「一生消えない呪い」を好きな男に無自覚でかけ続ける女の子の話

恐怖 0件
no image
602:
友達カップルの話。
自分はどちらとも友達。

良いところのお坊ちゃんAと母子家庭育ちのBが付き合い始めた。
Bは顔も性格も良い女だったしAものほほんとしたお坊ちゃんオーラが出てる天然の面白い奴だった。

2人の付き合いが半年に差し掛かる前に事件?が起きた。

 

603:
A両親が母子家庭育ちの女なんかと付き合うな!家の格が下がる!別れろ!とAを糾弾したらしい。
家業を継ぐ事が決まっていたAはBと別れた。

Bは呑めない酒や吸えないタバコに手を出し、急に泣き出したり、急にきちんと生活したりをループしていて痛々しかった。

 

604:
BはAの事が死ぬ程好きだったんだよな。Aも別れたがまだ好きなようだった。
Bが何とか立ち直ったと思って告白した奴もいたが毎回好きな人がいるからと断っていた。
別れてから10年経ってもそんな様子だった。

 

605:
Bが睡眠薬と農薬を飲み何日か意識が戻らない事があった。
退院したBは憑き物が取れたような清々しい顔をしていた。

その後、Aの家業が傾き、A兄弟が相次いで婚約破棄され親戚宅は家事に。
厳格なA母は親子ほど年の離れたホストにドハマり。A家業の従業員も理由は別だが入院したりしていた。

 

606:
AとA父がこれは呪われていると神社や寺をあちこちまわったそうだ。
すると和尚さん曰く、
 
どれほど憎まれればこれ程の呪いを掛けられるのか解らない。これは解呪出来ない。近くに来るだけでも呪いの気に当てられる
 
と断言されたそうだ。

 

608:
その後、AはBに連絡取って復縁したんだよ。Bは毎日復縁を願い続けて良かったって幸せそうなのよ。

それを知ったA父は母子家庭育ちの女と付き合うなって再び別れさせた訳。
今度こそダメだった。本気の呪いが炸裂した。

 

609:
家業は廃業。A母の莫大な借金、A兄弟は風俗、ギャンブルにハマり闇金からも詰まんでいた。
Aが事故で下半身を潰され車椅子に。
A父何故かBに恋焦がれ(Bと面識無かったそうだ)ストーカーと化し下半身露出している所を逮捕された。

 

611:
Aと関わると呪われると噂が流れ(SNSで友達登録してるレベルでも)A一家は離散した。

 
Bにこの前会ったけどまだAが好きなんだ、A元気かなぁ仕事頑張ってるかなぁと言っていたのに何とも言えない恐ろしさを感じた。 
一生外れ無い呪いを無自覚に掛ける程の情愛を抱けるのは本当に凄い。

 

612:
A父がBの顔を知らなかったのは恋人を紹介したいというAに対して母子家庭育ちの悪い女に会うなんて時間の無駄だと言っていたから。

あれから10数年経って色々経験したけれどもこの呪いが一番怖い。

 

607:
なんかとんでもない女と関わり持ってしまって、Aたちが可哀想、としか思えない
逆恨みだよね

でも面白い話ありがとう

 

613:
面白いって言っていいのかわからないけどよかった
Aの父に偏見さえなければ素晴らしい家族になってそう

 

614:
>>613
そうなんだよなぁ
友達の中に二次元しか興味無い奴がいるんだが、AとBだけは応援したいし上手くいって欲しい。せめてBが報われたらなぁって言ってたのが何か心に残ってる

 

615:
そうだよな
これだけ強い無意識の呪(まじな)いをかけられるほど霊力の高いBなら
Aの嫁として迎え入れたら、同業他社を潰す勢いで家業が発展したかもしれない
最強のあげまんを手に入れるチャンスをみすみすA父は逃した…と考えたらおもしろい話だ

 

616:
>>615
そうそう
Bに好意的だった人は自分含め幸運に見舞われてる(めっちゃデブなのに可愛い嫁さんが出来たとか宝くじ当たったとか)
飯とか誘った時にBが吐き気と頭痛酷いからパス…って断る時に強い呪いが発動してんのが何となくわかるようになってきたよ…
B本人は何も知らないだろうし、Aと添い遂げる為なら呪いすらコントロール出来そうで怖い。

 

617:
巣食うもの
みたいで怖いね

 

629:
>>617
巣食うもの?今度調べてみる。

Bに最近どう?って聞いたら夏風邪拗らせて入院してたーって返信来た。今度こそA家が断然する予感しかない。
A家も元は農家なのに家の格とか言い出しちゃう辺り自業自得…と言い切れ無いくらい報い受けてるからここらで打ち止めにしてやって欲しい。

 

641:
>>629
昔の洒落怖の話だよ
本人無自覚のスゴい人の話

 


引用元::http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1531051499/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事