【修羅場】大学時代の仲間からホームパーティーにお呼ばれ→楽しみを胸に玄関に入ると…ジゴクが始まった

修羅場 0件
no image
576:
私だけが修羅場だった話


自分は子供が苦手なアラサー女
高校時代は子供が苦手だと気付かないまま、子供が関係してくる学部に進学して、在学時に壊滅的に無理と痛感させられる
今は不妊の旦那と平和に暮らしてる


先日、大学時代の先輩後輩でホームパーティーをするとのお呼ばれがあり、数人で車に乗り合わせて先輩のお宅へお邪魔した
楽しみを胸に玄関にお邪魔した瞬間、帰りたくなった
室内では乳児から未就学児までの子供たちが楽しそうにはしゃいでいたからだ

私は自分のバカさを呪った
この年代でのホームパーティーならば、子供がいると予想されて当たり前ではないか、と

 
途中で帰ろうにも、ド田舎で交通機関はなく、車は乗りあわせなので足がない
残念ながらタクシーを使うという発想は出てこなかった 
 
そのパーティーはホットケーキとたこ焼きの会だったので、私は必死で焼き役を死守した
笑顔で欲しい数を聞いて「どうぞ」と渡し、「ありがとう」と無邪気な笑顔がかえされる
微笑ましい光景だが、私にとっては地獄でしかない
子供に罪はなく、一方的に苦手な私だけが悪いのだ

参加者全員のお腹が満たされた頃、更なる地獄がやって来た
私は焼き役放免となり、子供と遊ぶ輪に入らなければならなかった

 

577:
「お疲れさま。途中交代してくれても良かったのよ」と、主催の先輩が優しく労ってくれた
大人たちは子供と遊びながら、和やかに会話を交わしている

そこから先はあまり記憶がない
部屋の隅にへたりこみながら4才くらいの女の子と積み木遊びをした記憶と、先輩後輩と美容室の話をしたことをぼんやり覚えている
ひたすら耐えろと己を叱咤して、果てしなく長く感じられる時間を過ごした
空気を壊してはいないか、それがとても心配だった


帰宅してから倒れるように寝込み、熱を測ってみたら37.5℃だった
ストレスで発熱するなんてはじめてだった
「大人だけのパーティーじゃなかったの?」と心配してくれた旦那に、
「ホームパーティーで子供のいる人が多かったから暗黙の了解だったんだと思う。会自体はとても良さそうだったよ」と答えて、泥のように寝た


在学中はみんな仲が良く、集まれる人で集まるといったふんわりとした会でした
これからは出席者の確認を必ずする、と当たり前のことを心に決めた一日でした

 

582:
>>576
おつ
自分も生理的に子供嫌いだから本当によくわかる
自己主張して場を壊すつもりなんてないから、子供ありのパーティなんて大丈夫な人達だけでやってくれていいって思う

 

578:
>>577
お、、、おつ
なんつーか、ぶっちゃけ誰も悪くないと思うんだけど、まあ貴方のような人もいるってことで

 

579:
子供のキンキン声が嫌とか、そういう部分的な事でなくNGなのかな。
はしゃぐ大人と思ってやり過ごせない何かがあるのね。
子供=かわいい!善!
とも思わないけどどこが決定的にダメなのか知りたい。不思議だ。

何はともあれお疲れ様でした。

 

583:
子供嫌いだったけど、40手前の歳になってから姪っ子ができてからあんまり気にならなくなった

子供なんてペットの犬猫相手するのとかわらんようなもんだと思ってるけど、他人の子供だとまた別なもんかも

 

585:
子供は好きだが自分の子供を人に面倒見させる親は嫌い(保育園など除く)
職場の家族参加型のバーベキューで子供をこっちに押し付けてる親なんなん
そどもは可愛いが私も普通に大人と飲みたい
 
世話やいたり面倒見る程は他人の子供は好きでない

 


引用元::http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1546307828/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事