超ヒステリーで教育ママの毒母が修羅場を経て良くなった。悪い結果ばかりじゃないんだね…

修羅場 0件
no image
366:
私の母親が毒親だったんだけど、修羅場を経て良くなったから書かせてほしい。


母は超がつくヒステリーで教育ママだった。
私たちに勉強を教えてるときに、ちょっとでもわからないことがあると、「なんでこんなこともわからないの!!」とブチキレてた。
物が飛んできたこともよくあった。
私たちの予定は常にパンパンで、習い事を9つやっていた。
父と母は私たちの教育方針や、意見の相違でことあるごとに喧嘩。

母のヒステリーの矛先は、主に妹と父親。
のんびりした性格の妹は一挙手一投足で怒られ、父は母のいうことを聞かないので常に喧嘩を売られていた。

 

367:
妹と私が成長するにつれ、怒られることは減ったけれど、母は常にイライラしててちょっとした瞬間に切れてた。
そのころには夫婦間の喧嘩もなくなったのだけど、それは仲が良くなったわけじゃなくて、お互いに口もきかない冷戦になっただけだった。

そのうち母は食事も掃除も洗濯も何も父のことをやらなくなった。
父も父で、外食とコインランドリーで済ませてしまう。
母は家事をボイコットすることで、父に言うことを聞いてほしかったみたいだけど、父は多分そんな母にうんざりしてたんだと思う。

 

368:
それが3年くらい続いた後、父親が離婚したいと言い出した。
母は大焦りで、私も悪かったけど(あんただって悪いじゃない)と、母なりに謝る言葉をかけていた。
でも、謝罪はもう手遅れで、父には浮気相手がいた。
「お前(母のこと)は何を言っても聞かない。なら、自分一人の力で生きていけばいい。」
「こんなみじめな生活は耐えられない。」

母は全財産よこせとか無理難題を言って離婚しないように必死だったけど、2年後くらいにとうとう離婚。離婚してしばらく母は情緒不安定で会話もままならないくらいだった。

そんな母をおばあちゃんが支えてくれた。

 

369:
おばあちゃんは母に代わって家事をやってくれて、時に母にお説教したり、活をいれたりしてた。母に付き添って病院に行ったりしてたみたい。

> 段々と母親は昔みたいに常にイライラしなくなりよく笑うようになった。いつもありがとうという言葉も聞かれるようになった。
昔のことに対してあのときはごめんねと謝ってきたり、十何年ぶりにパートにでた。
今はほとんど普通の人だと思う。

おばあちゃんが言うには、母は子供の頃からすごい癇癪持ちで親も直せなかったから、大人になってようやく治ってほっとしてるとか。

 

370:
浮気して出てった父は早々に再婚して子供もいるらしい。
正直苦々しく思うけど、養育費も学費もきちんと支払ってくれたから、そのことには感謝してる。
結果的に離婚して家族の結束が強まったし、母も落ち着いたし、悪いことばかりじゃなかったなと思う。
長々書いちゃったし、オチもないけどこれでおしまいです。

 

371:
>正直苦々しく思うけど、

まあお父さんにも幸せを追求する権利はあるからね…
そのまま離婚しない状態より、おそらく良い結果になってよかったと思う
お疲れ様

 

372:
>>371
そうですね。一時期は父を随分恨みましたが、別に父に幸せになってほしくないわけでもないんです。
歳をとってようやく、親にも親の人生があるとわかりましたし。

父親は好きな人ができたという意味で浮気はしましたけど、家庭生活と平行して、こそこそ不倫していたわけではなく、母と決着をつけてから交際しています。
変なところ真面目な人だったので、離婚はけじめだったのだと思います。

でもやっぱり微妙な気持ちですけどね・・・

 

373:
>でもやっぱり微妙な気持ちですけどね・・・

それは仕方ないかと
“お父さん”だからね、自分と親子として幸せってわけじゃなければ誰だって微妙に感じると思うよ
あなた凄いね
感情の部分と理性の部分をきちんと把握してるんだ

 


引用元::https://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/live/1396871892/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事