職場の障害持ち男性が結婚報告→「ままごと婚w」とバカにした連中への復讐が凄まじかった…

修羅場 1件
no image
633:
同じ職場の障害を持っている男性同僚Yさんが、「結婚する」と課長と係長へ照れ臭そうに報告している時に、ベテランEさんとSさんを始めとするその一派がこぞって「ままごと婚!!」と揶揄し始めて、それから色々とYさんへの「いじり」を始めた。 
 
EさんとSさんたちはあくまで祝福しているつもりだったのだろうけど、私はそりゃないだろうって思って知らん顔をしていた。

もちろん新婚のYさんは傷付いてしまい早退してしまった。 
EさんとSさんたちは「ホントのこと言ったら拗ねて帰った!!」なんてYさんを完全にバカにして笑い者にしていた。 
 

しかしYさんがブチギレて覚醒したのはすぐのこと。
主犯格のEさんとSさんを筆頭に、一緒にバカにしていた社員と課長と係長に人事部長まで巻き込んで、名誉毀損に数々の嫌がらせを受けていた証拠を出して来た上に弁護士を立てて、法廷闘争まで持ち込んだ。

結果はEさんとSさんとその一派は退職に追い込まれて賠償命令も降った。
課長と係長は管理不行き届きとして強制降格させられた。

 
私の修羅場は、毎日定時退社だったのに、長年EさんとSさんが担当していた業務を引き継いだのはいいけど1年半以上毎日残業していたこと。
いくら「いじり」とは言え、私はその日以来絶対に人のことはバカにしたり笑ったりしないように気をつけている。
 
 
Yさんはそこの部署の超ベテランになっているのと、子どもはいないけど綺麗で優しい奥様と今でも幸せな家庭を築いている。

 

634:
>>633
障害云々はこの話と関係あるの?

 

638:
>>634
Yさんが身体障害者であると言うことを出さないと、普通のいじる人たちといじられる人の話になってしまうからね。

 

637:
>>634
障害者だからこそ、覚醒してからの大逆襲が可能になった面も
本人達はイジリのつもりでも、外部から見たら障害者への虐待で差別案件だからね

 

640:
>>637
日頃からEさんとSさんはYさんへのいじりを楽しそうにしていたけど、私や他の社員たちは「絶対に障害者への差別発言」と思っていた。 


もうYさんがブチギレて覚醒した時は凄まじかった。
EさんとSさんとその一派と課長と係長にその家族・親族全員へ内容証明を送り付け、連中がYさんへ突っかかって行くも彼は「その件でしたら弁護士を通してください」と顔色も変えずに言い淡々と自分の業務をこなしていたこと。

怒らせてはいけない人ってこういうタイプなんだろうなって真剣に考えさせられた。

 

658:
>>640
家族・親族全員に送った理由がわからん
訴訟相手に送るだけで充分だろ
それに親族の住所はどうやって知ったんだ?

 

663:
>>658
弁護士が調べてEさんとSさん家族やその親族に内容証明送ったんだとか。
後になってYさんが別部首のいじられて辛い思いをしている男性社員にアドバイスしてるのを聞いた。

Yさん「証拠があるなら相手だけじゃなくて親兄弟親戚一同全て巻き込んで徹底的にやること」だそうです。

 

641:
何がやばいって、日頃からそんないじりが行われてて、本人が行動起こすまで咎められない職場のほう
Yさんからしたら全員敵と同じだわ

 

642:
>>641
今考えると、日頃からYさんをいじって笑い者にしてた職場と同僚たちはホントおかしいしヤバい。

Yさんの怒りの鉄槌はマジで見てて鳥肌モノだった。
当時のYさんからしたら職場全員が敵だったに違いない。

 

643:
Yさん「人間は一度自身の口から発した言葉は絶対に無かったことは出来ないのはよくご存知のはずですよね?従って内容証明をお送りさせて頂いた皆様には大人としての責任と社会的制裁は必ず受けて頂きます。よろしいですね?」

そこまではっきりした声で言い切ると、また席に座って淡々と業務をこなしてた姿は未だに印象残ってる。

 

644:
なんかわかんないけど知らん顔してたのに引っかかる
手出しするのはなかなか難しいとは思うけど、見て見ぬ振りしてたなら皆同罪な気がする。
残ったメンツもYさんに信頼されてなさそうでもう一波乱な予感

 

652:
>>644
確かに私はEさんとSさんが怖くて、Yさんがいじられてるのを見て見ぬふりした卑怯者です。

EさんとSさん他の社員たちが退職して行った後だけど、Yさんから訴えられなかったメンツで全員同罪だったと話合った。
見て見ぬふりをして、Yさんがブチギレて覚醒するまで彼を見殺しにしていた私が一番ダメな人間だと言うのはわかってるつもり。

EさんとSさんたちがいなくなってからのYさんは、新婚の幸せオーラ全開でいつも笑顔で穏やかに業務をこなしてた。

 

654:
実際そのばにいてイジリという虐めを止められる人がいるんかね
自分は無理だな
かかわりあいたくないもん

 

659:
>>654
おっしゃる通りです。
私を含む職場のみんなは、EさんとSさんが怖くて止めることも口出しすることも出来なかったし、逆にYさんと関わりを持ちたく無いって人もいたぐらい。

 

656:
強い人だね
自分は職場の腫物扱いの人とその人に逆らえない人たちにいじめられてたけど、反撃なんて思うことも出来なかった。

 

661:
>>656
Yさんは本当に強い人だと思った。
耐え忍ぶところを耐え忍んで突っ込むところは一気に突っ込んで相手の息の根を完全に止める。
私はEさんとSさんに怯えるだけだったから。

 

682:
しつこいけど語ります。

Yさんがブチギレて覚醒したのは結婚と奥様のことをいじられたからだと思う。
それ以前にEさんとSさんの脳内変換が余りにおかし過ぎた。 
 
Yさんは障害者=婚約者も障害者。
障害者同士の結婚=「ままごと婚」
本当に理解が出来ない脳内変換。

更にそれからの発言が信じられなかった。
Eさん「同じ障害者同士なんだからちゃんと助け合って税金泥棒して生きて行きなさい」
Sさん「夫婦で税金泥棒出来て幸せよね」
一派「税金泥棒!!」コール。
Yさん「妻は健常者です」
Eさん「だから!!あんたみたいな障害者と結婚すること自体が障害者なの!!」
Sさん「要するにあんたのお嫁さんは頭が障害者なのよ!!」
一派「キ◯◯イ!!」コール。

課長と係長はYさんをチラ見しながらニヤニヤしてた。
違う同僚が課長と係長に仕事中だからやめさせるように促してもなんにもしなかった。

結局Yさんは傷付いて早退してしまった。
EさんとSさんは周りに「本当のことを言ったら拗ねて帰った。これだから障害者は」って一派とともに彼をバカしてた。
それからYさんが覚醒したのは一瞬だった。

 

690:
法廷闘争とは大げさなと思ったけど、>>682の上腿なら訴訟も降格も納得だわ。
むしろ外部の人権団体とかが入って大事になったりしなかった分だけ、感謝すべき案件。

 

引用元::http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1554377506/



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    だから傍観者の線引きをしろと
    いじめにニヤニヤしてる側の傍観者と助けられなくて申し訳ないと思う傍観者は違うだろ
    止めに入った人がいじめられたら今度は誰が助けるの
    むやみやたらに同罪っていうのはおかしいよ

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事