「あ~、こいつもうだめだ」 ホラーマニアの友人が手に入れたDVDが本当に危ないものだった…

恐怖 0件
no image
疎遠になっていた友人からの久しぶりのメール。それは「ヤバイDVDが手に入った」という知らせだった。
投稿主は「見にこないか」という友人の誘いに乗ってしまう。その結末がとても恐ろしいものになるとは知らずに───



去年の話、疎遠になってる友達Aから久しぶりにメールがあった。 

「かなりヤバイDVDが手に入ったからみにこねぇ?」 


この友人って言うのが、ホラーマニアが講じて通販やネットで心霊ものやスナッフなんかを手に入れては見せてくれる奴。 

「それじゃ、週末に何人か連れて行くわ」 

と返信して、そいつの家に3人で行ったんだ。 


「んで、問題のものってどんなの?」 

って聞くと、 

「監禁してて精神的拷問みたいなものをやってる、とりあえず見てみ」 

早速再生すると、家庭用のカメラで撮ったであろう画像と、椅子に縛り付けてある30台前半の男。 
何かを見せられている。 
それだけ、それがずっと続いてる・・・ 

俺らは、それが今まで見てきた作り物のスナッフじゃないリアルさに引いてたし、Aが俺らの後ろで目をギラギラさせてたのをやけに覚えている。 


15分ほどしてから映像に変化が起き始める。 
テレビの中の男は見るのを異常に嫌がっている、必死に見ないようにしている。抵抗しているはずなのに、いつの間にか男はその何かを凝視し始める。
その目がもう普通の人の目じゃなくなってた。 

そのまま男はゲタゲタ笑ったり、罵声を罵ったり、首をフラフラさしてる。その表情の変化が普通じゃないのよ、4倍速ぐらいのスピードで変わっていく。 
後ろのものは普通のスピードで動いてる。でも、その男の首から上が異常なスピードで動いて何かを喋ってる。 

最後に撮影者であろう人が、 

「自分の名前 わかるか?」 

って男に質問をする。 
男は、 

「アビャ、ヒヒヒ、○川○二」 

って答えてたが、声と口がまったく合ってなかった。 

撮影者「あ~、こいつもうだめだ」 


これでDVD終了。
DVDを見終わって、正直俺らは具合が悪くなっていた。Aは嬉しそうに早口で説明を言ってるが、正直聞きたくない。 
もう見たくなかったから、3人で目で合図してそのまま帰る事に。 
帰りの車の中で連れが、 

「Aが必死で説明入れてたとき、口の動きおかしくなかった?あのビデオみたいな・・」 



Aはそのまま行方不明、2ヶ月ぐらいして全裸で自殺してた。 
あれを見た俺らも、自分が壊れるんじゃないかって思うようになってきた。 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事