【実体験】霊の存在を確信した出来事がこちら…

恐怖 0件
no image
155:
ある一日の出来事

夜、自転車で走っていたらいきなり白い煙が現れ、自分の方へ向かって来た。
避けようにも避けれなく、包まれてしまった・・・
怖くなったので、部屋へ引き返すことにした。

途中の小山みたいな所を通過する時、反対側の山腹から人影が駆け下りてきた。街灯の明かりでは確かめられなかったが、明らかに人だった。
でも、降りきった瞬間に人影は消えた。
少し怖くなったが、帰路を急いだ。

途中に葬式やっている家の前を通った直後、チリンチリンと風鈴の音らしき音が。季節は冬だったので猫の鈴かなとも思ったが、ずっと音が付いて来る。
さすがにパニックになり、必死に自転車をこいだ。
しばらくすると、音は消えた。

 

156:
何かのビデオで運転手が暗闇に浮かぶ霊達を目撃するシーンがあるのだが、あれに似たシーンも経験した。場所は九州の某県境の山中。
夜中だったので交通量は皆無。まぁ、昼間でも皆無に等しい寂しい場所なんだがね。

突然ただならぬ気配を山中に察知し、恐る恐る運転席の反対側を見てみた。うわぁ~~!何か、人らしきものが山中を走り回っている。それもかなりの数。
恐ろしくなってスピードを上げたが、反対側は崖なので、それも怖かった。

しばらくすると、それらは見えなくなったが、あれは一体何だったのだろう?あそこら辺は戦国時代の合戦場跡が濃厚なので落ち武者達の霊だったと推測。
怖くて、それ以来2度とその道は使っていない。

幽霊が実在するのか分からないが、某県民新聞には旧日本軍の兵隊達が行進していたと記事にしていたよ。
僕は霊の存在を信じる。

 

166:
>>155
ちょっと似た体験をした事ある

夜道を車で走ってた時なんだけど、その道は少し狭いけど二車線で、両側に木が生えてて、右に林、左には木とちょっと崖になってて、その下にはまた道があった。
そんで、そこを抜けると左に学校が見えてくるんだ。学校は坂の上にある。
そこまでにちょこっと坂っぽくなってるとこがあって、向こう側の道がこっちからじゃ坂で見えない。

ちょうど坂の上に車のライトがあたった瞬間、何か大勢の黒いものがサササッと一斉に林の中に隠れたんだ。
ボヤ~としたなにか黒いもの。小さい子供みたいなのが道の幅いっぱいにいた。輪郭とかはっきりしなくて、たぶん直立二足の生き物っぽいなにかだと思う。動きがなんとなく人間のものだったような気がしたけど。
あれなんだったのかな?いつも通る道なのに、それきり見ないな。

 

158:おまけ
祖父の話。
祖父は母が生まれる前に硫黄島で戦死したのだが、戦死したと思われる夜にただいまと玄関に現れたそうです。
家人がびっくりしていると、祖父はすっと消えてしまったそうです。
祖父の遺骨は未だに戻ってきていない。無念だったろうな・・・。

 

引用元:https://hobby10.5ch.net/test/read.cgi/occult/1194353997/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事