【事件】留置所から出た男が町長の蔵に放火して逃走。潜伏先とその理由が我が家にとって修羅場だった…

修羅場 1件
no image
325: 2015/9/15
数年前の修羅場。

同居父が民生委員してて、私は婦人会の会長とPTA役員をしてた年があった。
近所に素行の悪い独身男性Aがいて、お母さんと二人暮らししてた。
父は何かとそこんちに訪問してたんだけど(多分生活保護関係だと思う)
ある日、婦女暴行でそのAが捕まった。
相手は地域に嫁いだばかりの若嫁さんだった。

近所のバカジジィ共が
「ちょっと触ったくらいで警察とか」
「都会の女は神経質」みたいなことを言うので
「だから嫁が来ないんでしょうが。
自分の娘や嫁が暴行されても同じこと言うのか」
と言うと、黙った。

そんなジジィが大半の地域柄だ。

 

326:
で、そのAが留置所から帰ってきた夜。
私はPTA役員の用事で公民館にいて、自宅に徒歩で帰る道で、バタバタしてる人影。
顔見知りの兄ちゃんが
「町長宅の蔵に火をつけられた。Aが逃げてる。家に帰ったら、鍵をかけて」
と言われて、慌てて帰った。

鍵をかけて、男衆はAを探すために山狩りもしてた。
子ども達と不安な夜を過ごして、朝、寝不足のまま、仕事のために家を出た。

なんとなく、うちの裏の倉庫を見に行くと鍵を壊されてた。
中にAがいるかもしれないと、すぐ警察を呼んだ。

仕事は休まざるを得なかった。

 

327:
現場検証の結果
そこでAが一時潜んでいた可能性が高いこと。
Aは町長の蔵の放火時、こぼしたガソリンで自分も大やけどを負っていて、うちの倉庫のタオル(洗車に使うための大して綺麗でないタオル)を使って手当してたこと。
A自身は逃げた後だと言うこと、がわかった。

後日、自宅に戻ってきたところを無事に捕まった。


で・・・駐在さんから聞いたことがショッキングだった。


うちにも火をつける予定だった。
でもやけどの痛みでそれどころじゃなかった。

民生委員してる父の説教がウザかった。
娘も娘婿も地域に溶け込んでて腹立たしかった。
暴行事件の時、民生委員の父の口出しににムカついた。
何かと口出ししてくる町長の次に憎かった。

先日、Aがお勤めを終えて帰ってきてそのまま引っ越してったので
吐き出しカキコ。

 

328:
多少のフェイクもあるんだろうが、数年前の出来事っていうのにビックリしたw
閉鎖されたド田舎かよ…って感じ。嫌だな、都会の女はwwwとかいう糞ジジイに逆怨みキチガイが近所にいるなんて

だからこそ、そういう親身に話を聞く人が必要なんだろうけど。放火されなくて良かったね
蔵だから住居とは見なされなかったから無期じゃなかったのか

 

329:
>>328を読んで初めて数年前と書かれた一行目に気づいた。
無意識に「昭和の頃」と脳内変換していたわ

今もあるんだねえ、そういう地域
うちの実家も田舎の田舎のど田舎だけど、私が子供の頃にえげつない話を聞いたくらいで大人になってからは風通しもよくなった
うちの実家は観光地だからかな?
よそから来る人に愛想良くしないとやってけないからね

 

330:
九州の南の方もまだこんな感じだよ。
だからみんな出て行く。地元愛なんかないよ。

 

331:
>>328
フェイクありですが、バリバリ平成の時代ですw

私は一時期、地方都市に住んでたので、帰ってきてこの状態にため息状態でした。

ちなみに、住居への放火でなかったので無期ではなかったようです。
するどいなぁw

>>329
・・・限界集落ですが、一応うち方面も観光地ですよw
バカジジィがいる限りは色々しょうがない面もありますが、数少ないですが新しい世代が頑張ってます。

>>330
こちらも若い子はみんな出て行く傾向です。
でも都会のドライさに耐えかねて帰ってくる子もいます。
その子たちが暮らしやすいように地域の色々を変えるのは、私たち世代じゃね?と思っています。

 

332:
>>331
「かつを」の事件思い出したよ…

 山口連続殺人放火事件
山口連続殺人放火事件(やまぐち れんぞくさつじんほうかじけん)は、2013年(平成25年)7月21日、山口県の周南市金峰(旧鹿野町)で発生した、近隣に住む高齢者5人が殺害された連続殺人・放火事件である。
焼失した女性A宅の隣家には、「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者 かつを」と白い紙に毛筆のようなもので川柳が記された張り紙があり、県警は7月22日午後、殺人と非現住建造物等放火の疑いでこの家を家宅捜索するとともに、姿を消した当時63歳の住民の男Hを重要参考人として行方を捜索した。

ja.wikipedia.org/wiki/山口連続殺人放火事件

うちも某県唯一の村人だけど、商業施設増えて新規に引っ越してくる人も多いしよそ者は受け付けない!って感じじゃなくて
寧ろ皆、昔から「よく来たね~◯◯の近所に住んでるから宜しくね!なんかあったら相談してよねする」っていう人ばかりだから余計平成の出来事なのにビックリw
そりゃあ糞ジジイも有名な変な人間いるけど目立った被害、事件もない
日本にも色々な場所があるんだね

 

334:
>>332
「かつを」事件は少し似てるなーと思いながら、事件の経緯を眺めてました。
もし、Aが火傷しなかったらうちに火をつけられて、次に区長さん宅もやられてたかも。

駐在さんから色々聞いて、Aがお勤めを終えるあたりは警戒してほしいと言われて
心が修羅場でした。

 

333:
>>332
かつをとはまた違う気がするんだけどw

しかし怖いねー!
報告者さんの家が無事で本当によかった
綺麗じゃないタオルで手当てしたせいでバイキン入って感染症でポックリなんて、上手くはいかなかったか…

 

335:
>>333
ほぼ閉鎖された、ど田舎もど田舎で起こった事件でそこで孤立してるのはA親子に近かったですし、地元衆で放火は阻止出来たけど事によっては・・・

やっぱり今更ながら、放火されなくて良かったです。

 

336:
>>335
かつを事件は、集落の人たちが意地悪してたのが発端だったじゃない?
あなたのところは皆まともなのにAだけがおかしかったみたいだからさ

 

339:
>>336
意地悪かぁ・・・あったかもしれない。
Aは自治会も消防も入らなかったから
ある意味、風当たりはキツかったかもしれない。
そういった団体に入ってたら助けてくれる人もいたかもしれない。

皆まとも・・・かなぁ。
バカジジィがたんまりいるしねぇ。

 


引用元::http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1441082815/



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    こんな中世土人国家は核の火で清められた方がマシ
    日本人の性根は放射性物質より汚いわ

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事