【海怖】過去にテトラポットで悲惨な事故→私「犠牲者が泊まってたの隣のロッジらしい」友A「今はカップルがいるね」友B「え?誰もいないよ」→結果…

恐怖 0件
no image
投稿主は、友人達と海へキャンプに来ていた。
宿泊先のロッジのチェックイン時間までのあいだ海水浴を楽しんでいたが、テトラポッドで出来た防波堤で遊んでいる時、監視員に酷く怒られてしまう。しかし、それには悲しくも恐ろしい理由があって───



高2のときの話です。 
私は1年生のときのクラスメイトを誘って、他県に2泊3日で海キャンプに行く計画をたてました。 
一学期の半ばからみんな誘ったのですが、結局来たのは15人くらいだったと思います。 



キャンプ初日、私達は高速バスに乗りキャンプ場に着きました。そこはかなり広い所で、普通の海水浴場やキャンプ場等が集まった海浜公園で、私達は大きなロッジに泊まることになっていました。
現地には昼過ぎ頃着いたのですが、ロッジのチェックインが2時か3時だったので、しばらくは荷物を置いて泳ぐことにしました。 
そこは日本海で遠浅なので、足が届かなくなる辺りからちょっと泳ぐとテトラポットで作られた防波堤まで行けます。 


数人で防波堤まで行き上に乗って話していると、砂浜から監視員がメガフォンで

テトラポットに乗っている人!早く降りてください!! 

と絶叫します。 
あまりに怒るので、バカな高校生だった私達は何回も乗ったり降りたりして監視員を怒らせていました。 


しばらく海で遊んだ後、いい時間になったので計画の発案者として私ともう1人友人でロッジのカギを借りに行きました。 
受付は結構若いお姉さんだったのですが私達を見ると 

「あ、さっきテトラポットに乗って怒られてた人たちでしょ?」 

と言ってきました。覚えられていたことと話題があることで話やすかったので 

「見てたんですか?あの人ちょっと怒りすぎじゃない?」 

と話を膨らませました 

「ん~、あそこはね~。」 

と、お姉さんは、言いたいけど言ってはいけないことがあるかのような口振りでした。 
何かあったのかとしつこく食い下がると、特別と言うことでお姉さんは話してくれました。 
以下お姉さんの話をまとめたもの。

 
昔は今ほどテトラポットに乗ることに対して厳しくなかった。 
ある日、私達のように泊まりに来ていたカップルがテトラポットに乗っていると高波がきた。 
男はテトラポットにしがみついたが、女は一度波にさらわれ、次の波でテトラポットに打ち付けられ流されてシ体は上がっていない。 
噂では、打ち付けられた女は半分脳みそが出たような状態で、男に 助けて と言いながら流されていった。 


それ以来そのテトラポットに乗っていて、波にさらわれてシぬ人が増えた。さらわれなかった人や助かった人で、助けてと言う女の声を聞いたり、 脳みそが出た女を見たと言う人がたくさんいる。 
海浜公園としては、シ亡者が出るのも幽霊まがいの話が広がるのも好ましくないので、テトラポットに乗っている人がいたら厳しく注意して 
すぐに下ろすことにした。 

と言うことでした。 


そんな話を聞いて、クリアファイルにロッジ使用上の注意事項とロッジが集まっているとこの地図が挟まった物を受け取り、注意事項を聞かされ、 
私達のロッジAー8号の場所を地図で教えてもらい、カギを受け取って事務所を出た。 
そのキャンプは女の子も来ていたので今の話は怖がる奴もいるかもしれないし、しばらくは黙っておこうと友人と決めて皆とロッジに行った。 



1日目はバーベキュー等をして2日目も夕方まで泳いだ。
2日目の夜に外で食べたり飲んだりしながら皆で話していたが、暴露大会もネタが尽きてきて怖い話をしようと言うことになった。 
結構盛り上がったが怖い話もだんだんネタが尽きてきた。

 
そこで、明日には帰るしもういいかと言うことになり、私といっしょにカギを借りに行った友人は前日に聞いた話をすることにした。 
話が終わった直後に懐中電灯を持った警備員らしき人が来て 

「Cー16号ってここですか?」 

と聞いてきた。 
それを聞いて私は少しドキッとした。 
私達の中の1人がクリアファイルの地図を見ながら 

「Cー16ならすぐそこ、隣ですよ」 

と答えていたがそれを聞いて私は思わず 

「そのカップルが泊まってたのCー16らしいんだけど」 

と言ってしまった。 
別にそれがどうしたと言う話なんだけど、そのときはなぜか皆パニックになってロッジに駆け込んだ。 
私はお姉さんからカップルが泊まっていたロッジを聞いていたが、AとCだから遠いだろうと思い込んで気にしていなかった。 
しかしロッジの号番号の最初に付いているアルファベットは部屋の大きさを表すもので、場所は関係なかった。

 
ロッジに入りしばらくして落ち着きを取り戻してきたころ 

「でもさっきの警備員なんでCー16の場所なんか聞いてきたんだろ?誰も泊まってないのに」 

と言いだした。すると別のやつが 

「いやいや、泊まってたよ。なんか怖いけどカップルが。昨日からいたじゃん。」 

と言う。するとまた別のやつは 

「泊まってなかったよ。俺まわりに誰もいないから騒げるなって思ったし」 

と言う。 


皆に聞いてみると泊まっているカップルを見た派と誰も泊まってない派は半々くらいだった。 
そんな話をしているとまた怯えだした女の子が 

「あの窓怖い。誰か閉めてきて」 

と言いだした。 
そのロッジにはカーテン、網戸が付いた出入りできるくらいの大きめのガラス窓と、網戸だけ付いている木でできた小窓があったのだが、小窓はCー16側に付いていた。 
大きめの窓は網戸が少し破れていて虫が入りそうだったのでガラス窓もカーテンも閉めていたから、小窓まで閉めたら暑すぎると言う奴もいたが、閉めてと言った子の怯えが伝染して閉めて派が増えたので、全然怖がってなかった奴がしょうがなしに閉めに行った。 


そいつは小窓の近くまで行くとバタンと勢いよく小窓を閉めて走って戻って来た。 

「カップルいた!なんかベランダで2人でこっち見てる!電気も付けずに並んで見てる!!」 

そんなことを言いだした。 
女の子たちはさらに怯えたが、男はほとんど お前そんな嘘つくなよ と言う雰囲気で2人が小窓を見に行った。 
そいつらも小窓をちょっと開けると勢いよく閉めて戻って来た。 
見えたらしい。 


男は全員見に行ったが、私を含めた2人以外は全員カップルが見えた。 
泣き出す女の子もいて部屋は異様な雰囲気になり、みんなで小窓と反対側の壁の近くに集まっていた。 
これマジでやばく

ない?とか話していたら1人が 

「なんか音がする」 

と言った。 
皆静かになると、確かに小窓の外の方からズルリズルリと何かを引きずるような音がする。 
皆で音から逃げるように壁に張り付いていた。 
すると音はロッジを回って私達が張り付いている壁のほうにやってくる。 
皆なぜか静かに音から遠い壁際に移動した。 
すると音はさらに私達のほうに回ってくる。 


ロッジの中を静かに音から逃げ回っていたが、音はどうやらロッジのまわりをぐるぐる回っているらしい。 
私達はロッジの真ん中に集まりなぜか静かにしていた。 
その音は一晩中ロッジのまわりを回っていた。たまに壁をすごい勢いで2人か3人で叩くような音がした。 
女の子は皆しくしく言っていたし男も皆半泣きだった 


何時間かたつと音はCー16のほうに帰って行った。 
それから少ししてカーテンの隙間から朝日が入ってきたので、朝まで音は回っていたようだが音が回っていた間誰も寝なかったし話さなかった。 
朝日がさしてしばらくして誰かが 

「早く帰ろう」 

と言った。 
その言葉に皆我に返ったかのように急いで荷物をまとめ、前日出しっぱなしだった外の片付けもほとんどせずに急いでカギを返した。 
出しっぱなしだった懐中電灯やガスコンロは置いて帰った。親に怒られた。 


高速バス乗り場まで行く市バスを待つためのボックスみたいな所でも誰もしゃべらなかった。
高速バスに乗ると私はすぐ寝てしまったので皆の様子は知らない。 



長々と落ちもない話をごめんなさい。
洒落怖とかに投下される話に比べたら全然怖くないと思いますが、あの時は本当に怖かったです。 
今でも海キャンプは行けないし、あれ以来その海に行けなくなったり、海自体に行けなくなった子もいます。 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事