昔の絵巻物で最強の妖怪「空亡」より恐ろしいヤツ見つけた…こいつの正体って何?????

雑談 2件
1:
よく都市伝説で最強の妖怪は空亡などという説があるが、こいつはそんなもんじゃない。

ある百鬼夜行絵巻の最後で、よく落ちに使われる太陽(空亡という妖怪という説も)の後にいる、とてもおどろおどろしいなにかを見つけた





これは国立博物館所蔵なので、嘘でないのが分かると思う。
https://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0056370

 

2:
これだけならただの偶然かもしれないが、百鬼ノ図という絵巻物の最後でも同じ妖怪が出現していることも発見した。

こちらではなんと絵巻物のかなりの部分をこの妖怪に費やしており、他の妖怪がこいつから逃げ惑っている姿が見られる。



 

3:
Jでスレ立ててただろ
書いてる内にスレ落ちたからこっちに考察書くわ

百鬼夜行絵巻は紙も長いし妖怪の数も多い
ある程度スペースを開けてるけど書き続けるのは大変なんだわ 墨だから消せないし
妖怪の数とスペースの適度な空きでなんとか絵巻を埋めようとしたけどどうしても埋まらなかった
だから空亡を用意して絵巻を終わらせようとしたけど余白が流石に気になった

だから別の墨絵師を読んでスペースを上手く埋めて貰ったんだな 逃げてる妖怪を描いたのは合作とか友情出演みたいなもん 同人誌で巻末に別の絵師がイラスト載せてるような感覚だろう

絵柄がちょっと違うし、てか墨絵だし 妖怪をハッキリと描かずにぼやかしてる、資料にも出てこないのが証拠にはなるだろうな

 

4:
百鬼ノ図も由緒正しい絵巻物でありここで詳細が確認できる。
http://kikyo.nichibun.ac.jp/emakimono/img/zoom/14_01_01.html

上を見たら分かると思うが、この謎の最強妖怪は天狗や鬼などといったメジャーな妖怪よりも遥かに扱いが大きく描かれており、まさしく最強と言える。

画像は冒頭に出る天狗。
https://i.imgur.com/e57EMSV.jpg

 

5:
>>3
百鬼ノ図では空亡もなく、この妖怪からただ逃げ惑ってるだけなんだが
百鬼ノ図では空亡ではなくこいつがメインで描かれてる

>>4のサイトちゃんと見てくれ

 

6:
2つの妖怪を比べてみる。
間違いなく同一のものだろう。

 

19:
二つ目の画像の右端の妖怪に「クロクモ」と書いているWebページがあった>>6

逃げ遅れて太陽に呑まれた奴らなんじゃないの
吐いてるのが煙なのか火なのか判らないけど炎系の妖怪なんじゃないの

 

7:
この妖怪の正体を探ろうと八方手を尽くしたが、わからぬまま。
この謎の最強妖怪の正体を暴いてほしい。
どんな些細なものでも構わない。

確実に言えることは「百鬼ノ図」を見て即座に分かることだろうが、余白に描かれた適当なものではないということ。
百鬼ノ図では空亡は描かれておらず、数多の妖怪はこいつから逃げているからだ。

どこのサイトを探しても出てこなかった上に、もはや1人では限界なので助けがほしい

 

8:
こういうのに描かれてる妖怪全部に名前があるってわけでも無さそうだけどなぁ

 

9:
>>8
名前はわからなくても、ある程度の正体を知りたい
またこんな謎の妖怪がいるということを知ってもらいたい


なんにせよゲーム発祥の空亡とかよりは、よほど最強妖怪としての根拠はあると思う

 

10:
ネットに載ってる情報なんて殆ど適当なんだから、図書館に行って探したほうが見つかる確率は高いよ。

>>9
真面目な話、霊とか妖怪でも視る人によって見え方とか印象、対面したときの感じ方が違って来るから
絵に描かれてる姿だけで正体を特定するって難しいんじゃないかと思う。

 

11:
>>10
図書館で絵巻物は探したよ
この絵巻物が載ってるやつはあったけど、最後の最強妖怪の正体は謎のまま

 

12:
いわゆる「妖王」がどんな存在を指し示すのか知らないけど
現実世界でも「王」は複数いるのと同じで、妖怪みたいなのも全部が同じ空間にいるとは限らないしな。

あんまり研究にのめり込むと、変なのに目つけられて喰われたりするから
程々にしておいたほうがいいとだけは言っておく。

 

14:
妖怪系は水木しげるが一通り研究してるから
彼の過去の妖怪図鑑的なの見まくればいいのでは
あれも面白いよ

 

15:
なんかケモノらしき乗り物に乗った姿は、江戸期の金神の絵を墨でぼかして描いたように思えなくもないが
金神が妖怪を攘ったり、妖怪が金神を恐れるなんて逸話聞いた事無いし。

 

16:
何でかこいつ見てから無性に悲しくなって涙が止まらん

 

18:
妖怪というより
地獄の遣いとか太陽の遣いとか異世界感がある
煙っぽかったり炎っぽかったり
業みたいなもんなのかしら

 

20:
当時は印刷技術がまだないので、基本的に筆写で絵巻物は拡がっている
だから同一の内容だけどペンタッチが違うものが沢山ある
同様にその中に自分のオリジナルを書き足したりもする
別の絵巻を見て気に入ったものを書き加えてみたりするパターンもあるから色んな絵巻にいるから最強っていうのもちょっとどうかと
ただそういう理由で、人気があったから真似して描かれた可能性はある
俺のお気に入りのポケモンランキング描いてみたみたいな絵巻や冊子ものもあるしな

 

21:
データベースで出てきたが、「黒雲;クロクモ,馬;ウマ,武者;ムシャ」などという見も蓋もないものだな

http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazouCard/U426_nichibunken_0057_0007_0002.html

しかも>>1の絵との関連性もない
まだまだ謎の妖怪だな

 

25:
かわいい

 

50:
>>25で、象に乗ってる武器もった烏帽子がいるけど、それ?

 

26:
そんな分かりやすい闇よりも
ハコから妖怪たちを解放してる絵のほうが気になる
そっとしておいてくれれば逃げなくて済んだのに

 

28:
なんかフワフワした言い方になってしまったな
事実というからには論文でもあって読んだかどうか知りたい
あと空亡の初出を知ってるなら尚更説もあるとか嘘を書くな

 

29:
>>28
その辺のことは百鬼夜行絵巻の謎辺りに書いてあったよ
でも最後の謎妖怪の正体はその本も分からないんだってさ


あと百鬼ノ図を見てもこの謎妖怪&闇に全体の3分の1程を使っており、この妖怪はかなり大きなウェイトを占めているでしょ
あと百鬼ノ図見て、こいつが太陽から逃げてるなんていうことは間違いだと分かったでしょ

こいつそのものが百鬼ノ図では、他の絵巻でいう太陽の扱いなのよ

 

30:
百鬼ノ図より

・謎妖怪は太陽から逃げてるものではない
・謎妖怪は余白に適当に描かれたものではない
・他の妖怪はこの謎妖怪か、それを取り巻く闇みたいなものから逃げている

 

38:
個人的には、クロクモ?ムシャ?の正体が異星の神、旧支配者とかで、日本の妖怪が驚いてる。とかであったら嬉しい。
触手みたいな影もあるし。

だって大六天魔王尊だって火星から来たんだよ?

 

44:
>>38
>>18-19
同意
地獄とか黄泉とか異世界の人たちな気がする

 

43:
二巻だけじゃないな、これ
東北大学附属図書館所蔵の巻物のラストにも見つけたぞ
https://i.imgur.com/p3paHb3.jpg

サイト
http://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000398kano_1100016310#contentsPage

割りとマジでそれなりに百鬼夜行絵巻で定番なんじゃないかなこいつ

 

46:
>>43
おっこれは凄いな
今に話が伝わってないからキャラ付けがされなかったんだろうけど初出は誰なんだろうか

 

48:
>>43
ゴーヤ縦切りした断面みたい

 

52:
なら定番なのに今まで話題になってないのも謎だよね?
なんでだろう?

 

53:
>>52
妖怪が怖がる妖怪ってだけではキャラが弱いから
ぬらりひょんもやたら描かれてるけど性質も曖昧なマイナー枠だったのが
一人が付けた総大将という創作が更に水木しげるで広まったから今の人気キャラになったわけだし

 

56:
>>1
これ、太陽の後の黒いモヤは龍だよ
龍に妖怪が襲われてる様子が描かれている

 

58:
>>56
龍に乗ってるんだろうなってのは分かるんだけど、龍の上の子は何なの?その周りの奴らは何なの?
>>1は多分そういうことを訊いてると思うよ

 

66:
単純に朝日から逃げ遅れた連中だったりして

 

67:
クトゥルフやな

 

70:
>>67
それならいつかの気象衛星に似ているものを見たぞw

 

69:
線で描かず面で描いてるからそれであの世、別世界、別次元の存在を表現してるのかね

 

引用元::http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1540298892/



コメント

  1. 1
    Posturecorrector:

    ありがとうございました^^

  2. 2
    名無しのオカルター:

    こんなもん見たままで、こいつら「数多の妖怪」を指してる。
    記号、省略。

    空亡が強いとされるのは、順番ではなく、彼が現れると妖怪が逃げ出す=夜の終わりとの解釈から。

コメントする

コメントを残す

スポンサーリンク

長編「婚約者1人&彼女2人」

人気記事

最新記事