先輩が「出ていけ」と繰り返し言ってくる女幽霊と同棲→ある日、ソイツは天井を見ていて…ここからが怖かった

恐怖 0件
no image
1:
これは高校の時にお世話になった先輩から聞いた話なんやけど、その先輩は大学に入ってから一人暮らしを始めたらしんや。

 

2:
んで、最初は結構いいとこ借りて住んどったらしいんやけど色々ゴタゴタがあって引っ越すことにした。
次に借りた部屋なんやけど、結構ボロボロなんやと。

 

6:
風呂は付いてないし、日当たりも悪い。天井にはネズミかなんかがおるせいで物音がする。しかも近くに街灯もあんまないから夜になったら外は真っ暗なんやて。

 

7:
まぁ先輩自体は研究?とか外で遊ぶのでほとんど家におらんから気にしてなかったらしいんやけどな。

 

9:
そんでそんな感じで過ごしてたある日、先輩が夜何となく外を見たらしいんやが、窓の外に女が立っとったらしい。

先輩の部屋は2階やし、そもそも部屋の電気も消しとった時やからその女の姿がはっきり見えてる時点で先輩はあ、これ幽霊やなって確信したんやと。

 

12:
んで次の日に不動産屋と大家にその事を話したらしいんやけど、別に部屋自体は曰く付きでもなんでもないし、初めてそんな相談が来てびっくりしとったらしい。

 

13:
普通やったらそこで引っ越すなりお祓いするなりすればええんやが先輩も変な人で、曰く、そんなんしたら幽霊に負けた気がするけせんとか言って放置しとったらしい。

 

14:
んである程度その状況に慣れてきたときに、先輩は幽霊をじっくり観察したらしいんや。
ビジュアルはまあ幽霊を絵にかいたような感じで、ずっとなんかを繰り返し呟きようらしい。

 

15:
んでしばらくしてなんて言いようかわかった。
「でていけでていけ」ってずっと繰り返して言いようらしい。
まぁようおるような幽霊やな。

 

16:
んで、それに対して先輩は「なんで俺が出ていかなあかんのや」みたいな感じで逆にムキになったらしい。
アホみたいやなぁってその話聞いた時は思ったわ。

 

17:
んでまたある日、先輩のしてた研究が夜通しあったらしくて、帰ったのが昼頃になったことがあった。
んで夏頃やから暑い暑い。仕方ないから窓を開けっ放しにして寝とったんや。

 

19:
そしたら、気づいたら深夜に入っとった。そんで起きた瞬間、目を開ける前からきづいたんだと。
 
幽霊が自分の上におるって。

 

21:
「でていけでていけでていけ」
 
今度は声が明瞭に聞き取れた。
んで、ずっと目を瞑っとくわけにもいかんから勇気をだして開けたら、案の定幽霊は寝とる先輩の上に立っとるわけよ。

 

22:
でも変なことに幽霊は先輩の方を見ないでずっと天井の方を見よったらしい。
幽霊はずっと「でていけでていけ」って言いよる。

 

23:
そしたら、天井のほうがいきなりガタガタってなんかが暴れ回りだしたんや。んでその天井にいる何かが押入れに落ちた。(押入れと天井が繋がっとる構造やったらしい)

 

24:
そしたら幽霊はスゥーとおらんくなった。んで、いみがわからんくなった先輩は意を決して押入れの中を見たんや。
 
そんなかにおったのは、今度は泡を吹いて気絶しとる人間の女やった。

 

27:
実は先輩が引っ越したのはその女からのストーカー被害が原因やったんや。
でもどうやってかは知らんけどそのストーカー女は先輩の部屋を探り当ててずっと天井で生活しよったらしい。

 

29:
その後すぐ先輩は警察を呼んで女は無事逮捕されたんやけど、天井裏を見たら色んなものが散乱しとって明らかに長期的に生活した跡があって、凶器らしきものもあった。

 

30:
そんなことがあって先輩は幽霊に対して好感情を抱くようになった。自分を守ってくれたあの幽霊は守護霊かもしれん、ってな。
だから今ではその窓にお供え物とかして、幽霊に感謝の気持ちを表しとるらしい。
 
ここまでが先輩から聞いた話。

 

31:
これからは先輩の家族さんから聞いた話や。

 

33:
その話をした一週間後、先輩は亡くなってしまったんや。原因は部屋の中で窒息死。何者かが首を強く絞めた跡があるらしいから他殺って思われてたんやがその後からは指紋もなんもでらんかった。

 

35:
ドアの鍵はしまっとるし窓が開いとったから窓しか侵入経路がないんやけど、2階やし、地面にも足跡とかなんもないんや。
 
結局、警察は変死として片付けておわったらしい。

 

38:
んで、これは俺の個人的な推察でしかないんやけど、あの幽霊は守護霊なんかやなかったんやいかなって。
ストーカー女を追い出したのも獲物に害をなそうとしよったから排除しただけで、最初から先輩を狙っとっただけやないんやろうか。

 

40:
まぁこれで話は終わりや

 

42:
ちなみに去年の話やで

 

41:
なんてこった…

 

43:
ヒエッ

 

44:
ちな、幽霊が上に立ってた時パンツ何色やったんやろ
tバックなら嬉しい

 

46:
>>44
ふざけて聞いてみたけどそんときは金縛りにあっとるみたいに動けんやったから確認できんやったらしい

 

51:
先輩曰くおばさんやったらしい
それでも見たいんか?

 

53:
>>51
いいです…

 

50:
おもしろかったで
幽霊いいやつかと思ったら…っていうパターンの話は怖いな
4ねばよかったのにとか

 

52:
>>50
ありがとうやで

 

60:
普通に頭の回るそのマヂキチ女が先輩殺してそう
それでも怖い

 

68:
>>60
逮捕されて今はムショにおるわ

 

56:
よくストーカーが実は家の中にいた話ってあるやん?
あれ都市伝説とかやなくて年間で何件か起きてる事件らしいで

 

57:
>>56
家に出入りできるなら割とありそう

 

59:
>>57
空き巣やストーカーが家に1番入りやすいタイミングって分かるか?

 

66:
>>59
寝てる時

 

74:
>>66
ちゃうで
ゴミ出しの時や
空き巣やストーカーが1番多くなるタイミングは確実に決まった月日のほぼ決まった時間
最も鍵をかけないタイミングと言えばごみ捨てのほんまにわずかな時間なんよ

 

61:
>>56
ストーカーやなくても屋根裏に不法滞在しとるホームレスとかもめっちゃおるらしいな

 

72:
単純に鍵がかかってない状況だから入りやすいとか?

 

75:
>>72
夏場は窓空きっぱが多いから入りやすいとか聞いたわ

 

79:
家から出てごみ捨てする位の時間やと鍵かけない人はそれなりにおるからな
何より観察してれば分かる
あいつはゴミ出し程度なら鍵かけないな…って

 

80:
まぁ鍵がかかってない+家の主が完全にいなくなる状況ってゴミ出しぐらいか

 

81:
>>80
せやねん
用心が最も薄れるタイミングらしいからな

 

82:
>>81
ちょっとぐらいええやろの精神はあかんってことやな

 

88:
好奇心は猫をも殺すってのはほんまやね
まぁこの先輩の場合好奇心なのか無神経なのかわからんが

 

91:
>>88
平気で知らんヤンキーに絡むくらいヤバい人やったからなぁ
面白かったからワイら後輩には人気やったんやけどな

 

131:
>>91
そんな肝が座ってんなら霊も撃退というか恐れないから効果なさそうなのに

 

132:
>>131
招き入れたのがだめやったんやろな

 

83:
他なんかないの?

 

86:
>>83
創作やったら1つあるで
出来は自信ないけど

 

89:
>>86
読みたい

 

93:
これは私がつい最近体験した怖い話です。
 
その日は仕事が手こずり、かなり遅い時間に帰ることになってしまいました。いつも利用しているバスもほとんど乗客がいませんでした。

 

96:
女子高校生が2人一番後ろの席に座っているだけです。こんな時間に変だなと思いましたが、まぁ塾か部活かで遅くなったんだろうと自分で納得しました。
 
私はその子達の前の席に座りました

 

97:
彼女達がとても楽しそうに会話していたのでその内容が気になったからです。
私の仕事は若い子に向けた雑誌のライターだったので、若い子の話を聞くためによくそういうことをしていたのです。

 

98:
そうやって、若い子達の話を聞く時は決まってイヤホンなどを付けて会話を聞いてないように振舞っていました。
彼女たちの会話の内容は学校の話が大部分を占めていました。

 

99:
学校の面白い友達、イケメンな男子、意地悪な先生の悪口、まぁ一般的な女の子の会話でした。
しかし、段々会話の内容がおかしな方向を向きだしました。

 

100:
さっきまで明るい話ばかりだったのが段々と暗い話に変わっていったのです。具体的に言うと、今日言われた悪口、された意地悪(かなりひどいものばかりでした)のことなどをお互いに言い合いだしたのです。

 

101:
さっきまで明るい口調だったのも、暗く沈んだ感じになっていきました。
 
私はだんだんその子達が不気味に感じてきました。しかし、その子達の話だけは嫌でも耳に入ってきます。

 

102:
私はとうとう聞くのが嫌になりイヤホンを付けているスマホで音楽を流しだしました。しかし、彼女たちの話し声は変わらずに聞こえてくるのです。どれだけ音量を上げても変わらずに。

 

104:
私はとうとう耐えられなくなり、運転手さんに「ここで止めてください!」と半泣きになりながら頼むと、運転手さんはものすごく困っていましたが酷く取り乱している私を見て、特別にすぐに降ろしてもらえました。

 

105:
私はものすごく救われた気持ちになりました。
 
しかし、それも運転手さんの一言で絶望に変わりました。

 

107:
「今回は特別ですからね。他にお客さんがいないからできたことですよ?」

 

109:
私はその言葉を聞くと運転手さんにお札(何円のかは覚えていません)を出すとすぐにそのバスから逃げ出しました。
その日は近場のホテルに泊まることにしました。

 

110:
ホテルに逃げるように入り受付でチェックインをしていると、また私の背後から話し声が聞こえてきました。
あの女の子達のものでした。

 

111:
私はチェックインをすぐにすませると、部屋の鍵を従業員からひったくるように取るとすぐに部屋に逃げ込みました。私は恐怖からスーツのままベットの上で布団を覆いかぶさり、震えていました。
 
彼女たちの声が聞こえます。

 

112:
「死にたい」
「いじめないで」
「助けて」

 

113:
彼女たちは私のいるベットを挟んで話しているようで、左右から彼女たちの声が聞こえてきました。
 
その夜はずっとそのような状況が続き、結局一睡もできないまま朝を迎えました。

 

114:
朝になると彼女たちはいつの間にかいなくなっていました。
 
私はホテルから出て家に帰り、その日は仕事を休みました。その日は一日中はいつ彼女たちが私の前に現れるかとビクビクしていました。
結局彼女たちはあれから私の前には現れていません。

 

115:
この出来事から私の通勤手段は新しく買った車になりました。あのバスに乗ることは殆どなくなりました。仮にバスに乗ったとしても私はイヤホンで音楽を聴くことにしています。

 

116:
皆さんもバスや電車での盗み聞きはしないようにしてください。取り返しのつかない話を聞いてしまうかもしれないから

 

117:
終わり方くっさいな

 

118:
読んでくれた人ありがとーやで
他に怖い話持っとる人おったら書いていってくれたらうれしい

 

120:
イッチの話おもしろかったで

 

121:
面白かったわ
他になんかないんか?

 

122:
>>121
顔のない村のスレで怖そうな話書かれとるみたいやで

 

127:
ちなみにワイには霊感も霊体験も皆無やで

 

128:
>>127
ワイの聞いた怖い話書いてええ?

 

129:
>>128
頼むわ!
聞かせてくれ!

 

130:
>>129
おけ

 

133:
それはバッバが若い頃のある日の夜の事やった

ボソボソ…ボソボソ…
(´・ω・`)「うーん…」

眠りが少し浅かったバッバは物音がした気がして寝惚け眼を擦りつつ目を覚ました

彡(゚)(゚)「ボソボソ…」

(´・ω・`)(うるさいと思ったら寝言か…何の夢見てるんだろう…窓の方向いて顔は見えないし寝相悪いなぁ)

彡(゚)(゚)「ボソボソ…ボソボソ…だよね?」

(´・ω・`)「はいはい(適当に相槌打っとくか)」

寝言で同尾を求めてきたジッジが少し面白おかしくてバッバは適当に相槌を打ち続けた

彡(゚)(゚)「うんうん…そうだよね」

(´・ω・`)(あれ?会話が繋がったみたいて面白いな)
(´・ω・`)「そうそう…」

彡(゚)(゚)「ボソボソ…ボソボソ…」

(´・ω・`)「はいはい…うんうん…」

そう適当に相槌を流しながら睡魔に襲われる中バッバは確かに聞いたと言う




   彡 ( ● ) ( ● ) ミ

   「 窓 を 開 け て く れ え 」



(´・ω・`)「!?」

明らかに普段聞いたことの無いしゃがれた声でそう言われてバッバが飛び起きたと同時に

彡(゚)(゚)「なんやうるさいなぁ」

ジッジがトイレから帰って来た

(´・ω・`)「は?」

驚いて窓の方を見るとそこは何もいなかったという

 

134:
>>133
誰かと勘違いされとったんかな
ジッジの親族関係とかから

 

135:
>>134
分からん
バッバは多分寝惚けていたから夢と混ざったんやろと言っていた
金縛りみたいな現象かと

 

136:
>>135
あー金縛りか
ワイもなったことあるけど
ワイの時はタンクトップのオッサンやったな

 

139:
>>136

まあ訳分からん位リアルな夢って見るよな

ワイもマッマに下から呼ばれて「はーい!今行くー!」て大声で返事するって言ういつもの日常の夢をたまに見てたんやけど、この前久しぶりに同じ夢見て「はーい!今行くー!」て言ってからマッマ死んでる事を夢の中で思い出して階段で足が止まったんや
「来ないのー!?」て言われて「ごめんー!!」て大声で返した所で起きた

凄く嫌な夢やった

 

142:
>>139
うお……

 

143:
>>142
夢の中って実際の記憶が持ち込まれるんよな
パッパもマッマと海に行った夢見て「待てよ、マッマ死んでるやん」て思ったら助手席からマッマの姿が消えてしまってたらしい

パッパは酔っ払うとすごく悲しそうにこの話をする

 

145:
>>143
切ないなぁ
ワイのマッマも2人で大喧嘩した夜に夢で死んだ爺ちゃんがひたすら鬼のような表情で睨みつけてきた、って言いよったわ
死んだ人が夢に出てくるのは怖いけど少し嬉しくもあるんよなぁ

 

146:
>>145
ワイはマッマが死んでから1度も夢の中で見たことが無い
夢でもいいから会いたいわな

 

138:
なかなか怖い話やな
書いてくれてありがとうやで

 

141:
>>138
いえいえイッチの話も結構怖かったで

 

140:
怖くて切ない話やな…

 

149:
ワオワオも体験した怖い話してよろしか?

 

151:
>>149
ええでええで!

 

152:
>>149
聞きたい!

 

153:
前置きとして言うけど、ワオと従姉妹二人は年が20位違っててオチビちゃんはまだ小学生なんや

そんなオチビちゃんが二人泊まりに来たときの話なんやけどな
夜にオチビちゃんが怖がるのが可愛くてな、ついつい怖い話をして怖がらせてしまったんや
 
その後、オチビちゃん達はワオの布団に入ってきて最初は怖かったみたいで震えてたんやけどまぁそのうち寝たんだわ

 

156:
ワオもその顔見てたら眠くなってきて気付いたら寝てたのね


んで夜何時か分からんけどふと目が覚めたんや
そんでぼんやりとおちびちゃんの方を見たんよね、でも何かオカシイの
それが何なのかは直ぐには分からんかったんやけど目が冴えてきた頃に分かった

オチビちゃん二人しかいないのに横たわってる頭が3つあるんや

 

158:
んで、ワイめちゃくちゃドキドキして3つ目の頭に気付かないふりをして早く寝ようと思ったのね
でも目線が釘付けになってしまうんや
「あぁ、あれが振り向いたらヤバイヤバイ」と思いながらも3つ目の頭を見つめている

すると突然「あ゛↑ぁ゛↓」って声を出しながら3つ目の頭が回転してこっち向いたんや

 

159:
知らん顔やった。見たこともない顔や
男か女かも分からん良く分からん性別不明の顔が「あ゛~」って言いながらニヤニヤケタケタしとるんや

んでその音でオチビちゃんが起きたんや
オチビちゃんはその首をみるなりギャン泣き、その声に反応してワイのおばさんも駆け付ける

首はケタケタ笑い続ける、オバサン絶叫からの気絶

 

161:
そんなカオスな状況でふと冷静になって時計を見ると朝5時過ぎ位になってた
そこで睡眠時間削られたことに怒りがこみ上げてきて、普段とか全然物にも当たらんし怒らないのにソイツに怒鳴ってぶん殴ったんや
そしたら「げぇ~あはぁっ」みたいな声を出してニヤニヤしながらスゥゥと消えていったんよね

 

163:
オチは面白いとかなく、ただ家族が現れても消えない幽霊代表のアイツが我が家に恐怖の種を落としていった
正直な話ほんとアイツに見覚えないしその後お祓いも受けとらんしこの話はタブーになってる

そして今もその家に住んでる

 

164:

 

165:
よかったわ!
書いてくれありがとうやで!

 

166:
>>165
ええで

 

162:
幽霊と言うよりは妖怪ぽいな
人を怖がらせるのが目的のように見えるし

 

167:
おもしろい

 

引用元::http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1554724827/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事