校の社会見学で、大阪府高槻市にある戦争遺跡「タチソ」を訪れた投稿主。
その時はワイワイと騒ぎ写真を撮って楽しんだ小学生達だが、後日、学校で張り出された写真の中に1枚心霊写真のようなものがある事に気付く。さらに、一人だけ顔を真っ青にしている生徒がいて───



それでは地元の怖い話を一つ。 

大阪府高槻市の山間部にある高槻地下倉庫跡、通称「タチソ」。 
太平洋戦争中に戦闘機工場を作るために工事がされていて、強制連行かはたまた出稼ぎで来た朝鮮人の方々を中心として工事が行われていました。 
工事は難航し、岩盤の崩落による死者も多数出ました。 


しかし終戦をむかえタチソはとうとう完成せずに放棄され近年まで放置されていました。 
今では高槻市の平和教育の常連となっているタチソですが、心霊スポットとしても地元では有名で、強制連行された朝鮮人の亡霊がさまようという噂が代々伝わってました。 


ここまではあくまで噂ってレベルのただの怪談ですが、小学生の頃に洒落にならん体験をしました。 



小学生の頃、平和授業の一貫としてタチソに社会見学をしに行った事があります。 
兼ねてからタチソは心霊スポットで有名という事を知っていたので、面白がって「心霊写真~♪」みたいな事や慰霊碑に顎を乗っけて「さらし首~w」みたいなことやって写真をとって遊んでました。 
もちろん先生にはキレられましたがw(強制連行で云々ギャー!ってな感じで) 


でその日は無事に終了したのですが、後日、放課後写真が現像されて張り出され「あ~俺写ってる~」とか「○○ちゃんの写真どこ?」の光景が始まりました。 
私達も写真をさがしながら「これあほやんw」とか笑いながら写真をとっていたのですが、誰かが「すげー!心霊写真や!」っていって一つの写真を指差しました。
 
「さらし首~♪」の写真でした。 

友人の顔を中心に赤いモヤモヤが漂っており(顔にへばりついているようにも見えた)まるで血のような感じがしました。 
クラスのほとんどが「おおお!マジですげー」とか言って大騒ぎでしたが友人一人だけは真っ青でした。 

私自身は「お~い、お前シャレならんな~ww」って感じで茶化していたのですが異様なまでの友人の顔色の悪さに変に思ったので、「おいおい、お前もしかして霊が着いて来たとかあるん?ww」てからかったら、 

「兵隊がずっと俺に着いて来てる。今も窓から俺のことみてる」 

って真っ青な顔で言ってきました。 


その日はそれで終わったのですが、日が過ぎると共にだんだんやつれてくるのが目に見えてきて「お前ほんとにヤバイのか?」って友人数人と一緒に話かけたら、「日がたつにつれて人数が増えてる」と語りました。 
流石に危ないと思って近所の神社に供養してもらいに行きましたら、神主さんにメッタメタに怒られました。 


とりあえず写真と友人と私達を除霊してもらいましたが神主さん曰く 

「これが日本人の霊じゃなかったら写真撮った日に死んでる」という事です。 


あんなに怖い思いをしたのは後にも先にもこれっきりでしたが、友人の方はしばらく心霊現象が続いたらしく、小学校卒業までやつれてました。 
中学以降はその友人とは違う学校に進んだのですが、最近同窓会で元気な姿を見れてホッとしました^^; 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事