幼い頃、鏡に話かけていた俺。その真実は親も知らない。どうせ誰にも解決出来ないんだ…

不気味 0件
no image
幼い頃は鏡に向かって話しかけ、中学生になった時に鏡に人影が映るようになったと言う投稿主。 しかし、彼は「ある事」に気づいてしまった───



鏡の中の話だ。小さい頃、俺は何時も鏡に向かって話し掛けていたという。もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると決まって誰かがその話を始める。
近所には同じ年くらいの子供が居なかったので、寂しくて鏡の自分に語りかけていた。そういう事になっている。


事実は違っているが親や親戚に話せるはずも無い。だから、ここに書いてみようと思う。他の板なら頭がオカシイと思われるだろう。でも、この板のこのスレッドなら平気だ。
俺はただ、誰かに話したかっただけで、相談に乗って欲しいわけじゃないし、暇つぶしに読む人も居るかもしれない。どうせ誰にも解決できない。



小さい頃の記憶は曖昧なので書きようが無い。はっきり鏡に人影らしきものが映るようになったのは、中学の頃だった。
昼も夜も無い。鏡を見ていると、俺の後ろに誰かが横切ったり、誰かが覗き込んでいるような顔が映るようになった。


そうなると人の視線を感じたり、気配を感じるようになる。落ち着けないし、深い眠りにつくことも出来なくなった。
気の所為かもしれないが、俺は自分の部屋から鏡を無くした。
それは一月程で消えた。すっかり見ることも無くなって忘れていた。



十年経って、俺は一人暮らしを始めた。
先週の事だ。夜中に車を運転していてルームミラーに目をやると、そこに人の顔があった。
急ブレーキで停車し、後部シートを振り返ったが誰もいない。だが、ミラーの中の顔は消えずに俺を見ていた。不思議なことに、前髪がミラーから生えてユラユラ揺れている。

やっと気がついた。鏡に映っている訳じゃない。鏡の中から俺を見ていたんだと。

車をそこに置き、一時間かけて歩いて帰った。


今、テレビから這い出してくる貞子の映画を思い出している。正直言って正気でいる自信が無い。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事