【不気味】「今日は絶対に北枕で寝るな」という母の忠告は正しかった…

不気味 1件
ベッドが壊れたため、布団で睡眠をとるようになって三日目、投稿主は母親から不気味な忠告を受ける。
北枕は縁起が悪く不吉と言われるが、その理由は「こういう事」なのかもしれない───



中二の時、ベッドが壊れて一週間だけ布団で寝ることになった。 


三日ぐらいたった日、母に「今日ね、絶対北枕で寝ないでよ」って言われた。 
その日だけってのが気になったし俺もできればそうしたかったんだけど、寝る前に充電つなぎながら長時間携帯見るってのが習慣っていうか楽しみになってて、コンセントの近くじゃないと寝られなかった。


そのために家具の配置上どうしても北枕にしないといけなくて、母の忠告は気になったけど 携帯>怖さだった俺は北枕で寝ることにした。 
配置的には部屋の真ん中らへん。


そこに仰向けになって寝てたんだけど、明け方(三時くらい)急に首に圧迫感を感じて起きた。だけど体は動かないわ、部屋は暗いわで何が起きてるかわからない。
息ができなくなって、やばい、死ぬって思った時だった。威嚇する猫の声がした。多分、飼ってる黒猫の声。その時首の圧迫感が消えた。 


その後「あんたらも間違えるときはある、気をつけて」という男性の声が聞こえた後、動けるようになった。電気つけると黒猫が元気よくすり寄ってきて、めちゃくちゃ安心したのを覚えてる。 


それから5日くらい経った日、出かけるときに喪服の行列を見かけた。友人曰く近所の男性が自殺したとのことだった。 


最近知った話なんだけど、ご遺体を寝かせるときは北に頭を向けて、仰向けで寝かせるらしい。だからあの日、俺は何かに死んだ人間と間違われたのかもしれない。 
あれが現実だったのかは置いといて、俺はそれまで死んだら消えるだけって思ってたんだけど実際はどうなんだろう。 


それから俺が一番気になってることがある。 
なんで母はその日だけ北枕にするなって言ったんだろう。 


長いし怖くなくてごめん、ちなみにあれから俺は北枕で寝ないようにしてます。



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    さすが黒っこさん
    あと延長コードを使えよmuーno

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事