【閲覧注意】「俺をコロしたンは、お前やろ!」 交通事故に遭い亡くなった男の話

no image
「犯人を探してくれ」
これが、轢き逃げに遭い無残な姿になってしまった「きじまさん」の最期の言葉だった。
遺言を聞いた仲間たちは犯人探しに奔走するが、見つからないまま1年が過ぎ───



きじまさん、という人物が居た。この人物がある日、交通事故に遭ったことからすべては始まる。 


ひき逃げであった。 


きじまさんが当時所属していた関西地方のアクション・チームのリーダーをはじめとするチームのメンバー数人が救急病院に駆けつけた。ちょうど「面会謝絶」の札がドアからはずされるところであった。 
廊下には、きじまさんの両親が居た。母親は泣き崩れるばかりだったが、父親は、息子も喜ぶだろうから会ってやってくれ、と彼らを通してくれた。 


病室に入った彼らが見たのは、前進に包帯を巻かれてベッドによいこたわる、きじまさんの姿だった。包帯は全身をスキマなく覆い、見えるのは片方の目だけだ。 
四肢がなくなっていた。
両腕も両足も、切断されていた。 


それほどの重傷にもかかわらず、しかし点滴や輸血酸素吸入などは行われていなかった。ただ心電図のモニターだけが部屋の隅で規則的な電子音をたてている。 
手遅れなのだ。打つ手がないのである。 


包帯から片方だけのぞいた目が、ぐるりと動いて彼らを見た。低く、包帯にくぐもった声が、ぶつぶつと何かをつぶやいた。 
リーダーは耳を寄せた。何が言いたいんだ、きじま! 
かすれた、吐息だけの言葉だった。 

「俺をこんなにした犯人を、探し出してくれよぉ」 

わかった、と、リーダーは答えた。。必ず犯人を捜し出して、敵を討ってやる! 
直後、心電図の波形が平坦になった。 



彼らは犯人探しに、奔走した。だが、所詮は素人である。結局、一年が過ぎた。 
彼らが犯人を捕らえることはなかった。 



きじまさんの一周忌がきた。
病院で彼の最後を看取った面々が、墓前に集まった。申し合わせたわけではないが、全員が、約束を果たせなかった事をわびる為にきていたのだ。 
彼らは墓前に手を合わせ、自分たちの非力を喰い、詫びた。誰もが無念の思いを抱え、すまん、許してくれ、成仏してくれと、祈った。 


ぼそぼそと、呟く声が聞こえる。 
背後からである。 
振り返った。 
そして彼らは見た。 
背後の墓石の前に、きじまさんが座っていた。 
腕も足もなく、全身に巻かれた包帯から片方の目だけをのぞかせた、あのすがたで。 


唸るように、それは言った。 

「俺をコロしたンは、お前やろ!」 

大の男達が、一斉に悲鳴を上げた。口々に叫び、わめいた。 
違う!俺らと違う! 
きじまさんは、現れたときと同じ唐突さで、すうっと姿を消した。 


誰にも言うな、とリーダーは言った。 
この出来事は誰のも言うな。俺たちの胸のなかだけにしまっておくんだ。 



それから数年がすぎた、ある夏のこと。あの日墓地できじまさんを目撃したメンバーの中の一人が、親しい友人達と旅行にでかけた。 
そして何日目かの夜、誰からともなく怪談話が始まったという。 
そこで彼は、話してしまった。きじまさんの幽霊のことを。友人達は、震え上がって喜んだ。 


ところが、である。帰宅してから数日後、彼のもとに旅行に参加した友人の一人から電話がかかってきた。 
友人は、電話の向こうから震える声で、半狂乱になりながら訴えた。 

「きじまさんを見た」 

自宅で入浴中、洗髪している背後で声がする。ぼそぼそと呟いている。振り返ると、そこに居た。浴室の床に座って、唸るように言ったという。 

「俺をコロしたンは、お前やろ!」 

気のせいだ、と。彼は友人に言った。無関係なんだから見るはずがない。恐いと思うから何かを錯覚したんだよ。 


しかし、その電話を切った数分後、別の友人から電話がかかってきた。きじまさんを見た、と。 
自宅マンションのエレベーターに一人で乗っていて、ぼそぼそと呟く声を聞いた。振り返っても当然、誰も居ない。だが視線をさえると、そこに居たのだ。 
獅子のない全身を包帯で覆われ、片方の目だけで下から、じろり、と睨みつけて、きじまさんは言った。 

「俺をコロしたンは、お前やろ!」 



きじまさんが犯人をさがしている、誰もがそう思った。話を聞いた人は、幽霊を目撃し、詰問される。俺をコロしたのはお前か、と。 
目撃者は、自分の怪奇な体験を誰かに語らずには居られない。語られた方も同様に、きじまさんを目撃し、やはり詰問を受けるのだ。 


恐るべき伝言ゲームである。しかも、ねずみ算式に拡大してゆくのだ。きじまさんはそうやって、いつかこの怪談が自分を轢きコロした犯人に届くのを待っているのだ。 
それが、事情を知るもの達の一致した考えだった。 



私がその関西のアクション・チームに入って初めての合宿で、先輩から聞かされたのはここまでだった。 
最後に先輩は、こう締めくくった。 
この話を聞いたら、数日のうちに、きじまさんをみるかも知れない。お前か、と聞かれたら、違う、と答えろ。それから、自分の体験を、誰かに話せ。きじまさんが犯人にたどり着けるように… 



それから数年がたつが、私自身はきじまさんを見ていない。だが先輩に言われたとおり、何度かこの怪談を語ったことがある。 
正確な人数はわからないが、この怪談を語った後に何人もの人間から、見た、という報告を受けた。 
その人達の体験内容は、すべて同じだ。 
呟く声・包帯に覆われた腕も足もない姿・片方だけの目で睨まれ、そして問われるのだ。 

俺をコロしたのはお前か、と。 

中には自分の体験を知人に話したものも居る。そしてさらに、見た、という報告を受けた者さえ居るのだ。 
私のように、聞いても見ない者が居るのは確かだ。だが決して高い確率ではないにせよ、 
この怪談が伝染するのも、間違いなく事実なのである。 



さて、私がチームを脱退して数年がたった頃、チームの仲間達との飲み会が行われた。その場には、この怪談を聞かせてくれた先輩も来ていた。 
昔の友人達と楽しく話した後、その先輩とも話し、思い出話に盛り上がった。 


そして私は、チームでの忘れられない思い出として、この「きじまさんの話」を話題にしたのだ。アレは恐かったですよ、と。 
先輩はそれをきいて、笑った。大笑いした。そして、信じられない言葉を口にした。 

「なんや、あの話をまだ信じとったんか。あれなぁ、実話とちゃうねんで」 

先輩の話によると、きじまさんの話は、新人メンバーを怖がらせるための創作怪談だった、というのである。きじまさんなどという人物は、存在しなかったのである。 

「きじまさんの話」は作り話だったのである。 

だが、その事実を知ったとき、私は怪談を聞いた時以上の恐怖を覚えた。私にとってこの怪談が、最も恐るべき怪談となった瞬間なのである。 



私自身、きじまさんの正体が「枯れ尾花」ではないかと思ったりもした。 
そこで私は、「きじまさんの話」に、出来心から、あるいたずらをしかけたのだった。きじまさんの姿を説明するときに、肝心な情報を意図的に欠落させたのである。 

「両腕両足がなく、全身が包帯で覆われていており片目だけが露出している」 

つまり、露出している片目は、左右どちらの目であるかは、告げられていないのである。 
目撃が誤認や錯覚である場合、偶然に正解と一致する確率は五分五分である。 
これで約半数は狂言であると見分けられるわけである。 


ところが先輩は、この怪談が創作であると言う。きじまさんの幽霊など存在しないのだ。つまりすべての目撃談が誤認か錯覚ということになる。
ならば、それぞれの証言は、だいたいであるにしろ、約五十パーセントの確率で食い違っていなければならないのだ。 


しかし。 
私に対して来た証言は、一見の例外もなく一致していたのである。「左目」に睨まれた、と。 


きじまさんは存在しない。 
この怪談に登場するのは、架空の人物、架空の事故、架空の犯人、そして架空の幽霊、である。 
では目撃者達は、いったい何を見たのか 
きじまさんは誰の元へむかっているのだろうか 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事