【衝撃の結果】内定した会社のヨーロッパ研修旅行をサボった父←この行動が運命を分けるとは…

修羅場 0件
no image
499:
父の同期の話。

内定取った会社で将来の幹部候補のみヨーロッパへ研修旅行があったそうだ。だが父は海外嫌いでただ1人サボった。
なんだかなぁ。
その時点でキャリアに傷がつくやん。


しかし、同期たちの乗った飛行機が墜落。
幹部候補の同期は父を除いて全員シ亡。
おかげさまなのか、父は最終的に取締役にまでなった。


将来を期待されてヨーロッパを巡っていた同期達が、座席ごと空中に吸い出されてシを迎えた一方、研修旅行サボってパチンコ打ってた父が順風満帆な人生を送ったというね。

まぁ、父が事故死してたら私自身生まれていなかったから結果オーライ。

 

500:
飛行機は怖いねえ

 

501:
ちょっと気の利いた会社は、幹部候補生なら飛行機の便を分けるんだけどな
現役幹部を多数同じ飛行機に乗せるバカな会社は無いと思うけど、候補生ならそこまで考えないもんなのかな

 

504:
>>501
ありがちなヨーロッパ○○業界視察旅行のツアーだと思う

 

512:
ちなみに事故はこれな。釣りじゃない。

トルコ航空981便墜落事故

父の同期は貨物ドアが吹き飛んだ時に座席ごと吸い出されて畑に墜落したとか。
遺体が残っただけマシだったみたい。

 トルコ航空DC-10パリ墜落事故
トルコ航空DC-10パリ墜落事故 (トルコこうくうDC-10パリついらくじこ、Turkish Airlines Flight 981) は、1974年3月3日にフランスで発生した、トルコ航空(現:ターキッシュ エアラインズ)981便のマクドネル・ダグラス DC-10-10(マクドネル・ダグラス社製、機体記号TC-JAV)が墜落した航空事故である(別名:トルコ航空981便墜落事故)
この事故で乗員12名、乗客334名の合わせて346名全員が犠牲になった。犠牲者のなかには48名の日本人が含まれており、その多くがこの春から就職する内定者(東海銀行16人、トーメン15人、中央信託銀行6人、千代田生命1人)の団体ツアーで、欧州への研修旅行の途中で悲劇に見舞われたものであった。
ja.wikipedia.org/wiki/トルコ航空DC-10パリ墜落事故

 

514:
>>512
メーデーで取り上げられていたなぁ

 

559:
>>512
東海銀行16人、トーメン15人、中央信託銀行6人、千代田生命1人
の中のどれだ?

千代田生命1人は違うだろうが。

 

513:
中央三井信託銀行の人かな?
パン食勤めしてた時、支店長さんの2個上の世代の話として飲み会で聞いた
その日は一部の人が慰霊祭してたし

 

506:
助かってよかったねとは思う、思うんだよ でも
サボって遊んでたりした者が生き残ったのが引っ掛かる

 

507:
サボってたんじゃなくて、シックスセンス的なもので回避したんだと思う
飛行機を1本はやめて航空機事故を回避した明石家さんまみたいに

 

511:
>>507
ファイナルデスティネーション、ってのもある

 

515:
>>507
明石家さんまは別にシックスセンスが働いたわけではない。
その日の朝に限って「俺たちひょうきん族」の収録が早く終わったので一本早い飛行機に変えただけ。

そんで何事もなく大阪に到着して「ヤングタウン」のラジオやってる最中に御巣鷹山の事故の緊急ニュースが入った。

 

517:
>>515
そら子供に生きてるだけで丸儲けって「いまる」って名付けるわな
当時はさんまふざけすぎと思ったけど、日航機事故を免れたことで人生観変わったんだろう

 

引用元::http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1554377506/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事