お婆さんが孤独死した家から未開封の「三段ボックス」を持ち帰った結果…

不気味 1件
no image
402:
つい最近まで建設系で働いていたが、そこで仲が良かった同僚から聞いた話。


去年そいつが家財搬出処分でとある現場へいったところ、婆さんが孤独死した家だった。
これが、いわゆるゴミ屋敷だったそうで、なんつーか玉石混交状態。
未使用の組み立て家具だの着物だのがゴミに埋もれてたそうだ。

基本処分なので、捨てるくらいならと未開封の三段ボックスを持って帰ったところ、変な物音や照明の点滅だのが起きるようになった。

まぁそれくらいならとのんきに構えていた同僚だが、雑居ビルの内装撤去でEVを使おうとしたところ、下行きのボタンを押したにもかかわらずEVは上へ上がったそうだ。

 

403:
先に上階で呼び出しボタンが押されてたんだろうと思ってた同僚だが、到着したのは誰もいない屋上。
さすがにビビって三段ボックスを返しに行ったところ物音も点滅も止まったんだとか。

それ以来、少しだけ幽霊の存在を信じるようになったと言ってた。

 

406:
>>403
その三段ボックス
いったい何処に返しに行ったんでしょう?

 

408:
>>406
家屋自体は手つかずなので多分その家。
当人に今度会ったらそれとなく聞いてみるわ。

 


引用元::http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1531051499/



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    死んでもなお物に執着する理由は何だろう。有効利用してほしいと思わないのかな。

コメントする

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事