【ゾッとする話】使用してはいけないテレフォンカード

恐怖 0件
no image
気味の悪いテレフォンカードを購入してしまった女性は、「さっさと使って捨てよう」とそれを持ち歩く事に。
ある時、電話をかける機会がありさっそく例のテレカを使用するのだが、おかしな事が起こり───



 携帯よりテレカ全盛だった頃の話です。(なのでうろおぼえ.ごめんね)
 しょっちゅう外で電話するので金券ショップで100枚単位でテレカを買うおばちゃんがいた。
 広告付の激ショボテレカの寄せ集めだったが、使用出来ればどうでもいいおばちゃんは片っ端から使い捨てるので、表の絵はどうだってよかった。



 上から順に使っていたが、突然おかしなテレカが現れた。それは50代の女性が丁寧に化粧をし、白い花に埋もれてうっとり目を閉じている写真のテレカだった。

「何これ?」

 おばちゃんも50代だが、同年代として悪趣味だし気持ち悪いと感じた。全面写真で広告なし。どうやらプライベートで個人が作成したテレカが紛れていたらしい。
「こんなのさっさと使って捨ててやろう」とおばちゃんは早速そのテレカを持ち歩く事にした。



 外出先で電話をかける事になり、公衆電話でそのテレカを使おうとした。なぜか無音でどこにもつながらない。

「あらあら?」

 もう一度やり直したがやはり無音。と、思ったら遠くからかすかに、「こっちよ。こっちに来て」と声が聞こえる。
 混線してると思い、切った。もう一度かけてみる。今度は少し声が大きくなっていた。

「今度はあなたの番よ」

「・・・もしもし?」

 話しかけてみたが、その後は無音。嫌になって、切った。



 帰宅して、自分の娘に「このテレカおかしいよ」と見せると、一目見て娘は「こんなの使っちゃだめだよ!」と言った。
 娘にそう言われてそのテレカをよく見ると、周りの花は全部菊で、女性の鼻には綿が詰められていた。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事