「身の毛が逆立つ」とはこの事だ…公園の濡れた女の話

不気味 0件
no image
深夜、投稿主が自宅から駅までの道を歩いていると、途中にある公園に人影を見つける。
どうやら人影は女性のようだが、何故か濡れているようで───



先週末、深夜に飲みに出掛けたんだけど、その道中での出来事。 
うちの近所は21時も過ぎると、人も歩いてなければ車もほとんど通らないような場所。タクシーを電話で呼んでも時間が掛かると言われ、仕方なく駅まで歩いて拾う事にした。 


駅までは徒歩10分。変質者がいない事を願って歩いていたけど、それどころじゃなくなった。 
駅までの間、公園が2つ。その1つ目の公園に差し掛かった時に人影が。
ん?っと思ったけど、どうも女の人っぽい。 


女ってだけで安心したのもつかの間、様子がおかしい。私は歩いているので、当然見える角度が違ってくる。街灯に照らされているその女性は濡れているよう。心拍数あがりまくって、急ぎました。


2つ目の公園あたりまできて更に気絶しそうになりました。だって、さっきの濡れた女が同じように立っていたんです。 
恐怖と興味が入り混じって、その女性に少し近づいてみようと試みました。 


何気ないふりで近づいてみると、やっぱり・・・ずぶ濡れで・・・
そのまま通り過ぎて、もし何か事情がある人なら可哀想かなぁっと思って「大丈夫ですか?風邪ひきますよ?」っと声をかけましたが、返答なし。 
余計なお世話だったと感じつつ、異様な雰囲気で圧倒されていました。 


その日はその話で持ちきりになり、酔いもソコソコで帰りました。時間は明け方3時。タクシーで自宅までの道中、あの公園。 
本当に身の毛が逆立つ思いとはこの事だと思いました。 
まだ、濡れた女が立ってたんです。明らかに生きてる人って感じではなかったです。 


昼間でも怖くてその道は通りません。 
長々と失礼しました。 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事