【毒母】子供の頃から親に「産んだことを後悔するレベルの不細工」と言われて育った

no image
302: 2014/12/3
子供の頃から親に、産んだことを後悔するレベルの不細工と言われて育った。
歯を見せて笑うな、見た人が不愉快になるからとも言われた。

子供なんて親の言うことは頭から信じちゃうものだから、私も実の親でさえ気持ち悪いと思うほどのブスなんだと思いこんで育ち、高校生の時にとうとう、周りの人間全てが私を見て笑ってる、馬鹿にしてる、気持ち悪がっているという妄想に取り憑かれ、電車にも乗れず学校にも通えなくなった。

 
最初親は、お前は本気で頭がおかしくなった、精神病院に連れて行くと言った。
私もその状態が苦しかったので、そうしてほしいと頼んだ。
けれど親は手のひらを返し、そんなに病人になりたいのか、ただ単にサボりたいだけだろう怠け者のぐずのろまと罵った。

結局そのまま八年間引きこもり。
親の、○ちゃんは大学へ行った、×ちゃんは就職した、△ちゃんは結婚して子供も産まれたという話を、焦りと虚しさの入り交じった気持ちで聞いた。

 
そしてある日とうとう思い立った。

そうだ、整形しよう。

いや正確にはもっと前から考えてはいたんだけど、相談する度親に親からもらった大事な体に傷をつけるのか、健康で五体満足なのにわざわざメスを入れるのかと言われて諦めてたんだよね。
だけどある時ふっと、親でさえキメェキメェ不細工不細工言う体を大事にする意味あんの?と思った。

バイトを初めても長続きはしなかった。
すぐに嫌われてる、気持ち悪がられてる、嘲笑されてるって思いこんじゃうから。それでも三年かけて二十万円貯めて、それを握りしめて病院に行った。
いきなり全部は無理だから、取りかかりは目元から。最初は切開してもらうつもりだったけど、カウンセリングの結果埋没で充分だと思うと言われ、それでお願いした。
その日のうちに部分麻酔してちょちょいのちょいと縫って終了。

ここまでが私の人生の修羅場。


持っていってた色の薄いサングラスをかけて外に出た時、世界中がものすごく明るく見えた。なんというか、輝いてる感じ。自分も変わったんだと自信が持てた。
次に始めたバイトは長く続いた。
相手の目を見て話せる、明るく元気におはようございますが言えるだけで、こんなに人間関係って変わるんだとびっくりした。
整形費用の残りで美容室に行き、服を買い、メイクアップの本を買って薬局で道具を揃え、人並みに着飾れるようになる頃には、あれ?私ってもしかして見るだけで不愉快になるほどのキモブスじゃないんじゃね?と思えるようになっていた。

改めて貯金しなおして、憧れだった高校生活をやり直した。つっても夜間だったけど。齢三十にして女子高生。恥ずかしかったが楽しかった。
更にお金を貯めて専門学校行って、正社員で就職。
 
結局整形は一回だけしかやらなかった。
親は最初、親不孝者のガイキチって罵ってたけど、人から私が褒められることが多くなると、またしても手のひら返して自慢の娘なんですよー(ハァト)と連れ回そうとするようになった。

今も年末年始は帰ってこいとお達しがあった。帰らないけどね。
葬式にくらいは出るかな?分からない。出ないかも。

 

303:
うん、出ないでいいね
でも出てスッキリするなら出てもいい
義務感からだったり嫌な思いさせる人がまだいるなら絶対出ない方がいい

 

305:
素晴らしい。人生を取り戻したんだね

 

304:
あれ?>>302の話って数ヶ月前にも無かった?
どこの板でどのスレッドか忘れたけど

 

306:
>>304
生活の方で似たようなのはあったな
整形はしなくて、実は美人だったって話だったかと

 

309:
これのことかなと

515:平成26年 11/17

叩かれ覚悟で書くけど、私が「不細工じゃなかったこと」が衝撃。


うちの母は毒気味で、よく私の容姿をバカにした。
キツい暴言を吐くわけじゃないけど、「私子は子豚みたいな体系なんだから」とか、「(身体検査で身長が伸びたことについて)足が伸びたんじゃなくて胴が伸びたんだよね」とか。
顔については「顎が無さすぎておかしな顔」とか「覇気がない」とか「魚が死んだような目してる」とか。思春期になってニキビが沢山できると「肉ばっかり食べてるから」と言われた。
でも我が家の食卓は和食中心で、肉はあまり出てないから食べてないし、お小遣いも少なかったから買い食いもしてない。ニキビは明らかにホルモンのせいだった。

あと私は家系的に剛毛なんだけど、無駄毛を剃るのを禁止されてた。
「アトピーなんだから無駄毛なんか剃ったら毛穴から血が吹き出るよ」と、中学入学時くらいから言われ続けるようになった。


そんなこんなで母からは呪文のように体系と顔のことでチクチク言われていたんだけど、高校の時に何故だか無理矢理化粧をさせられた。
その結果、出来上がったのはどう見ても時代遅れな化粧。
顔は真っ白に塗られて、眉毛は凛々しく書き足されて、真っ赤な口紅を塗られた。チークやマスカラはなし。
当時、私は化粧の仕方なんてわからなかったので、「化粧してもこんなに不細工なんだ」と思うようになった。


でも都会の短大に進学した時に、明らかに自分一人スッピンなのは恥ずかしくなって、少しづつ化粧を覚えた。そして無駄毛も剃るようになった(血は噴き出さず)

するとある時から「ハーフですか?」と聞かれるようになった。
私はもともと目鼻立ちがしっかりしていて、はっきりとした二重だったので、少し化粧をするだけでハーフのような顔立ちになった。(体系は相変わらずチビだったけど)

そして実家に帰った時に、ふと子供の頃の写真を見てみた。すると、自分で言うのもなんだけど、凄く可愛い女の子だった。色白で頬と唇はほんのり赤くて、本当にハーフのような顔立ちだった。


その頃からどんどん自分に自信が持てるようになって、子豚のような体系と言われ続けていたせいもあって履けなかったスカートも履くようになった。
だからと言って、凄くモテたわけじゃないけど、人並みに恋愛は出来るようになった。

そして昨年結婚できた。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1412857806/515

 

310:
ああ、似たような経験した人が他にも居たって事なんだな
毒親の元に産まれると辛い事多いよなあ…
母親が死んでも帰省しなくて良いよ、寧ろすっぱり縁を切ってしまえ

 


引用元::http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/live/1396871892/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事