深夜に居間で作業中、ドアのガラス越しに何か動いている。直接見ないように視線を変えて…心臓が跳ね上がった

恐怖 0件
深夜のリビングで一人作業をしていた投稿主。日付が変わってしばらく経った頃、廊下へと続くドアの向こうで何かが動いている事に気付く。「それ」は投稿主が目を向けると、何故かすぐにひっこんでしまう。
そこで、投稿主は直接見ないよう視線だけを移動させるのだが───

 



 美術系の専門学校に通っていた頃の話。
 一年の前期は基礎学科で、専攻がどの分野でもデッサンや色彩学なんかをやる訳だが、この時期は課題提出が死ぬ程多かった。加えて、授業で使う水張りパネルなんかを事前に用意しないといけない。片道一時間半の通学時間、朝から6コマ授業に出て、バイトして、夜中に課題と準備。



 そんな生活をしていた俺が当時住んでいたマンションは、駅からバス停2つ離れていて、帰りはコンビニに寄りがてら歩く事が多かった。
 コンビニを出て、1つ目のバス停の手前辺りから住宅街になる。車道を挟んで向かい側の川べりに造園業の事務所があって、バス停の斜め後ろには重機の入った車庫と、石や植木が並んでいる。



 歩きながら何とはなしに見ると、歩道寄りにある岩の前に男がいるのが分かった。
 初夏の夜8時前、まだほんのりと闇は浅く、人通りもある。バスを待っている間に煙草でも吸っているのだろう。白っぽいポロシャツを着た、小柄でやや太めのおっさんの背中だ。

 ちりりりりん!

 ベルの音がして、俺は後ろから来た自転車に振り向き、少し避けた。そのまま自転車の行く先を目で追うと…何だか、違和感があった。
 よく見ると、ついさっきまで見えていたおっさんの背中がない。目を離したのはほんの数十秒の事だ。奥にも手前にもおっさんの姿はなく、車庫はシャッターがぴったりと下ろされている。通り過ぎながら敷地の中を覗いてみたが、やっぱり誰もいない様だった。
 その時点では、俺が知らないだけでどこかに入れるか、見間違いだろうと思った。週の後半で、疲れも溜まっていたし。



 夕食と風呂を済ませた後、俺はリビングで絵の具と格闘していた。机では大きなパネルと画材は広げられないので、テーブルで作業する日が多い。
 一度リビングを出て北側の廊下に面した2部屋が両親の部屋で、俺の部屋はリビングと並びの和室だったから、リビングと自室の往復をしても、先に寝ている親に迷惑をかける心配もなかった。



 日付けが変わって大分経った頃。
 テーブルに向かっていると、廊下に続くドアが右側の視界に入る。格子にガラスの入ったドアで、親が寝ている時間、向こう側は真っ暗だ。
 そこに、さっきからちらり、ちらりと動く物がある。しかし、顔を向けるとそれはぱっと引っ込む。気が散る。何もない筈の廊下で、確かに何かが動いている。見ると引っ込む。
 手は作業を進めながら、そっと視線をずらしてみる。



 心臓が跳ね上がった。ガラスの向こうの暗がりに、くすんだ肌色の手があった。出ようか戻ろうか…逡巡して、レバー型のドアノブに乗る。
 更に向こうには当然、手の持ち主の肩が見えている。ポロシャツ。丸い肩。白い。襟からは首が覗く。
 平静を装おって作業を続ける俺の視界の隅で、そいつは様子を窺う様に首を傾げた。ぐうっと頭が下がって来て……
 
 浮腫んだ顔のおっさんが、精気のない虚ろな目で部屋の中を見ていた。



「あああああああああああああ!」

 俺は叫んで立ち上がった。実際には、さほど声は出ていなかったかもしれない。苦情も来なかったし、親も起きて来なかった。我ながら馬鹿みたいだが、喉に張り付いた声を振り絞って、俺は宣言した。

「幻覚が見える!もう本気でやばい!俺は寝るっ!!!」

 絵の具もパネルも放ったらかしにして、リビングもキッチンも明かりを点けたまま。俺は自分の部屋に入ると、引き戸をぴしゃりと閉めた。部屋の電灯も勿論点けっ放しで、ロフトベッドによじ登って毛布を被る。
 俺の出す音が止むと、辺りはしんと静まり返った。気のせいだ、徹夜続きで俺がどうかしてるんだ……。そう思い込もうとしていた時。

「…駄目か。」

 俺の部屋の戸の前で、はっきりと聞こえた。無論父親の声ではない、知らない男の声だった。
 それっきり、家の中は静かになった。



 俺は結局、煌々と明るい部屋でまんじりともせず朝を迎え、外が明るくなってからリビングをそっと覗いてみた。勿論誰もいないし、廊下の正面の玄関は鍵が閉まっていて、チェーンも掛けてある。

 ただ、リビングと廊下を仕切るドアだけが、ほんの少し開いていた。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事

最新記事