【不気味な事件】神隠しと噂のある「広島一家失踪事件」の真相とは?

不気味 0件

広島一家失踪事件の概要

2001年6月4日、広島県世羅郡にある山間の小さな町で一家全員が忽然と姿を消しました。
失踪したのは山上政弘さん(58歳)、妻の順子さん(51歳)、一人娘の千枝さん(26歳)、政弘さんの母である三枝さん(79歳)の4人と一家が飼っていたシーズー犬「レオ」です。親族からは願捜索が出され、広島県警により機動隊やヘリコプターを総動員して探しましたが見つからないまま時が過ぎて行きました。また、家族全員が失踪するに値する動機が見つからない事や、一家が所有する山に不気味な逸話が伝わっている事から「神隠し」ではないかと噂される等、事件が解決に向かうまでの約1年3ヶ月の間に様々な憶測が飛び交いました。

2002年9月7日、一家が住んでいた世羅町内にある京丸ダムに車が沈んでいるとの通報があり、車内から山上さん一家4人と愛犬の遺体が見つかりました。雨不足によるダムの水位の低下が発見に繋がったと言う事です。
警察は、遺体に目立った外傷がない点や車のキーがささったままであった点、転落箇所の入り口には車止めがあり誤って進入するような場所ではない点、関係者への事情聴取で動機が判明した点から「無理心中」と判断し、この事件は解決を迎えました

しかし、無理心中で結論付けてしまうには不可解な点が多すぎるという事も事実です。

不可解な点

事件発生時の状況について
・順子さんは翌日に中国への社員旅行を控えており、その為の旅行バックもきちんと用意され、中には旅行代金15万円が入ったままだった。
・順子さんと千枝さんの携帯電話と免許証、政弘さんのポケベルは置いたままだった。
・普段着は畳まれておりパジャマとサンダルがなかった。また、布団のシーツに乱れがない為、就寝前にパジャマとサンダルで出かけたと見られる。
・母屋の台所と廊下の電気はついたままだった。
・朝食の準備がなされており、電子レンジで温めるだけの状態だった。
・玄関の鍵がしっかりと閉められていた(勝手口の鍵は開いていた)。
・家で争った形跡はなく、血液反応もなし。
・一家の定期預金は手つかずのまま。
・愛犬まで連れて行っている。

一家を取り巻く環境について
・一家に借金はなく、それ所か2,000万円の預金があり金銭的には裕福な家庭だった。
・近所の人の話によると、政弘さんと順子さんは共に堅実な人で浮いた話はなかった。
・千枝さんは小学校教師で美人だった為保護者達の間ではアイドル的存在だった。また、将来を約束した男性がいた。

ご覧いただいた通り、広島一家失踪事件には無理心中である事を疑わせる多くの不可解な点が見られます。この事実だけを見た場合、一家が無理心中を選択したとは考えにくいのではないでしょうか。
その為、地元では「神隠し」と噂されたのでしょう。

神隠しと噂される理由とは?

世羅町には「神隠し伝説」があって、その舞台が山上家の目の前にある一家所有の山(大将神山)だから、というのが理由のようです。
言い伝えでは、江戸時代中期に裕福な長者に仕えていた使用人のお夏という女性が山に草刈りに行ったっきり帰って来ず、村人総出で捜索するもついに見つからなかった…と言うことです。

しかし神隠しではなく、無理心中である事を裏付ける噂も存在します。

妻の浮気が原因?動機についての噂と事件の真相

無理心中の動機について警察からの正式な発表はありませんが、地元住民の間やネット上では次のような噂が立っているようです。
 
・順子さんは浮気をしていた
順子さんは浮気(不倫)をしており相手は同じ会社に勤める者だった為、翌日の旅行は不倫旅行を兼ねていた。それを面白くないと感じた政弘さんが「旅行に行かせまい」として無理心中を画策。家族に睡眠薬を飲ませて車に乗せダムへと向かった。

・幸せであるはずの千枝さんだが、深刻な悩みがあった
世羅町では日教組(日本教職員組合)という団体が存在しており、組合員の男性が千枝さんに横恋慕をしていた。千枝さんの結婚を諦めさせる為に父親と仲間数人で山上家へ押しかける事もあり、地元では千枝さんについて「もう結婚してもこの辺りで先生やってけないね」との噂が流れていた。実際、日教組の圧力によって広島世羅高校の校長先生が自殺した事実もある。
政弘さんはこの事を懸念して、千枝さんを一人で残す訳にはいかないと考え道連れにした。

いずれも推測の域を出ませんが、こういった家庭の綻びとも言える問題が一家を無理心中へと追いやった真相なのかもしれません。

当時の2ch民考察まとめ

11:
この事件はなんだったんだろう
謎すぎる

 

3:
嫁の不倫を苦にした旦那の一家無理心中で終了。

 

13:
父親による無理心中じゃないかな?

 

19:
確か似たような事件なかったか。
介護がらみで家族皆殺しの父親が犯人だったような。
この事件もそんな家族の無理心中かもな。

 

21:
奥の不倫を苦にした旦那が一家心中したんだよ。
当日は奥の不倫旅行の出発日。近所じゃ不倫はバレバレだった。

 

24:
>>21
社員旅行と書いてあるだろうが

 

25:
>>24
不倫相手も社員。

 

309:
>>21
娘まで殺すのかと。
娘は悪くないのに。

 

22:
そうだったんか‥犬まで道連れだったから、オヤジが発端の無理心中とは思ってたよ。
不倫云々も報道されたけど、それが事実ならもはや心中以外にはないな。

 

23:
ダムに落ちたけど、落下箇所に傷などなく落下場所が分からないと言ってたよね。
そしてダムと道路の境が約1メートルの高さの塀。
クレーン使わないと落ちないところとも言ってた。

 

28:
無理心中だと思うけど
結婚を間近に控えてた教師の娘までもが心中するっていう心理がわからん。
まさか父親が娘まで殺したってこと?

 

29:
この事件のスレ、人権板にもあった。
解○○盟とトラブったんじゃ無いかって…
広島県西部なだけに眉唾と言い切れないキガス

 

71:
>>29
東部な

 

42:
家に帰るだけなのに化粧品を取りに帰るのはおかしくないか?
それとも千枝さんは一人暮らしをしてたのか?
実家に住んでるんだったら家に帰ってくるだけなのにどっちみちおかしい

 

48:
この事件を詳しく取材した新潮45が、どの本屋にもなくて探し回った記憶が。
発売してほぼすぐに品切ればかりだった。
最終的には取り寄せたんだけど「え?どこにも売ってませんか?」と不思議がられたな。
ただ単に地元の事件だからなくなるのが早かったのかと思ったけど、それは気のせいだったと別の広島の事件を取り上げた時にわかった。

 

49:
この事件て一家心中でケリつけられたの?

 

50:
そうです。
警察は、金にならんめんどくさい事件は絶対に捜査しません。

 

53:
車がひきあげられてる写真もネットニュースでみたなぁ

 

54:
確かくるまはカローラだった様な気がする

 

55:
この一家失踪事件、さかんにワイドショーで摩訶不思議な神隠し事件って取り上げてたけど
娘さんも結婚間近とやらで、幸せいっぱい家族が普段と変わらない朝食の準備までしてるのに、突如・・
たしかに当時は理解不能だった事を覚えてる。

 

59:
怖いですね・・・

 

62:
家族内で突発的な殺人が起こりそれを苦にして無理心中
という見方が有力。

 

79:
どうやって家族を車まで連れ出したんだと思う?
睡眠薬かな

 

80:
ちょっと重要な話があるとか車で行きたいところがとか言って全員乗せたのかな
家族にとって重大なことって感じで
犬まで乗せるってのはいかにも不審だが、凄く可愛がっててそういう習慣がある家族だったのかもしれん

 

82:
父親が嫁の旅行にきれ絞殺。家族会議の結果心中する事に。て事じゃないかな。

 

93:
朝倉喬司『都市伝説と犯罪 津山三十人殺しから秋葉原通り魔事件まで』

広島世羅田・神隠し事件

水中に眠った一族の遺体は、ほぼ白骨化していた。
「いやとにかく、ものすごい臭いじゃったよ。おかげで2、3日はメシも喉に通らなんだほどだった。遺体の様子?うん、車の中でクシャツとつぶれたみたいになっとったな」
と、警察の遺体収容に立ち会った地元のある住民は話す。

原因不明のまま突然失踪し、「現代の神隠し?」と騒がれた広島県世羅町戸張の会社員、山上政広さん(事件時58歳・以下同)一家4人(山上さんとその母親、妻、長女)と愛犬1匹。
ナゾがナゾを呼び、あれこれの憶測が渦巻くなか、彼らの遺体が同町内の京丸ダムの底に沈んだ乗用車内から発見されたのは、失踪から約1年3カ月後の2002年9月7日のことだった。
 
事故か他殺か、それとも……ナゾめいた失踪をした一家の死因がそう簡単に判明するとも思えなかったのだが、意外なことに警察は、遺体発見とほぼ同時に「心中の可能性が高い」と発表した。その理由として、現場が地元の人でも知らないような、ダム管理用に造られた道路脇だった(そして実は、政広さんは
建設会社社員として京丸ダムの工事に係わっていた)ことがあげられた。
 
が、だからといって、そこからストレートに「心中」という結論など出せるものだろうか。いかにも話が早すぎる。そう感じた
私は、現地へ行ってまず真っ先に、所轄の広島県警察耶此署を取材した。
心中というからには、一家に何か深刻な事情があったに違いないが、表向きはどうもそんなふうにもみえない。
 
山上家は地元屈指の旧家であり、親族の借金を肩代わりしたことはあったにせよ、その返済に苦労するような経済状態ではなかった。
朝食の支度はそのまま、当日、勤め先の社員旅行で中国へ出発するはずだった妻、順子さん(設)の旅行の準備もそのまま、一家は幸せな団らんの黄中にまるでク消失〃したようなありさまで失踪したのだった。
 
警察は、表からは窺いにくい「↓中の動機をちゃんとつきとめたのか琵鱒璃摘琵鱒の(新調甑針恵第一、承知してくれんでしょうが」  .
と、同署次長の角和宏警部は答えた。
「じゃあいったい何があったんですか?」
「話してあげたいのはやまやまじゃが、わしもまだクビになるわけにもいかんけえねえ」
「奥さんの不倫が原因じゃないかとかいう噂もあったようですが、そこら辺りと見ていいんです じゃけん、私の口からは……。警察としては関係者の事情聴取を重ねた結果、聞けば誰でもまあ納得できる動機があったと、そう判断したわけです」

この後私は、事情聴取を受けたとおぼしき「関係者」何人かに当たったが、原因はやはり「不倫」だったのだろうということで彼らの考えは一致していた。
 
補足材料として、政広さんの「隠された性格」をあげる人もいた。
「政広はいつもはおとなしい性格じゃが、何か気にくわんことでもあると人が変わったようにカッとなることがあった。わしは若いときからつき合うとるけん、そんな様子を何べんか目撃しとる。元は評判の美人看護婦だった奥さんと結婚するときも、親に反対されて駆け落ちしたもんじゃが、あれも政広の性格の一面が出たといってええと思う」と。
政広さんの親の結婚反対の理由が、何と「身分がつり合わない」。山上家はそれだけ旧家としての格式を誇っていたのである。
駆け落ちカップルは10年ほど広島市で暮らした後、家に戻った。
その間に生まれたのが一人娘の千枝さん。失踪当時は28歳、竹原市内の小学校教諭で婚約者もいた彼女だったが、結果は無残。
もし4人の死因が本当に「心中」だったとしたら、祖母の三枝さん (79歳)ともども、夫婦のトラブルのとんだとばっちりを受けたことになる。 
 
「まあ結局、政広が思いつめたあげくの無理心中だったということじゃね」
と「関係者」の1人は言った。

 

94:
「あまり詳しゅう話すわけにもいかんが、奥さんが中国旅行に発つその日に一家がおらんようになったいうことで、わしらにはピンとくることがあるんよ」
「政広さんとしては旅行に行かせたくなかったわですか?」
「うん。わしもあの前日にたまたま順子さんに会うたのじゃが、明日から中国じゃいうて若い娘みたいにハシャいどった あの様子を政広が見りゃ、きっと面白うないどころの騒ぎじゃ済まなんだじゃろう。あの旅行は社員を2組に分けて別々の日程で行くことになっとったんじゃ。順子さんがもうひとつ別の組に入っとりゃ、きっとあんなことにならなんだと思う」
「つまりその組に順子さんと噂のある人間がいたということですか?それで政広さんは不倫旅行みたいに思ってしまったと」
「まあ、そんなところだ。2人を別の組にしときゃええものを、社員の1人が気をきかせたつもりで一緒にしたんじゃね。なにしろ相手は上司じゃけえ」

事件の”刑事的″な真相追求はこれくらいにしておこう。
私の今回の取材目的は、この事件の発生当初、世の中を戦懐させた「神隠し」伝説の、強いインパクトの源泉をたどろうということだった。

 

100:
>>93
>>94
いがいとオレの予想当たっててびくたw
こういうの旦那の特異体質な性格があんだよな

 

104:
当時、地元に住んでたよ。私は子供だったけど、超ご近所。

車が発見される前から、お母さんの不倫って事で落ちつけようとしてるけど、
婚約中の先生に横恋慕してた日教組の男(苗字聞いたことあったっけな~?)が、
自分の父親とその仲間の数人で山上さん家に押し掛けて、
結婚を諦めさせようと強談判してたから。

その噂は地域を駆け巡り「もう結婚してもこの辺りで先生やってけないね」
と言われてた。

元広銀支店長だった人が校長になって自殺した件もあるけど、
あそこらの地域の日教組は恐ろしいんだよ…。
逆らうと死ぬまで嫌がらせされるし、死後こうやって、
お母さんの不倫だのお父さんの異常性格だのと好き勝手に言われちゃうんだから。

 

112:
>>104 これはガチキチw

 

138:
>>104が気になる

 

185:
母の不倫の末の一家心中ではどうにも腑に落ちないが、
>>104なら納得できるなこれ、逆に娘を残しておけない
地元民だって命は惜しいもんねそら話合わせとくしかないわ

 

115:
争った形跡無かったんだっけ?
じゃあ娘や祖母も覚悟の上で同乗したんだな
家族会議で「俺はもう何が何でも自殺or母さん殺して自分も死ぬど!」とでも言ったんだろう
事があまりにも深刻で、娘も堪忍したか
親が殺人や無理心中起こしてまともに生きていけるはずがない
結婚も破断になる
なら共に死のう

娘が祖母に泣きついてる様子という番組の霊視は当たってたのかも知れないな
当時TVで見てすんげえ怖かったな

 

123:
深い秘密を抱えて沈んでいったんだよ、この家族は。

 

129:
親父主導の無理心中みたいになってるけど、どう考えてもいきなり思い立って一家心中とか有り得ねーだろ
奥さんはまぁしょうがなかったとしても娘と祖母はまず同意しないだろ

ダムから見つかった車にしても車も窓ガラスとか割れてて脱出可能な状況だったらしいし

 

130:
だから、親父が家族に睡眠薬のませて車に乗せた計画的犯行だろ
話し合ってあれだけ大勢の同意が得られるわけがない
娘は幸せのさなかだし。
自分勝手の親父が、一人で死にたくないから家族を道連れに無理心中ってよくある話じゃん
ダムの出入口は一般人には知られてなくて
仕事の関係で知っていた親父しか、ありえないんだし
もう無理心中は決定なんだよ

 

153:
普通に、親父に睡眠薬飲まされて車に乗せられた無理心中だよ
死体の損傷激しいから、睡眠薬の反応検出しても出てこないだけで。
一家心中はたいていキ○ガイ親父の犯行だから
奥さんも娘もまじめに働いて生活に何の問題もなかったんだし
100%親父のしわざ

 

173:
娘がいなけりゃ不倫が発端の夫婦喧嘩に老いた母道連れあぼんで済むけどなあ。
金にも仕事にも男にも不自由してない若い教師がなんで・・・・とそこだけ疑問。

 

186:
>>130>>153がしっくりくるなあ

>>173
娘のこの先の苦労を不憫に思って父親は道連れにしたんじゃないかな

 

143:
まぁ無理心中だとは思うけど、こういう時だけ警察発表を鵜呑みにしちゃうのもどうかと思うけどな。

都合の悪いことは一切伝わらないからな。家族全員死んでしまえばなおさらだ。

 

154:
奥さんの不倫の話は地元では噂になっていて有名だった。

田舎の名家の生まれで反対を押し切って結婚したというのに
親父からしたら面目丸つぶれで恥さらしもいいところだね。


154 :名無しなんじゃ:2002/09/09(月) 14:42 ID:uivj.qSI
奥さんが職場の人と不倫していて、行方不明になった次の日?がその職場の社員旅行だったらしい。
不倫を知っていた主人が、旅行に行かせまいとしてあんな事になったって聞きました。
娘や祖母まで巻き添えにしたのは、残されると噂とかで傷つくからでしょうか?
この話は地元では有名です。
心中だと思います。

 

148:
これ残虐性とかインパクトは他の事件に譲るけど、謎さではダントツだな。
争った(強要されたされた)形跡もなく、大の大人が4人まとめて車で心中するか?
うち一人は若く、婚約もしてて幸せ絶頂の教師。ありえねえ・・・・。

 

155:
バアさんはともかく、前途洋洋な若い娘まで無抵抗で心中に付き合ったの?という意見が多いけど、
実際のところ仕事も婚約者とも色々あって生きるのイヤになってたかもな。
当事者にしか分からない。

 

156:
一家はしょうがないけど、ポチが可哀想だな。
広島の田舎なら野良犬として生きられそうなのを道連れにしちゃって。

 

158:
ポチ「なんでおいらまで…」

 

77:
何なんこの事件
明け方に見てると怖い

 

引用元::http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/archives/1154463155/



コメント

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事