ネトゲで知り合った女性に顔写真を依頼→届いた画像に写っていたのは「目」。それから彼女の様子はどんどんおかしくなっていき…

不気味 0件
no image
ネットゲームで一人の女性と知り合い、次第に惹かれていく投稿主。
電話する程の仲になったある日、彼女の顔が気になり写真を送って欲しいと依頼する。しかし、OKの返事と共に携帯に送られてきた画像はとても不気味なもので───



 4年程前にとあるネットゲームで遊んでいたんだが、そこで一人の女性と知り合った。であった時点では女性ではなく女性キャラとした方がいいだろうか。
 凄く気さくで可愛らしい性格で、自分とかなり気が合ってたので凄く仲良くなっていった。



 知り合って数ヶ月経つと、彼女に淡い恋心(汗)みたいなのを抱き始めて、彼女の中の人の性別が気になりだした。彼女に性別を聞くと、一応「女だよ」と言う。でもネカマ率高いゲームだったし俄かに信じられず、電話をしようという話になってお互いの電話番号を交換。そして電話をかけた。掛けても中々出ず、どうしたんだろうと思った時にやっと電話に出てくれた。
 彼女は、やっぱり彼女だった。凄くおしとかやそうな声で、とても23歳には思えないくらい落ち着いていた感じだった。ゲームでイメージしていた通りだと思った。


 電話をしてから、二人はあまりゲームにINしなくなった。そろそろ飽きてきたというのもあるし、二人で電話で話している方が全然楽しかったからだ。
 それから毎晩の様に、電話代も気に掛けずアホの様に話しまくった。出身地や学歴、好きな異性のタイプや、男性遍歴女性遍歴(笑)などお互いのありとあらゆる事を教えあった。



 俺は彼女の顔が知りたくなり、携帯に送ってみる様頼んでみた。すると彼女は、ためらいながらもOKをくれた。そして携帯に、彼女から写真添付のメールが届いた。
 そのメールを開いて、ゾっとした。メールに添付されていた画像は、彼女の眼だった。視点は少し上を向いていて、白目は赤く血で濁るように充血していた。目の下にはクマが濃く浮き出ていて、涙の流れた痕?の様な物があった。内心、とても不気味だった。
 すると彼女は電話で、顔はやっぱり恥ずかしいから目だけ送ったとの事だった。俺はあの写真の事はすぐに忘れようとし、それからもずっと電話で話していた。



 ある日を境に、彼女はどこか様子がおかしくなっていった。会話の内容はとても重く、声のトーンもまるで泣いているかの様な。

「私ってダメ、何やっても皆に嫌われる、普通の人を見ると私が否定される」

 そんなような事を繰り返し、俺に言って来た。俺はただただ、そんな彼女の話を聞き止めていただけだった。



 ある日彼女からメールが届いた。画像が添付されている。その画像を開くと、俺はまたしても身が震えた。それは手首の写真だった。ただの手首ではない。幾重もの切り傷があり、その一番上にはまだ血の気のある真新しい傷跡があった。
 俺は急いで彼女に電話をかけた。彼女は電話には出たが、何かブツブツ聞き取れない音量で何かを話していた。

「何?聞こえないよ」

 俺がそう言うと彼女は「死ぬの」と言う。俺は何も言えず、彼女はもう一度

「私死ぬの」

「何、言っているん?」

 俺は彼女の言葉を理解しようとしなかった。すると彼女はまたかすれた小声で何かを言った。よく聞き取れなかったけど恐らく「ありがとう」と言ったのだと思う。彼女はその直後電話を切った。俺はすぐさま電話をかけなおそうとしたが出てはくれない。
 メールを送ろうとすると、あっちからメールがきた。何通も、何通も。それは彼女の目、顔、手首、裸体、彼女の体の写真が沢山送られてきた。彼女の目はまるで焦点があっておらず、目のクマは酷く、髪もボサボサで、目がとても腫れている。泣いていたのだろうか。そんな時に思うのもなんだったが、とても綺麗な人だった。
 俺は彼女に、「今日はもう寝て落ち着きな」と一通だけメールを送信した。



 翌日、彼女に電話をかけたが出ない。メールを送っても返ってこない。しばらく、彼女はほっといたほうがいいかなと思い、一週間ほど電話やメールはしないようにした。
 一週間後、俺は電話を掛けた。

「その電話番号は使われておりません」

 解約されていた。勿論、メールも届かず。
 俺は急いで彼女が昔書いていたブログにアクセスした。すると、四日前に記事が書かれていた。そこには、遺書とも取れる重たいポエムの様な事が書かれていた。
 俺は直感で、彼女は死んだのだと思った。そう思うと俺は寝られず、携帯にあった彼女に関連した物全てを削除した。本当なら彼女の為に泣いてやるのが一番なのだが、俺は泣けなかった。ただただ、冷たい不安に、四六時中襲われていた。回線一本の関係…身内ともいえない、でも他人とは思えない。そんな関係の人が、こういう形で死ぬというのは、悲しさのより先を行く事がわかった。

 怖い体験ではなくてごめん。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事