【ゾっとする話】公園のベンチに座る「薄い女」

恐怖 0件
no image
深夜の公園。ベンチに座っていた「薄い女」。
この話の最後、再びジョギングへ行こうとする投稿主は、もしかしたら彼女に「呼ばれている」のかもしれない…



ジョギングを始めたんだ。 
まぁ、メタボ対策かな。少し太ってきたし。
そんなにストイックな奴じゃなくて軽~い奴。近所を1周して終わり程度なんだけどね。 

近くに公園があるんだよね。ブランコのある公園。公衆トイレがあって薄明かりが漏れてる。 
いつも公園を横目に走るんだけどね。 
トイレの正面にはベンチがある。ベンチの背面は土手になっている。いつもはベンチとトイレの間を走り抜ける訳なんだけどね。 
いつも走るのは少し遅い時間なんだよね。もちろん公園にはいつも誰もいない。 



おとといだね。小雨が降ってたと思う。 
走っていたのは深夜だったから、多分1時頃かな。 


公園の入り口に差し掛かったら、いつも誰もいないベンチに女の人が座ってた。グレーのコート?を着てね。 
ギョッとした。びっくりして咄嗟に回れ右して公園の外を迂回して走りだした。 


走りながら考えてね。こんな時間に公園にいるなんてね。しかもグレーのコートなんて若い女だよね。行くトコないのかな?とか、彼氏と喧嘩したのかなとかね。 
オレんちは駅まで遠いんだよ。 
少しかわいそうに思ってね。もちろん下心もそれなりに合ったし。帰りにまだ居たら声かけようかなって思ったんだよ。 


しばらく走って公園に戻って来たらさ。 
まだ座ってたんだ。やっぱり若そうな女の人だね。 
なんか下向いてた。グレーのコート着ているしさ。なんか雨も降ってるし。 
「大丈夫ですか?こんな時間に危ないですよ」とか声だけ掛けようと思ってね。ドキドキしながら近づいていったんだよね。 


公園の入り口を入ってね。ベンチに近づいて、脅かさないようにできるだけ足音を立てながらね。近づいて言ったんだ。とにかく驚かさないようにね。「こんな時間に大丈夫ですか?」って声掛けようと思ってね。 


ふと足が止まった。 
何故足が止まったかはわからない。 
とにかくヤバいと思った。 

なんかね。この人薄いんだよ。うっすらと向こう側に透けるような感じ。
いや、上手くいえないけどね。分子の密度が薄いって言えばわかるかな?雰囲気全体が薄くてね。 
瞬間的に「あぁ、この人死んでるな」って冷静に感じた。 

「ヒトニシテハ、ナニカガタリナイ」 

心臓がドクンって鳴った。鷲掴みにされた感じ。 


女が顔を上げる瞬間に逃げだした。 
もう全力で家まで走った。必死で走ったんだよ。振り返ったら怖くて動けなくなると思ってね。死ぬ気で走ったんだ。
何とか家まで辿り着いてね。慌てて鍵を閉めたよ。 


でもね、予感があったんだ 

「キットツイテクルヨ」 

「見えるの?ねぇ見えるの?」って女の声が聞こえてたし。 



やっぱりね。部屋に戻ったらカーテンの細い隙間からこっちを見ていたよ。 
ジーっとこっちをみてた。 
あ~ぁ。ついて来ちゃったよ・・・何で冷静なんだろうね。こんな時にね。


とにかく気付いてないフリをしてたんだけどね。 
少しずつね。部屋の空気が侵食されていってね。ほんの少しずつだけどね。薄~いもやが掛かって来てね。あぁ、少しずつ入って来てるなってのが解かった。 
密度を薄くしてね。 
徐々に女が部屋の中に流れ込んできた。 


もうね、怖くて叫びださないようにね。気付かれたらヤバイからね。全然気が付かないフリしてね。
でもジーっと見られてるのね。すごく観察してるの。こっちをね。 


無理に寝てしまおうと思ったんだよ。怖いけどね。
眠って明日になったら居ないかもしれないじゃん? 
だからね。すぐに横になった。 
とにかくベットに横になってね。寝ちまえ!と。 
部屋中に嫌な雰囲気が漂っててね。相変わらず凝視されたままなんだけどね。 


直ぐに目を閉じればよかったんだけどね。天井に小さな点を見つけちゃったんだ。 
小さな黒い点なんだけどね。動くんだよ。少しずつ少しずつ。 
頭の中では「見ろ!見ろ!」って女の金切り声が鳴ってるんだ。 


動き出した点がね、少しずつ早くなってね。デッサンってあるじゃない?あのキャンバスに黒炭で絵を書く奴。あんな感じでね。凄い勢いで点が形になって来てね。
目になって、鼻になってね、どんどん描かれてね。 
早送りを見ているみたいにね。 
だんだん鬼のような形相の女になってきた。 


目をそらせないで、じっと見るしかなかった。 
天井に描かれた女がね、こっちを睨み付けたまま少しずつ降りて来ている気がした。ゆっくりとね、近づいて来てる、そう思った瞬間怖くて気が狂うかと思った。 
恐怖で声も出せずにね、確か泣いた気がする。 


だんだん世界が白黒になってね。ゆがんで回りだしたんだ。 
もうダメだと思った瞬間にね、大きく視界が歪んでね。気付いたら今日の昼だったよ。 


本当に今日は家から出られなかった。夢なのか、それにしてはリアルだったし。何もかも自信が無かったんだ。 
さっきあるものでご飯食べて、お風呂にも入ってね。やっと落ち着いてここに書き込めるようになったよ。 



さて、そろそろジョギングに行ってきますね。 
話したらなんだかとっても楽になったよ。 
付き合ってくれてありがとうね。 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事