【全力のホラ吹き】じーさんに騙され続けたおれの半生を聞いてくれ

人生 1件
1:
おれは大人になるまでずっとじーさんの大ボラに振り回されてきた。
大人になった今は,なぜ引っかかるのか疑問なんだが,なぜか引っかかてしまっていたんだ。
じーさんの大ぼら話,おまえらにも聞いてほしい。聞いてくれないか?

おれがおぼえている(記憶に強く焼き付いている)ホラ
①メンマ
②布袋寅泰
③案山子事件
④案山子事件2nd
⑤東海林のり子
⑥東海林のりこpart2
⑦恐怖の豆まき
⑧豆まき前夜
⑨ウラシ豆太郎事件
⑩姥捨て山事件

5:
ほら話マニアの俺がきくぞw

 

7:
>>5
おお!ありがとう!
じゃあ①から

①メンマ
小学校中学年位の頃じーさんと小さな中華料理屋で中華そばを食べているとじーさんが唐突に言った。
「メンマが何でできているか知ってるか?」
おれはメンマがじーさんの分ももらって食べるくらい好きだったが,知らなかった。
そう答えると,「メンマは割りばしをラーメンスープに漬けておくとできるんだ」と言った。
流石におれは信じられなかった。
続けてじーさんが「今店を出ていったオヤジが食べたラーメンのどんぶりがあるだろ?大将が片付けるところをよーく見ていろ。カウンターの下にあるあのゴミ箱に割りばしを捨てるはずだ。」 
 
大将はどんぶりと一緒に割りばしも裏へ下げた。
「ゴミ箱があそこにあるのに割りばしを捨てなかっただろう?それは使い終わった割りばしをスープに漬けてメンマを作っているからだ」

おれは信じた。

 

8:
②布袋寅泰
小学校中~高学年の金曜の夜Mステを見ていた。
布袋寅泰が歌っているのをぼーっと見ているとじーさんが「ホテイを漢字でどう書くか知ってるか。」とおれに聞いてきた。
テロップまでよく見ていなかったので知らない。と答えるとじーさんがニヤリとして続けた。
「布袋(ヌノブクロ)って書くんだぞ」

当時ガキで無知だったおれは信じず,またいつものホラだな,と聞き流した。
じ「テレビ見ててみろ,本当にそうだから」俺「ハイハイ」と聞き流しつつも気になってテロップに注目していると,なんと本当にヌノブクロでホテイだった。
「本当だ!」とじーさんの方を向くと,「じゃあトモヤスの漢字をどう書くか見てたか?」
苗字の布袋にしか注目しなかったおれは正直に「見ていない」と答えてしまった。
するとじーさんは声をひそめて「巾着(キンチャク)って書くんだぞ。ホテイトモヤスは感じにすると布袋巾着(ヌノブクロキンチャク)って書くんだ。」

おれは信じた。

 

10:
どんだけ書き溜めしてんだよw

 

12:
>>10
ごめんな,書き溜めしないと怒られると思って…

 

13:
とりあえず書いてってくれw

 

15:
>>13
ありがとう!ではどんどんいくぞ!

③案山子事件(小学校低学年)
おれの家の前には畑があって,マネキンで作った超リアル案山子が鎮座している。おれはその案山子が怖くて仕方がなかった。
 
ある夜寝る前にふと窓の外を見ると,案山子のいる畑に動く影が見えた。
じーさんにそのことを伝えると,顔色を変えたじーさんが畑にすっ飛んでいった。直後,じーさんの叫び声が聞こえてきて,おれは怖くて布団にもぐって震えていた。

30分くらい経ってから戻ってきたじーさんは全身泥だらけで髪や服が乱れまくっていた。
おれは恐怖のあまり泣き叫んでいると,じーさんが畑であったことを語りだした。
「実はあの案山子の中には人間が閉じ込められていて,夜な夜な人間に戻っては畑を荒らしていくんだ。今夜もまた悪さをしよってからに,とっちめてやったわい」
と,案山子が身に着けていた手ぬぐいをおれに向かって放り投げてきた。

おれはその夜おねしょした。

 

14:
この感じ嫌いじゃない

 

16:
愉快なじーさんだなw
俺と合いそう

 

17:
高田純次ぽい

 

18:
④案山子事件2nd(③の数日後)
登校時,案山子畑の前を通る必要があったが,③の案山子事件以降,人生一の恐怖でしかなくなってしまった案山子の近くを通るのにとても勇気が要った。

毎朝じーさんが畑の前まで一緒に来てくれるのだが,その朝はじーさんがいなかった。朝飯まではいたはずなのに,いつの間にかどこかへ出かけてしまったようだ。
今日は一人で奴に挑まなければならないのか,と思うと足取りも重くなる。
でも進んでいればいつかは奴の前にたどり着く。奴を見据える。

すると,何時もはこちらを向いている案山子が,今日は後ろ向きになっている。おれは,「じーさんの仕業か!」と思った。
その推理はよかったが,次が大きな間違いだった。
「一人で通らなきゃいけないおれの為に,後ろ向きにしといてくれたんだ!」
 
勇気がわいてきたおれは「よっし!」と気合を入れてダッシュした。
その瞬間,案山子が叫び声をあげながらこっちを向いたのだ!なんとじーさんが案山子に化けていたのだ。

おれは失禁した。

 

19:
じーさん全力すぎわろた

 

20:
んな漫画みたいなじーさんが居てたまるか
・・・ネタだよな?

 

23:
>>20
ネタだったらよかったんだがな…
信じられないだろうが,いるんだよこんなじーさんがおれん家に

 

24:
楽しそうで何より

 

26:
⑤東海林のり子(小高学年)
報道番組だったか,過去を振り返る番組だったか忘れてしまったが,じーさんと一緒にテレビを見ていた。

するとリポーターが何かをリポートしていた。そのアナウンサーの名前は「東海林のり子」。
名前のテロップが出るや否やすかさずじーさんがおれに読み方を聞いてきた。
おれは素直に「トウカイリン,じゃねーの?」と返した。
じ「ショウジって読むんだぞ,そのくらい知っておけ」と続けた。
よくよくテレビを見ていると確かに,「ショウジさん」と呼ばれている。
なんか小馬鹿にされたようで悔しかったおれは「そんなん学校で習わねーし」とちょっととんがってみた。
じーさんはそんなおれを見て笑いながらこう言った。
「そうか。じゃあついでにこいつも教えといてやる。きっといつか役に立つ。東の海の林と書いてショウジ。それと似たようなのでな,西の山の林と書いてフスマと読むんだぞ」

おれは信じた。

 

28:
このスレ自体じいさんのホラってオチだろ?

 

30:
>>28
おれはじーさんじゃねーよwww

 

31:
⑥東海林のり子part2
 じーさん「東海林のり子は大仏の化身」

 

35:
>>31
信じるなよw

 

33:
イボで一致したwwwwww



 

32:
⑦恐怖の豆まき
おれに一生もののトラウマを植え付けたこの事件。忘れもしない幼稚園年長の年だ。許せない。

節分の日,おれはじーさんに豆をもらって楽しく撒いていた。庭には木造の古い蔵があるのだが,蔵の壁に豆をぶつけるととてもいい音がすることを発見したおれは,夢中になって蔵に向かって豆を投げていた。
そのせいで,背後に忍び寄る不吉な音に気付くのが遅くなってしまった。

一息ついた時にふと聞こえた「カッカッカッカッカ」という音。どんどん近づいてくる。
何事かと振り返るとそこには,鬼の面(白い長髪?付)と蓑を付けたサンタの格好をした奴が竹馬に乗って,白い髪を振り乱しながら超スピードでこっちに向かってくる姿があった。

おれは叫び声をあげながら豆を放り出して逃走した。得体のしれない奴が竹馬でこっちに向かってくる恐怖は筆舌に尽くしがたい。おれは必死になって隠れた。
コツッコツッと音を立てながら近づいてくる鬼面竹馬サンタ。「わるいごはいねーがー…とってくっちまうぞー…」と言っている。 
ああ,おれはここであいつに食われちゃうのか,と恐怖でいっぱいだった。
すると,竹馬の音もささやき声も突然聞こえなくなった。しばらく耳を澄ましていたが,音沙汰がない。

おれは気になって物陰から出てみた。
そこには,竹馬を肩に背負った鬼面サンタがいた。

おれは脱糞した。

 

39:
⑧豆まき前夜(⑦前夜かな?)
違う年かも。年は覚えていないがとにかく,事件が起きたのは節分前夜。
じーさんがめずらしく台所に立っている。何をしているのかと見に行くと,じーさんがフライパンで豆を素手で乾炒りしていた。
素手をフライパンに突っ込んでザラザラと豆を転がしている。おれはびっくりして聞いた。
「熱くないの?(フライパンが)」
じーさん「熱くねえぞ(豆が)」

おれは当然信じることができなかった。火がついているのに熱くないわけがない(フライパンが)。
「ぜったい熱いよー,だって火ついてるもん」と食い下がったが,じーさんは頑なに熱いと言わない。
平気な顔で炒り続けるじーさんを見て,自分も確かめてみたくなった。本当に熱くないのかを(フライパンが)。
椅子を引っ張ってきて乗り,フライパンの底面に向かって一直線に指を突っ込んだ。

おれはやけどした。

 

40:
おバカガキきゃわわ

 

41:
⑨ウラシ豆太郎事件
小学校1年生の節分。昨年の節分ではじーさんにヒドイ目にあわされたおれは,今年は豆まきをしなかった。頑なに豆まきをしようとしないおれを見てじーさんは「豆を食おう」と誘ってきた。あれだ,年の数だけ豆を食べると…ってやつ。
それなら驚かされることもないだろう,とおれは誘いに乗った。乗ってしまった。

まず7粒食べた。なんだこの豆は!ウ,ウマイ!毎年律儀に年の数だけ食べてきたが,こんなにうまい豆を出されたのは今年が初めてだ。これがじーさんの罠だったのだが。
「この豆おいしい!もっと食べたい!」
じーさん「もう7粒食ったろう。まあ,あることにはあるが…いいか,もう食うなよ。絶対だめだ。」
とだけ言って,じーさんはどこかへ行ってしまった。ウマイ豆を置いて。
おれはウマイ豆の誘惑に耐え切れず,食べてしまった。5粒も。

 

42:
⑨続き
数分後戻ってきたじーさんは机上の減っている豆を見て血相を変えた。
「お前,食ったのか!」
「うん,おいしいね!」
「馬鹿者!ああ…なんてこった!おれがうかつだった!(天を仰ぐ)」
突然様子がかわったじーさんに戸惑っている俺にこう続けた。
「何粒食べた!」
「えーっと,5つぶ,かな?」
「8,9,10,11,12…ああ,12歳か…てことは6年生だな…マズイな…準備できるか…?」
立ち上がってその辺をウロウロしながら呟くじーさん。

おれはただならぬ雰囲気に恐怖した。何かとてつもないことをやらかしてしまったのだろうか。
「ああ,さかもっつぁんのとこの孫が確か中一だったな…教科書とかはそこからもらうとして…あとは…」
やおらじーさんがおれの両肩を掴み,真剣な表情でこう言った。
「いいか,節分の豆がどうして年の数なのか。それは,年の数以上に食べてしまうと,翌朝,その年になってしまうからなんだ。お前は5粒食べた。ということは明日からお前は小学校6年生として生きていかなければいけないんだ。」

おれは驚愕した。豆の数にはそんな理由があったのか!なんてことをしてしまったんだ!
おれは泣いた。泣きながらじーさんにすがった。
「おれまだ1年生で,簡単な勉強しかできないよ。時計だってまだ上手に読めないのに,6ねんぜいなんがでぎねえ”よ”お”お”~」
「食っちまったもんは仕方がない。あきらめろ。ああ,名札も1年生用ではなくて,こっちを使わないとな。」
じーさんは懐から2年生以上が使う名札を出した。そこにはおれの名前があった。

おれは信じた。

 

43:
>>42
本気だしすぎwwww

 

46:
>>43
そうなんだよ!常にじーさんは本気でおれをだましに来るんだよ!
だから引っかかっちゃうんだよおおおおお

 

45:
じーさんぱねーな

 

47:
なあ,みんなん家のじーさんはこんなんじゃないのか?

 

48:
ラスト
⑩姥捨て山事件(小学校低学年)
ある日,おれはじーさんに昔話をしてもらった。「姥捨て山」の話しだ。
あの話はばーさんを山に捨てに行く息子の話だよな。おれは幼いながらその話に大きく悲しんだ。
「おれは絶対にじーちゃんとばーちゃんを捨てない!ずっと一緒にいるんだ!」
じーさんはそれを聞いてほほえみ,頭を撫でてくれた。

後日,じーさんの畑仕事にくっついていくことにしたおれは,軽トラに乗り込んだ。案山子畑とは別に,車で5分くらいのところにも畑がある。
畑について,おれは近くの空き地で虫取りをして遊んでいた。虫取り網とかごをバッチリ準備してきたおれは,夢中になって虫を追った。

 

49:
⑩続き
だいぶ日も傾いてきた頃,虫追いにも疲れたおれは,水筒を飲もうと思い,畑の方を振り返った。
すると畑にはだれもいなかった。軽トラもない。
辺りを見回しても,じーさんの姿も,軽トラの姿さえ見えなかった。ついでに言うなら,辺り一帯の畑には,誰もいなかった。おれは絶望した。

沈みゆく太陽。辺り一帯無人。
おれを置いて帰ってしまったじーさん。
いくら泣き叫んでも反応してくれる人はいない。
おれは大泣きしながら,虫取り網とかごを抱えて歩き出した。帰らねば。

 

51:
⑩最後
とぼとぼと畑の道を歩き出すおれ。軽トラで5分といったら,結構な距離がある。
いくら歩いても家が見えてこない。孤独の中歩きながらおれは,じーさんが話してくれた「姥捨て山」を思い出していた。

そこではたと気付く。「おれは…捨てられてしまったのか…」

年端もいかないガキがこの非常事態に正常な判断などできるわけもなく,「おれは捨てられた」と思いこんでしまった。
さらに大きな声で泣き叫びながら,立ち尽くした。ああ,おれはおわりだ。死ぬんだ。犬に襲われるんだ。

すると,じーさんの将棋仲間のさかもっつぁんが車で偶然通りかかった。泣き叫んでいるおれを見て,声を掛けてくれた。
おれは声にならない声で「お”…お”れ”…い”え”がな”い”んだ…じ…じーちゃんはお”れ”の”ごどもうい”らな”い”んだあ”あ”あ”!」
と叫んだ。うまく事情が呑み込めないだろうに,さかもっつぁんは優しく「んなこたねえ」と言い,車に乗せてくれ,家まで送ってくれた。

家に着くとじーさんはのんきに茶を飲んでいた。
じーさん「なんだおめえ,そんなに泣いて。」と言った瞬間,自分の悪魔の所業に気付いたようだった。
じーさん「畑に連れてってたのわすれてたわ」

おれは号泣した。

 

52:
これでじーさんがおれに残した強烈な思い出はおわり!
聞いてくれてありがとう!
じーさんもきっと安らかに眠ってくれるはず!

 

53:
最後のやつたまたま顔見知りが通りかかったから良かったものの冗談じゃすまない事態になってたかもしれんよな
結構田舎っぽいし

 

54:
じ、じーさん…

 

55:
>>53
そうなんだよ!本当に幸運だった
この事件のあと,じーさんはおれの母親にこっぴどく怒られてたw

>>54
じーさん…もう騙されることは二度とないんだと思うと寂しい

 

59:
なかなか楽しい話だった。

 

60:
いいじいさんだったんだな
多少イかれてるけどなwww

 

61:
おまえらが楽しんでくれるおかげで気がまぎれるよ
ありがとう

これ以外にもじーさんにはとにかく騙され続けたよ
いい感じにイカレてたんだな

 

62:
お茶目にも程があるだろwwww

 


引用元::http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1550922169/



コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    疑うことを知らない投稿者はまるで天使ちゃんだね

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事