いつもより寝相の悪い子供。抱こうとした瞬間、寒気を感じ咄嗟に鏡を見た…何かがいる…

恐怖 1件
no image
夜更かし後、遅れて寝室へとやって来た投稿主。先に寝ていた子供をしばらく眺めていたのだが、いつもより寝相の悪い子供に違和感を覚える。
そしてついに布団からはみ出してしまった子供を抱きかかえようとした時、突然寒気が走り───



 昨夜の話、うちは妻と子供ひとりの家族なんですが、いつも子供と妻は自分より早く寝て、自分は少し夜更かしして少し後で寝ます。
 昨夜もいつもの通りみんなが寝てから少し夜更かしして寝室にいきました。妻は熟睡で子供もゴロゴロ転がりながら熟睡してます。うちの子は一歳でかなり寝相がわるく、朝おきたら布団からはみ出てることも珍しくありません。



 そんな感じで寝返りをうつ子供をぼんやりと見ていたら、動きに違和感を覚えました。ブレイクダンスのように背中でいきなり頭と足が逆になるように回ったり、とくに足で蹴った様子もないのに頭のほうに20センチくらい動いたり。その時は激しいなぁくらいにしか思わず、ぼんやりと見てました。
 とうとう布団からはみ出て、床に転がってしまったので やれやれという気持ちで子供に近づき、抱こうとしたとき異様な感覚に襲われました。
背筋をなにかが伝わるような、全身の毛がたつような、ものすごくぞーっとする感覚です



 咄嗟に部屋の角を見ていました、そこには高さ170センチくらいの鏡が置いてあり。その鏡をじっと凝視していました。
 そこには自分と子供がうつっていて、とくになにもないなと思ったら鏡の下のほうになにか黒いものがうつっているのが見えました。なんかもぞもぞ動くその黒いものをなんだろうと思って見ていたら、白いものが何本か伸びてきてふらふらと動いています。コンタクトを外していたのでぼんやりとしか見えず、よく見ようと鏡に少し近づいたらまた全身の毛穴がひらきました。



 黒いものはボサボサの髪の毛のはえた後頭部で、白いものはガリガリの腕でした。鏡にうつったそれは必死に奥にうつった子供に腕を伸ばしていました。 
 なんだこれと必死に理解しようとじっとその様子をみていたら腕が不自然にどんどんと伸びていきます。そして子供に触れる機会を伺うように子供の周りで動いています。時々、子供に触れるくらいに近づき、そのたびに子供は激しく寝返りをうっていました。



 そんな動きを少しの間繰り返していたら遂に一本の腕が強引に足をつかみました
 次の瞬間、子供の体が背中でくるりと回り鏡の方へずずっと動きました。子供は激しく動き、何回も寝返りを繰り返しています、まるで腕を振り払らおうとするように。
 私は叫んでいました、内容は覚えてないですが何かを叫んで必死に子供を抱き抱え自分の布団に潜りました



 気がついたら朝でした。子供をだいた妻に普通に起こされ周りを、鏡を見てもなにもない普通の朝の風景でした。よく話にあるような子供の足にアザが残ってたとかもなく、妻に聞いてもなにもしらないとのことですが本当に怖い体験でした。



 へたくそな文ですいません。
 ひとつ言えるのは眠りにつく前の話なので夢では決してないということです。




コメント

  1. 1
    名無しのオカルター:

    精神科の受診をお勧めします。

コメントする

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事