【五・一五事件】「話せば分かる」で有名な犬養毅が暗殺された理由って何???

雑談 0件
1:
めっちゃいい人そうやん

 犬養毅
犬養 毅(いぬかい つよし、1855年6月4日(安政2年4月20日) – 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。中国進歩党総裁、立憲国民党総裁、革新倶楽部総裁、立憲政友会総裁(第6代)、文部大臣(第13・31代)、逓信大臣(第27・29代)、内閣総理大臣(第29代)、外務大臣(第45代)、内務大臣(第50代)などを歴任した。

五・一五事件を伝える大阪朝日新聞
1932年(昭和7年)5月15日はよく晴れた日曜日だった。犬養は総理公邸でくつろいだ休日を過ごしていた。夫人、秘書官、護衛らも外出していた。犬養は往診に来た医者に鼻の治療を受けていた。

体にはなんの異常もなく、犬養は医者に「体中調べてどこも異常なしだ。あと100年はいきられそうじゃわい」と言っている。夕方5時半ごろ、警備も手薄の中、海軍の青年将校と陸軍の士官候補生の一団が、ピストルをふりかざして乱入してきた。襲撃犯の一人である三上卓は犬養を発見すると即座にピストルの引き金を引いた。だが偶然にも弾が入っておらず不発に終わり、その様子を見た犬養は両手を上げて、有名な文句「話せば分かる」を口にして将校たちを応接室に案内した。応接間に着くと「靴ぐらい脱いだらどうだ」と述べ、彼らに煙草を勧めたが、三上は「何か言い残すことはないか」と返した。その言葉を聞いた犬養は何かを言おうとしたが、興奮状態にあった山岸宏が「問答無用、撃て」と叫び、別働隊であった黒岩勇が応接間に突入して犬養を銃撃した。同時に三上も発砲して弾丸は頭部に命中した。襲撃者たちは犬養に重傷を負わせるとすぐに去って行った。女中たちが駆けつけると、犬養は顔面に被弾し鼻から血を流しながらも意識ははっきりしており、縋り付く女中を制して「いま撃った男を連れてこい。よく話して聞かすから」と述べたという。

10時ごろ大量の吐血をしたが、驚く周囲に「胃にたまった血が出たのだよ。心配するな」と逆に励ますほど元気だった。見舞いに来た家人に「九発撃って三発しか当たらぬとは、軍はどういう訓練をしているのか」と嘆いたという。しかしその後は次第に衰弱し、午後11時26分に絶命した。享年78、「昭和の実盛」の壮烈な死だった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/犬養毅

 

 4:
話せば分からなかったから

 

5:
「今の若い者をもう一度呼んで来い、よく話して聞かせる」

めっちゃ熱いやん

 

109:
>>5
話せば分かるが命乞いの言葉ではないと知ったときの衝撃

 

12:
話せばわかるを命乞いと思われててかわいそう

 

6:
話せば分かる→問答無用!パァン

 

8:
名前が読みづらいから

 

10:
首相だから

 

13:
表門組と裏門組は日本館内で合流。三上は日本館の食堂で犬養首相を発見すると、直ちに拳銃を首相に向け引き金を引いたがたまたま弾丸が装填されていなかったため発射されなかった。三上は首相の誘導で15畳敷の和室の客間に移動する途中に大声で全員に首相発見を知らせた。


この全く動じない辺りがカッコよすぎん?
誘導て

 

38:
>>13
たまたま装填されてないってなんやねん…

 

53:
>>38
初弾を薬室に装填してなかっただけじゃねーの?

 

82:
>>53
普通作戦決行時に装備の状態確認するだろうからたまたまではなく不慣れだったとかテンパってたからとかでたまたまではないだろう…

 

23:
言葉が通じなかったから

 

24:
血盟団って名前厨二感あるよな

 

26:
10時ごろ大量の吐血をしたが、驚く周囲に「胃にたまった血が出たのだよ。心配するな」と逆に励ますほど元気だった
。見舞いに来た家人に「九発撃って三発しか当たらぬとは、軍はどういう訓練をしているのか」と嘆いたという。
しかしその後は次第に衰弱し、午後11時26分に絶命した。享年78、「昭和の実盛」の壮烈な死だった。



マジでかっけえわ・・・

 

90:
>>26
確かに至近距離で3/9は文句言いたくなるわ

 

46:
あんだけ撃って3発しか当たらんって何やねんアイツらとかいう反応すこ

 

27:
軍縮進めたから

 

33:
犬養も割と無茶やってるんだよなぁ

 

37:
戦前最後の良心

 

39:
靴脱いだらどうや?は余計だったな

 

40:
犬養毅の満州政策が成功してたら国連脱退はなかったのに…

 

52:
武力ではなく、話し合いで解決しようとする精神
見た目もカッコいい老人

憧れる

 

60:
襲撃されたときの反応だけで
有能な人物だと分かる奇跡の存在

 

64:
そもそも犬養が何を悪いことしたのか未だに分からんのよな
何かやらかしたとかいう悪い話を聞いたことがない

 

68:
>>64
有能だからこそ邪魔なんだろ

 

74:
>>64
複雑なたくさんの問題の原因を単純に誰かのせいするってのは今も昔もかわらんのだねえ

 

56:
でも後に大問題となる統帥権干犯問題は犬養毅が発端らしいで

 

78:
犬養は政友会総裁時代に軍をつけあがらせてるから自業自得な面もある

 

86:
統帥権干犯問題で軍部を増長させた

 

 88:
戦前の民主主義崩壊は犬養毅と鳩山一郎が原因
当時野党だった犬養毅と鳩山一郎が政権批判のために統帥権干犯問題を提起しこれが後に軍部の暴走のキッカケになった

 

93:
軍部に口出ししたら「統帥権干犯!大臣辞任させて内閣総辞職や!」じゃどうにもならんわな
伊藤博文は統帥権の問題に気づいてたらしいが

 

83:
明治憲法とかいう欠陥憲法
明治の元老がおることを前提にしたらアカンやろ

 

95:
統帥権干犯って金なくした軍がイチャモンとして見出した活路やろ
国民が実行犯を彼らは国を憂う英雄や許したってやとか頭おかしかったのが悪い

 

99:
なお犯人の一部は敗戦後も懲りずにクーデター計画を画策して捕まった模様

 

105:
>>99
狂ってるな

 

106:
処分が甘々やったから226事件に繋がった

 

75:
当時の二大政党の党首が両方暗殺されとるのが闇深いわ

 

22:
あの時代の連中あっさり殺しすぎやろ
現代にいたらやべえわ

 

98:
昔のバッサバッサ人殺してた遺伝子が今の日本人にも流れてると思うと、なにかが変われば平気で人殺しする民族になれるんだろうな

 

引用元::http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547790681/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事