深夜営業のバイト先が本当にヤバかった。霊感がない人も必ず何かに遭遇していた…

恐怖 0件
no image
投稿主含め、霊感がない人であっても何かしらの心霊現象に見舞われるというバイト先。特に霊感体質のマネージャーが体験した話は危険を感じるもので───

 

前にバイトしてた店はマジでやばかった。霊感ある人も、無い人(自分も含め)もほとんどの人が何かしらに遭遇。


その店は夜~朝5時まで営業してる店。深夜に休憩室で3~4人でお喋りしたりしてるとドンドンドンドンって窓ガラスを叩かれた。ガラスと言っても真っ黒の不透明のもので、打ち付けてあり開かない構造。


皆最初の頃は鳥でもいるんだろ、と気にもしてなかったけど叩き方がコブシでやってる感じなので、外に不審者でもいるのかと皆ざわざわし始めた。
でもよく考えたら、お店はビルの3階でベランダや足場の全く無いマジックミラーみたいなビル。外から叩けるはずが無いんだよね。
で、勇敢な男2人が外から3階を見上げて確認したて来たけど、もちろん誰もいなかった。そんな事が週に何度もあった。


あと、バイトの女の子は3人だけなのに、店の制服を来たショートカットの女の子の後姿を見ちゃった人も数人。
ショートカットの子はいない。皆ロング。



店の中で一番霊感体質のマネージャーさんの話。
朝5時に閉店した後、店のカウンターでマネージャーとオレとバイト達計5人くらいで飲んでたんだ。マネージャーがトイレから帰って来たら、いきなり「帰るぞ」って真顔で言うから皆「はい」っていそいそ用意してビルを出た。
外はすでに朝日が射してて爽やかだったんだけど、マネージャーがポツリと

「いまさっきトイレで用足してたら、耳元で『邪魔すんな』って言われた」と・・・。

自分的に洒落にならん店でした。



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事