火葬場の職員だった頃、トラウマになるほど怖い体験をしてしまった

no image
火葬場で働く投稿主の前に、ある日黒いSUV車が現れる。中から降りてきたのは成金のように見えるギラギラとした男だった。
男は投稿主に死体を焼いてくれと高圧的の依頼をしてくる。
不審に思いつつも斎場長の許可を得た投稿主は、さっそく火葬の準備を始めるが───



ある日の朝に斎場(火葬場)の玄関を掃除してたら、黒いSUV車が入ってきて、成金な感じで時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが車から出てきて死体を焼いてくれって言うんだよね。 

通常は死体なんか直接運んでくる前に業者とか親族から連絡があって、こっちも届出人の保険証とか死亡届書を持ってくるようにとか時間も指定してお願いするんだけど、そのおやじは斎場長にもう話が通ってるからすぐ焼いてくれって、かなり高圧的言ってくるんだよ。 

なんでとりあえずそのおっさんに待ってもらって斎場長に話しに言ったら、変事一つで焼いてやれっていうもんだから、しょうがなくすぐ準備してオーブン(火葬炉)開けたんだよ。 


死体は30才くらいの男で、なんかまだ死んだばっかというか普通の死体よりも顔もピンク色してたんだけどね。死体は普通焼く前にもう一回確認するんだけど、外傷とかは別になくてきれいなもんだった。 


で棺桶しめて炉に入れて焼き始めて大体20分くらいしてからなんだけど、オーブンの中からもの凄い音がすんだよね。ドカンドカンって。 
その時もうオレは目の前真っ暗になった。 
もしかして生きてたんじゃねーの?って…。 

でももう20分もしたら桶なんか全部焼けてるくらいだし、例え生きてたとしても今さら開けて助けるのは無理だって思ってしかとしちまった。ていうか手足がガクブルってどうすることもできなかった。 

通常1時間くらいもあれば死体なんて全部灰になっちまうんだけど、めちゃめちゃ怖くて30分くらいずっとオーブン開けられなかった。 
例の成金おやじみたいのはもういなくなってた。 

オレはどうしても怖いから斎場長呼びに行ってオーブン開けるの立ち会ってくれってお願いした。 
焼いてる途中で中で音がしたことも全部説明した。 


で、結局斎場長が開けたんだけど、炉を開けるときになんか焼肉みたいな匂いがぷ~んと漂って来た。で斎場長がトレイを引っ張り出したら、その男はなぜか半生に焼けただれていて体もうつぶせになっているように見えた。 
その瞬間オレは訳がわからなくなって気が遠くなって倒れたんだけどね。 

でも今、冷静に考えてみるときっとその男まだ生きていたんだな…。そんで焼かれる熱さでオーブン中で棺桶をめちゃくちゃにぶっ壊しながら暴れていたんだと思う。恐らくそれで中のバーナーが壊れて体が完全に焼けず半生だったんだな。 


オレは倒れてから一度もその火葬場には行ってないから正確な事情は良くわからない。でもその後斎場長がオレのとこに合いに来てなぜか1000万くれた。 
他言無用だとかそいうことは一切口にせず。 
ただ1000万くれたんだよね…。 

今はその金で暮らしているわけだが。 
トラウマになって今でも夢にでてくる。
しんどいわ。 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事