【長野県】山登り中に霧発生。突然叔母が倒れて「なんかいる!ぶつかってきた!」→次の瞬間…

不気味 0件
この恐怖体験以後、投稿主の叔母は山に入る事を辞めたという。
山登りを楽しんでいた投稿主と叔母を突如包む霧。そして、その中にいたモノとは───



2018/7/27
 長文投下ごめんね。この季節になると思い出す、私の唯一不思議な体験。幽霊とか怖いとかって感じでもないんだけどね…… 


 もう十何年も前、長野県M本市から近い某ヶ原高原での話。 
 当時の叔母はハイキングや本格的な山登りが趣味の人で、私はその日も近隣の山を登り、某ヶ原へと抜けるコースを付き合わされていた。 


 入山して歩くこと数時間。美しい景色や見たことのない鳥、私の天敵である山蛭・・・・・・。一々大騒ぎする私を連れて叔母は順調に山道を進んでいたが、途中で山道をすれ違った夫婦から「この先は霧が酷い」と助言を受け、私たちは近くの沢で休憩を兼ねて食事をとることにした。
 水辺は涼しく、座るにも丁度良い大きさの岩も転がっており、一度座るとなかなか歩き出すことができない・・・・・・ 
 食事を広げて他愛の無い話を叔母としていると、噂の霧が山頂の方から下りてきた。 


 あっという間に周りは霧に飲まれ、まるで雲の中のようだとテンションがあがる私と対照的に叔母が難しい顔で下山を検討し始めたその時、突然叔母が私に「ん?なに?」と聞いた後、「うわっ!何?なに!?」と突然沢に向かって倒れこんだ。
 私は「何してんだこの人?」とゲラゲラ笑ったが、叔母は大真面目な表情で

「なんかいる!猪!?」 
「ぶつかってきた!」

 とびしょ濡れで大騒ぎの叔母。 


 叔母を立たせる為に手を差し出そうと私が立ち上がると背後から突然舌足らずで幼い声が聞こえた。 

「さんかいいくよ」 

どんっ と突き飛ばされた!うわっと踏ん張る私。 

どんっ と更に押される!堪らずつんのめる私。 

どんっ とダメ押しされる……とうとう私も沢に倒れこみ呆然。


 叔母共々ずぶ濡れ。「ね?」と謎の同意を求める叔母。 
「子供の声がした」と私が叔母に訴えると「あんたじゃなかったんだアレ」と叔母。 
 二人して沢から上がると程なくして霧も晴れた。石の上の食べかけのおにぎりが消えていた。 


 その後「風邪ひくし今日の山は良くない」と下山。私の知る限り、叔母は2度と山に入らなくなったとさ。


 とまぁ、これだけの話なんだけど洒落怖ってわけでもないのでこちらに投下させていただきました。 



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事