【閲覧注意】誰でもいい、誰かの所へ行ってくれ。福井の「機織淵」伝説が伝わる場所でヤバいものを連れ帰ってしまった…

叔父、叔父の妻、兄、投稿主の4人で、福井県のとある淵へ涼みに行った時の事。
そこは「機織淵」伝説が伝わる曰く付きの淵だったが、その場の誰もがそんな事は気にせず楽しい時を過ごしていた。
しかし夕方になり帰る支度を始めた時、投稿主は叔父の妻がある1点を見つめて震えている事に気付き───



 あれは俺が10歳の頃だっただろうか・・・

 お盆で凄く暑かった。福井って雪国のイメージがあるが、夏は半端じゃなく暑い。 
 おじさんが奥さんと一緒に遊びに来てて、暑いからってんで川に泳ぎに行こうってなってハタオリって淵に泳ぎにいった。



 昼でも薄ぐらーい所で(まあ 淵ってのはそういう場所の事を指してるから当たり前なんだけども)、夏でも水温は驚くほど冷たい。でもまたそれが気持ちいい
 水の色(川の色って言ったほうがいいのかも)なんかも深―い緑で、昔の人は淵には主が住むっていって。そんな感じ・・・何かが潜んでいそうな雰囲気。



 その淵には言い伝えがあって(おじいちゃんからきいたんだけど)。昔、機(ハタ)を織る事を生業としていた娘がいて、とても綺麗な娘で評判だった。
 それでお殿様がめかけにしようとしたんだけど、その娘そんなの嫌だって言って、お殿様怒ってその娘に無実の罪をきせて生きたまま川の底に沈めてその上から大きな岩を乗っけて頃してしまった。 
 それからというもの、夜な夜なその岩の下からハタを織る音と共に女の声が、ヒヒヒ・・・とかギャアァァァ・・・とか。さぞかし無念だったんだろう・・・


 その娘が機織りを生業にしてたから、だからハタオリって地名になったんだって。深い淵の真中辺りに大きな岩が顔を出してる。その下でまだ機を織り続けているんだって。 
 もちろん言い伝えだから そんな話信じちゃいなかった・・・



 俺とおじさんと奥さんと兄ちゃんの4人でいったんだけど、河原で西瓜割したり釣りしたり、いわくつきの岩の上から川にダイブしたりして。楽しい時間ってのは本当にすぐ過ぎちゃうもんで、夕方になってヒグラシがカナカナカナ・・・って鳴き始めてきた。 
 この頃になるともう水の中は寒くて、楽しかったね、もう帰ろうかって事になった。 



 おじさんと兄ちゃんはちょっとした荷物を崖の上に止めてある車に手分けして運びにいった。俺と奥さんはゴミを落としてないかチェックしてた。崖といってもほんの5メートル位の高さだから おじさんと兄ちゃんが往復して帰ってくるまで5分位のもんだったか・・・
 その間に起こったあの出来事・・・・・・・・・



 ゴミ拾いしてた俺はもう大体終わりかなと思って、奥さんに声かけようとして奥さんに目をやったんだけど顔が真っ青なんだ。ぶるぶる震えてる。
 んで、ある一箇所をじっと見てる。あの岩の方・・・
 なんだろうって俺もそっちを見たんだ



 薄暗い川から何か出てる。
 黒いペッタリした物・・・人間の頭!?
 髪の長い女が水で濡れた髪の毛をペターってさせて頭半分だけ水面にだして向こうをむ見てる!!その下にあるはずの体は・・・無い・・・
 おいおいなんだよこれ。やばいやばいやばい、見つかったらやばい!!



 俺はそーっと 奥さんの近くにいくと、手で「静かに逃げよう」と合図をしようと思い肩をポンと叩いた。

「キャッ!!」

 極度の緊張状態にあった奥さんは俺の不用意な行動で思わず声をあげてしまった。
 しまった!!と思った瞬間、ぐりんっ!!って頭がこっちをむいた。思い出すだけで吐き気がして頭痛がしてくるあの顔・・・ 



 どす黒い肌、ぱんぱんに膨れあがっている・・・皮膚が所々めくれている・・・。目だけが真っ赤に充血して、カッと見開いてる。その目がギョロっと動いてオイラ達の方を向いた 
 ニターっとその女は笑うとスーっと生首が宙に浮いた。所々はげた頭、長い髪の毛はちりちりで水に濡れて垂れ下がっている

「みつけた・・・うらの代わりん なっとぉけの(私の代わりになってよぉ)・・・」

 そう言った。恨めしそうなしゃがれた低い声・・

「ぎゃあぁぁぁ・・・」

 奥さんが悲鳴をあげる

「うわあぁぁぁん・・・」

 オイラは泣き叫ぶ
 女の生首はヒヒヒヒヒと笑いながらゆっくり近づいてくる。奥さんの近くまで来ると物凄い形相になりカーっと口をひらいた。お歯黒とどす黒い血で真っ黒な口・・・

「にげてー!!」

 俺がそう叫ぶと奥さんは ハッとして踵を返した・・・が・・・、ブリッと音を立てて生首は奥さんの腕にかぶりついた

「あああぁぁぁ!!ぎゃああぁぁぁ!!うおうおうおーーー!!」

 奥さんはあらん限りの悲鳴を上げている。生首はニタニタ笑いながら腕に喰らいついて離れない
 俺はフーっと意識が遠ざかっていく。遠のいていく意識の片隅でおじさんと兄ちゃんの叫び声を聞いた・・・



 俺が気づいた時は家の座敷で布団に寝かされていた。おじさんは奥さんを連れて病院に行っていた。兄ちゃんは青白い顔で震えていた・・・
 あの後どうなったか聞いたけど教えてくれなかった
 奥さんは即入院。数日後見舞いに行ったけど左手に包帯を巻き「来ないで・・・」とか「何みてるのよ・・・」とか呟いていた。
 精神に異常をきたした奥さんは、数年後首吊り自サツしてしまった。遺書とかは無かった・・・



 一度4人で霊感の強いという方(親父の知り合い)にみてもらったのだが、あまりこの事は他人に喋らない方が良いと言われた
 でももう辛いから誰かに喋りたかった。もう嫌だ疲れた・・・あの女が今でも時々見てる・・・なに笑ってるんだよ・・・

 誰でもいい。誰かのところに行ってしまって欲しい



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事