【不気味】朝、目を開けたら布団の横を「指」が歩いていた

不思議 0件
no image
17:
3歳のころ初めて自分の布団を与えてもらえるって喜んだ記憶がある
そいで両親の横で寝て、朝、目を開けたら布団の横を指が歩いてた

それはどの指かはわからない
それから歩いてたって言っても、その指に手足が生えてたわけでもない、けど歩いてるようにみえた

そいで私は何を思ったか無の状態でその指を捕まえようとした
指は私の手を寸前でかわしながら逃げ、ゴミ袋に入った
ひっくり返して探すもいない


探してるとそのドタバタガサガサで母が起きた
説明してもわかったわかったで済まされ、それよりもゴミを散らかしたことをすごく叱られた


それからというもの一度もその指を見ていない
今でもたまにあの指となんで私が無だったのか気になる

 

18:
手っちゃんか

 

19:
>3歳で無の境地
おとなじゃん!

 

21:
>>19
自分でも不思議
幼い頃から子供っぽくないって気味悪がられてたけど
この時からなのか定かではない・・謎

 

20:
>>17
長崎出身の方?

 

22:
>>20
いいえ

 

23:
そいで←これが方言かと思ってた

 


引用元::http://hayabusa6.5ch.net/test/read.cgi/occult/1452547037/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事